« 2017年11月 | トップページ

2017年12月 9日 (土)

ライブエンタメ議連など

 石破 茂 です。 
 7日木曜日、私が会長を務める自民党ライブ・エンタテイメント議員連盟総会において、チケットの高額転売を規制する「特定興行入場券の転売に関する法律案(仮称)」の概要が承認され、次期通常国会において議員立法として成立させるべく、今後の作業を加速させることとなりました。いわゆる「ダフ屋」的な行為は近年のインターネット社会の進展に伴いその手口が巧妙となっていますが、対応する適当な法律がないため、今回の動きとなったものです。
 当初私は、たとえ高額であってもどうしても入手したい人が購入する場合、刑法総論にいう「被害者の承諾」との関係はどうなるのだろうかなどと漠然と考えていたのですが、買い占めにより行きたい人が行けなくなる、アーティストや興行主に入るべき収入が入らず、反社会的団体などの資金源となる、実際の興行において大量の空席が生ずる、などの社会的害悪に着目して、規制の目的を「特定興行入場券の不正転売を禁止するとともに、その防止等に関する施策を講ずることにより、興行に係る入場券の適正な流通を確保し、もって興行の振興に資する」こととしたところです。
 当日は、武田鉄矢さん、サカナクションの山口一郎さん、東京オリパラ競技大会組織委員会スポーツ局長の室伏広治さんにもお越しいただき、いつもの自民党の議連とはまた違った雰囲気でした。「三年B組金八先生」で生徒役だった三原じゅん子参院議員と金八先生役の武田さんとの再会など、芸能誌・スポーツ紙的な話題にもなったようです。
 実際の作業を取り仕切ってくれている山下貴司衆院議員の尽力に心から感謝しています。

 同じく木曜日に日本テレビ系で放映された「出川哲郎のアイアムスタディ」で、出川さんとミサイル防衛や日本の安全保障について語ったのですが、予想外に多くの反響を頂きました。
 バラエティ番組に出演することには少しく躊躇いがあるのですが、出川さんの独特の素敵なキャラクターもあって、一般の方のご理解を多少なりとも頂けたようにも思います。政治報道はどうしても政策よりも政局に偏りがちで、事の本質がなかなか伝わらない中、バラエティ番組出演は政策を分かりやすくお伝えするための一手段と割り切る他はないようです。

 週末は、9日土曜日が鳥取県トラック協会の陳情・意見交換の会(午前11時半・鳥取県西部トラック事業協同組合・米子市流通町)、平成29年度日本看護連盟中四国ブロック看護管理者・看護教育者看護政策セミナーにて講演(午後1時半・米子ワシントンホテル)という日程です。
 今年も余すところあと三週間余りとなりました。
 皆様ご多忙の年末、ご自愛の上ご健勝にてお過ごしくださいませ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

ライブ・エンタテインメント議員連盟総会の様子です。

 事務局です。
 本日(12/7)開催された、ライブ・エンタテインメント議員連盟総会の様子です。

Dsc_1603

Dsc_2375

(武田鉄矢さん、サカナクション・山口一郎さん、室伏 広治さん)
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

保護猫カフェ「ネコ・リパブリック」にお伺いしました。

 事務局です。
 朝日新聞出版 週刊「AERA」より「ニャエラ」の取材で、保護猫カフェ ネコ・リパブリックへお伺いした時の様子です。

Dsc_02622_5


Dsc_02672


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

12/7「出川哲朗のアイ・アム・スタディー」が放映されます。

 事務局です。
 明日(12/7)、先日収録した番組が放映されます。
 
 19:00~ 日本テレビ「出川哲朗のアイ・アム・スタディー」

Dsc_14492_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

イシバチャンネル第八十弾「「北朝鮮対応」 など

 事務局です。イシバチャンネル第八十弾をアップロードしました。「北朝鮮対応」 などです。

ぜひご覧ください

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

韓国・仁川でのフォーラムなど

 石破 茂 です。
 今週衆参両院において開催された予算委員会は、野党側の質問内容の重複や論点の拡散などが目立ち、質問と答弁との擦れ違いもあって消化不良のままに終わってしまったように思われました。
 質問に臨むにあたっては、予め一貫したストーリーを組み立て、議論のあらゆる展開を想定して精密に構成と内容を練り上げておかなくてはならないのですが、どうにもそのような姿勢が多くの野党側の質問者に感じられず、これが通常国会でも延々と続くのかと思うと暗澹たる思いが致します。
 政府・与党側にせよ、野党側にせよ、有権者には政治家の真剣な姿勢の有無が見抜かれていることを思い、一層自重自戒しなければならないと痛感しています。

 27日に韓国・仁川で開催された「次世代のグローバルガバナンスと北東アジア協力」と題するフォーラムは、なかなか興味深いものでした。韓国からは国会議長をはじめとする国会議員、ロシアからは国会副議長、中国からは清華大学教授が参加し、それぞれの立場の違いが垣間見えたようにも思いました。
 私はスピーチの中で、「日韓は『対立の管理』から『協力の開拓』の関係を目指すべき」と述べたのですが、韓国側の虚を突かれたような反応が印象的でした。領土問題や歴史認識で両国の立場は大きく異なっており、譲れないものは決して妥協してはなりませんが、置かれた現状が相当に似通っている安全保障問題や人口急減、首都一極集中、外国人労働者問題など、互いに話し合い、解決を目指すべきテーマは多くあるのであって、文在寅大統領の提唱する「ツー・トラック方式」がそれを志向しているものであればいいと思います。国内世論に配意するあまりの日韓の冷えた関係が何処を利する結果となるのか、考えてみる必要があります。

 今回の北朝鮮によるミサイル発射についても、その意図を巡って様々な議論がありますが、ああまたか、と反応を鈍化させることは禁物で、ミサイルと核の小型化の技術が着実に進展しつつあることをよく認識しなくてはなりません。北朝鮮とアメリカがICBMの廃棄、核拡散の凍結、体制の保障などで合意し、現状が固定されるという状況を回避するために何をすべきなのか、まさしく時間との戦いです。
 その意味で「米中戦争前夜 新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ」(グレアム・アリソン著・ダイヤモンド社刊)は興味深い論考です。
 著者はレーガン政権からオバマ政権まで、40年近くにわたって米国国防長官の顧問を務めたハーバードケネディスクールの初代学長ですが、年末年始に精読してみたいと思います。

 毎年この時期に述べている気も致しますが、12月となりクリスマスも近づくと、いつも0・ヘンリーの不朽の名作「賢者の贈り物」を読み返したくなります。
 さる11月26日、立正大学熊谷キャンパスで講演をした際にお目にかかった斎藤昇学長はアメリカ文学の研究家なのですが、同学長からご著書「ユーモア・ウイット・ペーソス 短編小説の名手0・ヘンリー」〈NHK出版〉をご恵贈いただきました。文庫本末尾の解説とはまた違った深い味わいがあり、短編集や傑作選(いずれも新潮文庫)と併せて読んでごらんになることをお勧めいたします。
 
 週末は、3日日曜日に長野県佐久市における講演会「国政の動きと佐久市の将来展望」(午後3時・佐久平交流センター)、参加者の方々との懇談夕食会(午後5時半・佐久市内)という日程です。
 本年もあとひと月たらず、皆様ご多忙のことと存じますが、ご健勝にてお過ごしくださいませ。

| | コメント (29) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ