« 「政策至上」など | トップページ | 自民党総裁選への決意など »

2018年8月 7日 (火)

イシバチャンネル第八十七弾

事務局です。イシバチャンネル第八十七弾をアップロードしました。「護国神社参拝と、防災省について」 です。


ぜひご覧ください


|

« 「政策至上」など | トップページ | 自民党総裁選への決意など »

コメント

名越さん
夏らしい涼し気な服装が素敵ですね。
酷暑はまだ暫く続くようです。ご健勝とご活躍を念じます。

投稿: 黒山椒無躇 | 2018年8月 8日 (水) 09時21分

歴史に「たら…れば‥」は全く無意味であります‥、
とは言え、歴史と過去の偉人に学ぶには、その手法がこの国の未来航路を正せるかも知れない(断言できない点で苛立たしいが‥w)。
⇒お話の斎藤隆夫さんは「反軍演説」の咎で除名され一旦は表舞台から消えた。戦争回避はならなかったが、戦争中に衆院に復帰、敗戦後の吉田内閣に入閣と表舞台に復帰された。
⇒逆に、お話に出た山本五十六連合艦隊長官も近衛文麿首相も広田弘毅首相も、秘めた「反戦or非戦」の信念を貫き、当時に、夫々に、適時に、その職を辞しておられれば…この国はあの悲惨な敗戦の結末が、善と悪の両面はあるが、少しでも変わっていたのかも知れない。山本広田の両氏は早々と逝くことを免れ、戦後の日本再建に功績を残されたのかも知れない。彼ら偉人のその辞職決断は「当時の天皇」に逆らうこととだったから、現実的ではないのだが(本当にそうか!?)。
⇒ことと次第では、この国は、妖怪岸信介の台頭も、今の安倍晋三の猿芝居を見ずに済んだかも知れない。
⇒凡人は兎も角、偉人は、唯でさえ稀少な存在なのだから、「早く逝くな!」ということか。

投稿: 黒山椒無躇 | 2018年8月 8日 (水) 13時05分

石破さんのお考え、聴かせて頂きました。

歴史を絡めて説明して下さいましたが、さて、では、石破さんがあの当時生きておられたら、開戦せずに、どのような方法で、日本の存立独立を確保されましたか?

何よりそこが肝心かと思います。

当時から、開戦が最善の策ではないことは、関係者には分かっていたことだったと思います。

それでも、開戦を選択した意味や背景を掘り下げることこそが、大切なのではないでしょうか?


また、防災省は、既にある行政機関を再編するなどしたほうが良いでしょうが、気象庁を拡張拡充させて権限を持たせるとしても、実働部隊を伴わず、知識と権限だけでは厳しいでしょう。

では、自衛隊の中に、気象庁をすっかり入れ込んで、防災に特化した部隊や訓練を追加させて実行出来るか?
やはり、人員予算不足で、、、という事になりそうです。

確かに、今の状態のままで良い訳ではないので、防災省を唱えたい気持ちはわかりますが、石破さんの発言内の構想では賛同出来ません。


米国でもそうですが、やはり予算の裏付けが無ければ、構想ひとつ出来ないのが現実です。
(ただ、トランプは別次元ですが。)


政治家の唱える政策とは、どこまでの事を言うのでしょうか?

思い付き程度のもので良いのか?
石破さんの政策?を伺いながらそんなことを思いました。


ある意味【案】など、いくらでも一般人は考えているものです。

政治家って、じゃあ、何 ?

最近、強くそう思うようになりました。

独裁が好きなのは、トランプ、プーチン、習、北朝鮮の金のほかにも、世界を見渡せばアフリカにもどこにも結構独裁者やその国は多く存在している。

最近の米露中等を見ていると、彼らを相手にしているのが、馬鹿馬鹿しくなる。
ーが、彼らによって、好き放題に苛められ苦しめられる、我々国民は何処に何を求め脱すれば良いのだ?

たった数名の奴等である。
ーが、彼の国の国民が選んだ代表者なのである。

悔しい!

石破さん、あなたは何年も政治家でいらっしゃいますが、その事をどう思っていらっしゃるでしょうか?

投稿: 一国民 石原 | 2018年8月 8日 (水) 15時58分

みました。日本のトップに立つとこのようなチャンネルが見られないことになるでしょう。だから、総裁には立候補しないで… 猪瀬氏の著書に関する見解はぜひとも今後も発信し続けてください。

投稿: 国防読者 | 2018年8月 9日 (木) 00時21分

公務員の恩赦する意味がわからない 公務員には教師も含まれてるから、性犯罪とかが赦されたら困る

投稿: ななし | 2018年8月 9日 (木) 05時02分

  ≪時間軸‥戦略―戦術―作戦≫
朝日:「核軍縮の約束、果たしてください」長崎平和宣言 https://goo.gl/aEDutC 
⇒8/6と8/9(今日)の日を待って(?)、明日、総裁選立候補を表明される由。今まで石破さんからこの「核兵器禁止条約」に関するお考えを聞いた覚えがない。記録は兎も角、石破さんCloseWatcherの記憶にない。
⇒緻密に国家戦略をパッケージすることは容易なことではない。自明だが、「遣るべきこと、遣った方が好いこと(政治の責務)」を遣らない理由も(屁)理屈も探すまでもない。其処此処に転がっている。そうして、 ≪安倍Monkey自民党≫ は逃げ回ってきた。食言も詭弁も強弁も、有態には ≪嘘またはAlternativeFact≫を弄してきた。米国に隷従する姿を曝してきた‥とも言える。
⇒然し、この条約調印に意欲を示されることは(確約する必要はない)、安倍Monkeyに対する≪現実的で大きな対立軸≫ を掲げることだと考える。庶民大衆が“石破総理就任”を大歓迎するだろう。
また、その決断は、石破さんの基本的なお考えと、「埋まらぬほど大きな齟齬」はない(だろう)。永い時間軸があれば善い。
⇒今日、石原愚息(具足)が安倍Monkey支持に回った。取り敢えず石破さん劣勢の色が濃くなった。総裁選に向けた ≪戦術≫ は、愚者が考える「孤軍奮闘」の対極にある。戦術レベルだから、その気になれば直ぐにもできる。「人の助けは借りるべし」。 ≪1+1=3≫を成立させるには、永い時間軸(と言っても数年だが)があれば済む。
⇒この国のため、また国民のために、「遣るべきこと、遣った方が好いこと」、要は大局にに拘ることができれば、容易に思い付く(筈だ)。
ヒント:SKさんとの連携。 ≪数年の時間軸を得れば、作戦かも知れない≫

投稿: 黒山椒無躇 | 2018年8月 9日 (木) 18時24分

今の自民党には活力が感じられません。30年前の派閥抗争のような足の引っ張り合いはなくなったと思いますが、国民の様々な立場を代表し、日本の未来を背負う気概で国政を論じるなら、侃々諤々の論議がおこなわれてしかるべきです。かつてわれわれの世代が評された四無主義(無気力・無感動・無関心・無責任)が国民の範たるべき与党の国会議員を覆っているのには背筋が寒くなる思いがします。そして目立つのは風に乗って当選したチルドレンたちの非常識な行動と発言。石破さんの行動が唯一の救いですが、これが反軍演説のように歴史に残るとしたら、日本の未来は真っ暗です。ぜひ、全国の自民党員の良心を呼び起こして、かつての総裁選のようなうねりを起こしてください。安倍さんの権力は小選挙区制を軸とする公認制度に乗っかっただけのもので、強引に押し通す(森友も加計も)から強く見えるだけで、中味はなにもないのです。唯一の成果に見えたアベノミクスはうわべだけの株価操作でしかなくなり、すでに行き詰まっています。だから余計に恐ろしいのです。うねりは起こせると思います。「おごる平家はひさしからず」は歴史の道理でなければなりません。

投稿: 東島雄二 | 2018年8月10日 (金) 11時07分

≫自民総裁選へ出馬ご表明…
おめでとうございます!!とは見当違いで児戯に等しい戯言ですが、
酷暑の折、ご健勝の専一を念じます…が、万策をテーブルに載せ、排除せず、万策を尽くして下さいませ。
取り急ぎ、熱烈苛烈なエールをお贈り申し上げます。石破茂チームにGoooodLuck! 

投稿: 黒山椒無躇 | 2018年8月10日 (金) 17時38分

石破さん

がんばって!!

投稿: 大貫 | 2018年8月15日 (水) 10時54分

  初めまして。
 この投稿を読まれないと思いますけれど・・・・期待して書き込みます。

 私は、団塊の世代の一番多く産まれた昭和23年の早産まれです。
 道産子の酪農家に生まれ小学校まで8キロ通い中学高校とは親から離れ家出して内地で生活し一時社会人で働き札幌へ戻り公務員になり司法関係の仕事をして身体を壊し早期退職しました。
 現在は、心臓病から年金での治療生活です。

 思想的には、自由な民主主義者です。
貴殿とは、約10年ほどの年上で・・・・酪農かも牛乳価格が暴落した昭和35年には離農し親から離れて中学から苦学の末に何とか高校まで自力で卒業し社会人で一時東京で働き北海道へ戻り公務員になりました。

 貴殿のような官僚政治家と教師のような両親で無く・・・戦争で夫に死なれ三度目に帰還兵の居座り男と止む無く養子縁組した母に育てられました。

 養子の父は、志願兵で日中戦争と大東亜戦争を経験した山形の人間でした。

 母親は、福井出身の両親が旭川へ開拓に入り大正4年産まれで帯広の農家の長男と結婚し戦争で死なれ次男と再婚して死なれ・・・子供を抱えて一人で農家を切り盛りしていました。
 そこへ帰還兵から居座られて三回目の結婚養子縁組をしたのでした。

 全く山形出身の三回目の夫は、農家の経験も無く母親が中心になり酪農に切り替えて頑張っていました。
 私も三回目の父親から虐待を受けて小学校前から深夜スズメ売りなど働かされました。

 山形へ移転するまで我が家だけ電気も無くランプ生活でした。
 中学から家出し深夜働き何とか高校まで自力で卒業しました。

 我々は、小学校の入学から高校の卒業式も一度も両親の姿も無く生きて来ました。
 私らの学生時代には・・・先生からも貧乏ゆえに差別も受けていたし学生運動にもアルバイトから一切の活動など参加できないし大学などクラスでも一割も居ませんでした。

 大学へ進学する生徒は、代議士や建設関係の社長息子、公務員の教師や郵政、国鉄などでした。

 中学や高校でも学生運動へ参加しない警察官や自衛隊とか農家の生徒は、先生からハッキリ授業の中でも差別されていました。

 小学校時代から先生もデモなどで出掛けて自習が多くて・・・・転校生だった私は何度も担任の先生に訴えても逆に虐めの生徒と一緒になり一方的に罰せられました。

 虐め側の生徒は、親が左翼系の親の生徒が多く・・・色分けされていました。
 世界史などの教科でもハッキリと「社会主義や共産主義国家は、計画的に生産し無駄も無く利益を国民全て平等に分け合い貧富の差も無く平和で・・・先生達も共産革命の為に国家権力の警察官や自衛隊と戦っているから皆も一緒に共産革命の為に活動しよう。」と言われていました。

 このように・・・我々の時代から日教組による洗脳教育をされていたのですよ!!
貴殿の母親も学校の教師なら・・・同じように日教組に加入していたでしょう。
 日教組に入らない教師は、教師間でも阻害されていましたから全国何処も同じでしょう。

 日本共産党は、大東亜戦争の戦前から既に学校教師への共産主義を盛んに働きかけ生徒への洗脳教育を謀ってソ連が多額の資金を日本共産党へ支援していたのです。

 私は、中学高校と必死に朝方まで夜働きし学校では仮眠の授業を受けていたから・・・図書館から借りた世界史や日本史の本を読んでいた事から共産主義革命の恐ろしさを中学の早い段階で知っていました。

 現在の日本の国会議員の与党の中にも・・・大学出の裕福な生活環境で育てられ左翼的な思想家庭から議員になっていたり中国や朝鮮の帰化した祖父母の孫が多いだろう。

 従って、「在日特権」など・・・未だに、それらを優遇した法律や政策が行われているのです。

 私から国政を観て・・・日本国家は「独立自立国家」では無いだろう!!

全く、国民のための生命、領土、財産、国益を守る政策で無く国防危機感が無い。
 国会議員と官僚、公務員のための私利私欲だけの政治政策だろう!!

 ●先ず、祖父から親や親戚関係などに・・・国会議員や地方治自体など二世議員や親子継続してなるのを規制すべきだろう。

 ●「青法協」と言う・・・弁護士、裁判官など司法を司る人間が学生時代に大半が左翼的な組織に加盟している事に問題が有る。

 ●日本のマスメディアの大半が・・・学生運動をしていた活動家でありNHKなどには、在日中国や韓国の帰化人の子孫が大半で反日偏向報道している。

 ●そもそも教育者を教育する大学教授の大半が共産主義思想者で占められている。
また、そのような共産思想の教育者を海外から講師にしたり教授にして生徒を洗脳している。

 ●某高校には、中国や韓国からの留学生を待遇して入れて・・・90パーセントも占められ国歌も中国国歌へ替えているような学校が増えている。
 何処の国の学校なのだ!!

 まだまだ・・・・書き込みたいけれども安倍政権も全くロシアや中国などの共産主義国家へのインフラ支援とかバカな政策しているし国防国益から離れた外交をしている。
 貴殿も総理大臣になっても・・・少しは変わるかもしれないけれど期待は出来ない。

 そもそも・・・大東亜戦争と言わない国会議員が私には不審である。
 私は、右翼でも無いし・・・平和主義者であるし、戦争も可能な限り避けるべきである。

 しかし、国防費も近隣の共産主義国家で・・・ヒトラーの1200万人どころかスターリンの8000万人、毛沢東の1億3000万人と桁の違う大量虐殺している独裁者を未だに讃えている国家との友好と同盟を計っているって狂っているだろう!!

 拉致問題の解決など有り得ない・・・何故なら統一教会や創価学会など与党と深い関係ある国会議員や青法協の母体の日弁連の会員には多くの三国人の帰化人の孫が大半を占めているのです。

 岸 信介も統一教会と深い関係もあったし・・・又、現在も北朝鮮へ日本から北朝鮮へ若い女性が結婚隔離されているのですよ!! 

 これからも投稿したいけれど・・・はたして選挙前で忙しいのに見られる事やら?
 読んだら直接返信願いたい!!

投稿: Tooru Kawakubo | 2018年8月18日 (土) 14時37分

石破さん、戦後73年、国をむちゃくちゃにしてくれたアメリカに、[仕掛けられた太平洋戦争の仕掛けた張本人のアメリカ]いつまで付いて行きますか? 戦後73年、もうそろそろアメリカからさようならしたら如何でしょうか?
考えて頂けますか、宜しくお願いします。

投稿: 黒田 保司 | 2018年8月18日 (土) 18時20分

 
亜へさんをたたく材料はいっぱいあります。つかうか、つかわぬかのちがいです。ますこみにつたえても、記事にはしません。
秘書の方に相談したらいいのでしょうか。きしんじゃーがせい和解をつぶせと命したとねっとにでてました。私がやられるまえにつたえたいとおもってます。国民の半数以上がなりすましで、暴がぎゅうじってます。一般家庭に暴がなりすましてるです。けいもうごきません。受け皿がないまま、日本人ははいのりなりすましされています。青が最初です。こわいです。

投稿: すぎようこ | 2018年8月22日 (水) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/67031943

この記事へのトラックバック一覧です: イシバチャンネル第八十七弾:

« 「政策至上」など | トップページ | 自民党総裁選への決意など »