« イシバチャンネル第八十七弾 | トップページ

2018年8月10日 (金)

自民党総裁選への決意など

 石破 茂 です。
 本日、来月行われる予定の自由民主党総裁選挙に立候補する決意を表明させて頂きました。一人でも多くの皆様のご支持を賜るべく、投票日まで全身全霊で臨みます。何卒よろしくお願い申し上げます。
 人口急減、少子化、超高齢化、激変する我が国を取り巻く安全保障・経済環境。内外共に極めて困難な時代にあって、政治は過去の成功体験や遺産に縋ったり、次代に負担を先送りすることがあってはなりません。国民と正面から向き合い、公正で正直、そして丁寧な、信頼される政治が必要なのだと信じます。

 今こそ政治に対する国民の信頼、納得、共感が必要な時はありません。この歴史の転換点にあって、日本国の設計図を書き換えなければならない時が来ています。未来は過去の延長線上にあるのではありません。政治は全ての人が、全ての地域が幸せを実感できるものでなくてはなりません。

 私が考える日本が直面する危機とは、
一、 このまま推移すれば西暦2100年には高齢者の比率が現在のほぼ二倍の41%となり、人口も5000万人ほどに減少し、財政や社会保障の持続可能性が失われかねないこと。
二、 国民の中で世代間・世代内の格差が拡大し、固定化しつつあること。幸せを実感できず、経済の根幹をなす個人消費が伸びず、婚姻率低下と少子化に歯止めがかからないこと。
三、 地方の衰退と首都一極集中傾向が止まらないこと。食料を生産し、エネルギーを作り、出生率が高い地方が衰退し、そうでない東京だけが残る国家はありえない。経済・金融、文化の中心として日本を牽引すべき首都東京も、災害と超高齢化に直面する。現状を打開するには、一部の地域・企業・人々が豊かになれば地方も豊かになる、との発想をとることなく、全ての地域がその魅力を最大限に伸ばして発展していかねばならない。
四、 我が国を取り巻く外交・安全保障環境が激変しつつあること。
この四点です。

 日本の基本的な構造は、人口が増加し、経済が成長し、冷戦構造が存在していた時代に設計されたものです。前提が全く異なった今、自立性と持続可能性を基本に設計図を書き換えなくてはなりません。
 だからこそ、政治が誠心誠意、国民に語り掛ける姿勢と、それに対して国民が信頼と共感を寄せることが必須であり、我々自民党は、野党の時に作った綱領に立ち返らねばならないと考えます。
「勇気をもって自由闊達に真実を語り、決断する」
「あらゆる組織と対話し、調整する」
「国会を公正に運営する」
「政府を謙虚に機能させる」
「すべての人に公正な政策や条件づくりを行う」
 これが綱領に示された自民党の姿です。

 具体策の一つとして、「政治・行政の信頼回復100日プラン」を年内の完成を念頭に早急に策定したいと思っております。
 官邸の信頼回復(公平性と客観性を重視し、国民の立場に立った内閣人事局の改革、官邸スタッフの面談の透明化など)、国会の信頼回復(党内の中堅・若手の提言を踏まえ、国会運営の改革、行政監視機能の強化など)、行政の信頼回復(地方と中央の信頼関係に立った役割分担の見直し、最大のサービス業であるとの認識に立った国民本位の行政の確立、災害多発や人口急減・超高齢化・少子化に対応する組織の改編と働き方の改革など)をその内容として考えております。

 なお、総裁選において多くの論点が予想される中で、憲法について一言申し上げます。
 今、急ぐべき憲法改正の項目とは、合区解消のための衆参両議院及び選挙のあり方の規定、人権を決して不当に侵害しないことを前提とした緊急事態の規定、国民の権利に対応した政府の説明責任についての規定、であると考えます。
 これらの喫緊の課題に比し、9条は国民の理解が前提であり、丁寧に時間をかけて合意形成に努めるとともに、憲法改正以前になすべき法整備等を先んじて進めるべきものと考えます。

 一気に様々なことが押し寄せて、落ち着いて当欄を書く時間がとれませんでしたこと、どうかご容赦くださいませ。週末は土曜日は地元、日曜日は東京近辺での用務が入っております。
 台風が相次いで接近しつつあります。皆様お気を付けて、ご健勝にてお過ごしくださいませ。

|

« イシバチャンネル第八十七弾 | トップページ

コメント

お疲れ様です。

いよいよですね!
がんばってください!

投稿: mr | 2018年8月10日 (金) 20時49分

期待しています!日本国の設計図を書換えてください。時代遅れも甚だしい「悪しき古き権力者達」を一層すべきです。また、その権力者に阿る者たちも同じです。

出生率の低下に正面から取り組んでください。また、労働人口が減少した前提にたった国家にしてください。マンパワーに依存するなどもってのほかです。

サマータイムなどというオリンピックやスポーツ不祥事から、国民の目をそらす愚策を弄する卑怯な政治はうんざりなのです。

投稿: 田中ひろし | 2018年8月10日 (金) 21時13分

子どもの熱中症対策のために全ての学校にエアコンを設置して下さい。これを石破先生の総裁選の公約にできないのでしょうか。言葉は雑ですが補正予算の前借りです。今は多くの学校で夏休みだと思います。この夏休みを利用してエアコンを設置して下さい。
本来は総理が臨時国会を開き、補正予算を組めば済むことだと思いますが、総理は三選のことだけで子どものことなんか考えていないように思います。
僕は野党に頑張ってもらいたいと考えていますが安倍政治は論外です。日本の未来のために石破先生が総裁、そして、総理大臣になられることを願っています。

投稿: 山田太郎 | 2018年8月10日 (金) 21時13分

安倍政権に決定的に欠如しているのは、「正直さ」と「謙虚さ」。石破さんに期待しています。応援しています。

投稿: jun | 2018年8月10日 (金) 21時21分

国民投票で内閣総理大臣を選ぶのであれば、私は間違いなく石破氏に投票します。自分を守るだけ、官僚から守られるだけの総理大臣では国がなりたちません。憲法改正にしても、自分の経歴に箔をつけるだけにしか思えませんし、外交でもイエスマンは必要ないのです。国の将来を貴方に託します。

投稿: 横田卓 | 2018年8月10日 (金) 21時27分

石破先生の政策の表面は支持しておりません。しかし、先生の機知に富んだ説明や、論理的整合性を大事にされた考え方は、自民党や政治家のみならず、現代の日本人に最も必要な要素と私は考えます。「後ろから鉄砲を撃つな」とか「自民党を出ればいいのに」など、的はずれな感情論にはどうか惑わされず、真の意味で「自由」で「民主的」な日本にしていきましょう。全力で応援します。

投稿: ひやま | 2018年8月10日 (金) 21時57分

石破閣下

 ポンコツモデラーのポンコツコメントです。

 またコメント記入中に文面が消えてしまいました。ですからこれは2回目のコメントです。「政策至上主義」はオビにある「自立精神旺盛で持続的な発展を続けられる国」で言い表せるのではと思います。これは自民党総裁戦のテーマと言うよりは日本国首相が大統領だとした場合のテーマのように思います。其れゆえか掲げた内容が国運を左右するような重いものが多いと考えますから、総裁戦に相応しいかどうかはハテナで、論戦にはなり難いと思います。これでは国民に訴えることになり政局論戦を組む相手方は議員票を失う心配のない事になりそうです。閣下のように勇気を持って国民に語りかける政治家が日本にいることが何いおいても貴重なことです。もし、現状を直視する「覚醒」がすこしでも広がれば必ずよい方向に事態は進むと思います。すこし短いですが消えたショックでここまでにします。乱文・乱筆お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2018年8月10日 (金) 22時16分

石破さんが総裁になるのをずーと待っていました
今回こそ総裁になられますよう応援しています

強い日本を作って下さい
この国に生まれて良かったと思える国を子供たちに残して下さい

投稿: 木山鳥 | 2018年8月10日 (金) 22時28分

選挙とは、いかなるものであれ政策本位で戦う。

これを貫き通す事ですら、そう生半可な覚悟では出来ないのですが、
国政の重要課題のTOP3が正しく認識できている政治家は、恐らく石破さん以外にはいないのではないかと思います。

私が常々主張している国政課題が、
・少子高齢化(50%)
・格差(10%)
・地方消滅(10%)
この3つで70%を占めるというものです。
残りの30%に安全保障や環境エネルギー問題、憲法問題など様々な課題が入りますが、4つ目に何を持って来るかは、かなり意見が分かれる所かと思います。
正常な思考力がある人であれば、上の3つだけは、根本的に解決しない限り入れ替わる事はないはずです。

3課題への解決へのヒントを書かせて戴きますが、

「少子高齢化」の原因の90%は未婚問題です。(保育はほぼ無関係です)
権利や自由と引き換えに、婚活出来る生活環境までが年々悪化しています。
現在の婚活産業は条件競争であり、一部の層にしか効果はありません。
誰でも同じ土俵で自然に近い形で出会える地域密着型の婚活環境が必要です。
保育と違って自己負担なので予算は不要です。
例え国の財政が破綻しようが可能という事です。
必要なのは、信念とやる気だけです。
細かい内容はブログに纏めてあります。
(「生涯未婚だ・何もしない独身議員死ね」で検索)

「格差」の原因となっているのが使用者側に都合の良い労働法制です。
鍵になるのは、有期雇用を正規雇用より割り増し賃金とする法改正です。
最低賃金は世帯主か、学生か、年金生活者かなどで細かく区分する必要があります。
そこまでして初めて自由な働き方を選んでも人生設計が成り立つようになります。

「地方消滅」は、地方の産業振興とセットで考えなければなりません。
小池知事には苦渋の判断を迫ることになりますが、東京と地方の富の再分配の抜本的見直しが必要です。
一次産業に対する実質消費税免除や、森林減少国からの輸入木材にかける環境税を林業支援に回したり、東京23区に本社のある大企業の法人税を割り増しするなど、東京23区税や首都圏税などの導入で、地方に人や金が流れる構造を作る必要があります。
23区の学生は、家賃だけで月5万円くらいの負担増です。東京に増え過ぎた大学を整理し地方へと回帰させるのも多少の経済効果があります。大学自体も増え過ぎたので整理しなければなりませんが。そもそも6割以上も大学へ行く必要はありません。

全て、自民党の支持団体の抵抗を受けるか、全く興味の無い課題です。
国益のために必ずやり遂げる。
そう国民・自民党員に約束してください。
出来なければ100年経っても日本(民族)は没落したままになります。
全力で応援させて戴きます。

投稿: 軍師 | 2018年8月10日 (金) 22時28分

先生、スタッフの皆様、こんばんは❗
愚直に正直者が幸せになれる日本を作ってください。
先週、お墓参りに鳥取、島根に行きました。都会の恩恵をたくさん受けていますが、帰るとこは田舎です。
一票の格差の憲法改正、いいと思います。
先生はもっと真面目に考えておられるでしょうが、議員定数減らすのは、公約にありましたよね、いいと思います。
でも、今は、ワンキャッチ、国を動かすのは、女性票ですよ☺
応援しています、老母も、石破さんじゃなきゃ、地域の自民党辞めると張りきってます。
ご自愛くださいませ❗

投稿: なこ | 2018年8月10日 (金) 22時39分

石破先生

こんばんは。空北之風と申します。

ついに総裁選に出馬されたとのことで、応援しております。
総裁選は現状だと、無いよりあった方が良いと思います。安倍総理と十分に政策論を戦わせて、日本をよりよくする為に盛り上げてください。与党も遠慮がちで、野党も頼りない中、本物の政策議論を見てみたいです。頑張ってください。

投稿: 空北之風 | 2018年8月10日 (金) 22時53分

いいね👍

投稿: 橋本暁 | 2018年8月10日 (金) 23時27分

総裁選出馬会見を動画で拝見いたしました。
かなりお疲れのようですが、闘いはこれからですので、どうか無理をなさらず、睡眠を充分にとってご自愛くださいませ。
戦略上、内容についてはノーコメントです。(笑)

投稿: 鉄道ファン | 2018年8月10日 (金) 23時30分

先生の挙げた今後の日本の直面する危機は正に日本が対峙する喫緊の課題であり、全ての国民が関心を持つべき事案とも言えます。

再々ではありますが全国民に対し平易な言葉で自らの政策を開示し堂々たる姿で総裁選に臨んで下さい。

総裁選は国会議員と自民党員が現実的な有権者である為どうしても自民党内向けの発言も増えることは致し方ないとは思いますが、先生がおっしゃっている通り実質的には日本の首相を決める選挙です。国民に対し今後の日本を想う声と政策を届けて下さい。国民にその想いが伝われば自民党員の投票行動にも必ず繋がる筈です。


善戦を期待しています。

投稿: まあべらす | 2018年8月10日 (金) 23時39分

国民は新総理を願ってます

投稿: 富尾建一 | 2018年8月11日 (土) 00時09分

石破さんのお人柄を尊敬しています。国家元首は尊敬できる人物にお願いしたいです。安倍さんにはことごとく裏切られ続けました。そして、脱原発も視野に入れてください。災害対策に、もっと予算を。地震の多いイタリアなどに習ってもっと設備を。イージス・アショアは要りません。安倍さんはトランプの言いなりですが、石破さんなら違うと期待しています。そして、海外へのODAもあんなにバラ撒かなくてもいいでしょう。安倍さんがどんなに酷かったか、石破さんになったらよくわかると思います。安倍一強になってしまっていて苦しいお立場にありながら、国民のために立ち上がってくださること、感謝します。

投稿: 長井景維子 | 2018年8月11日 (土) 02時43分

石破先生お疲れ様です。

現状のまま安倍が三選を果たすようなことになれば、この国の未来は真っ暗闇に突入してしまう。
何とか党員票による逆転、進次郎をも味方に付けての石破総理の誕生を切に願っております。

投稿: tomo | 2018年8月11日 (土) 03時40分

閉塞感を感じる政治、政治家。

あなたならと期待してしまう。
アンタイ自民党なのに。

わかりやすく伝えようとするから好感が持てる。

頑張れ!茂,

投稿: 瀬川一成 | 2018年8月11日 (土) 04時36分

なんとか勝ってほしいです。
私は鳥取市のものですが、それは関係なく石破さんには勝って自民党を激変させてほしいと思ってます。このままでは自民党は政権とられてしまいそうで恐ろしいです。民主が政権をとったときの大惨事になる前に是非よろしくお願いします。

投稿: 田村 | 2018年8月11日 (土) 06時51分

石破様、おはようございます。総裁選まで40日ほどですが、40という数字は試練を表します。試練があると思いますが、イスラエルが40年の旅の後ヨルダン川を渡って目的地に到着したこと、イエス様の40日の断食で誘惑に打ち勝ったことなどを思い出されながら過ごしていただきたいと思います。主の御心が行われますようお祈りいたします。総裁選頑張ってください。

投稿: hitomugi | 2018年8月11日 (土) 08時07分

 石破先生の立候補表明、拝見致しました。

 もとより、オープンな形で政策論争されることは自由民主党にとって望ましいことであり、無投票再選にならないことはいいと思います。

 先生が指摘する4つの問題点は仰る通りだと思いますし、誰が政権与党になっても取り組むべき問題です。具体性のある議論は自由民主党が責任政党を標榜する以上、避けては通れぬものです。野党にはできない政策論争を深めることを、強く期待しております。

 ただ、同時に先生には明らかにしてほしいことがございます。「文藝春秋」にて、先生は「保身のあまり権力者に忖度する議員が増え、自民党が物言えぬ政党になった」と言われています。具体的にはどんな「物言えぬための指示」があるのでしょうか。

 先生も、野田先生も、小泉先生も自由に政権批判をされているように見えますが、これでも「批判を抑えている」ということですか?

 また「人事で徹底的に干す」と言われますが、マスコミ報道が正しいのであれば、先生は安倍内閣で幹事長や、内閣府特命大臣といった重責を担われ、防衛大臣についても「打診があったが固辞された」という話です。

 先生は自民党を離党された過去がありますが、何の差別をされることなく総裁選に出て、当選寸前まで行き、幹事長にまでなられています。それは概ね安倍内閣時の話であり、外から見る限り差別があるとも思えないのですが。

 また、石破派の田村議員は、第二次安倍内閣下で厚生労働大臣に、山本議員は農林水産大臣になっており、先生の側近が強く冷遇されているとも思えません。

 鴨下議員も国会対策委員長を体調不良で辞任されると、幹事長特別補佐という新しい役職を新設されています。さらに東京都連会長に就任されていますが、東京五輪を控えた都連の会長とは、非常に有能な方でなければ務まらず、これも冷遇人事とは思えないのですが。

 先生は明言されておられませんが、もし先生が総裁・総理になられたなら、「自由で民主的な自民党」であることを示すために、例えば敵対派閥の細田派などから閣僚を出されるおつもりはあるのでしょうか。

 また、以前もお伺いしましたが、森友・加計問題において「政府の説明が不足している」ところとは、具体的にはどこですか。

 安倍総理は「総理夫人のお知り合いだったから、八億円も安く国有地が買えたわけではないこと。総理のご友人だったから、学部の新設が認可されたわけではないこと」は繰り返し言及されていますし、違法行為の証拠は全く出ていないのですが。

 加計学園問題については、先生ご自身が、日本獣医師政治連盟委員長の北村直人氏と、日本獣医師会会長の蔵内勇夫氏からの陳情を受けて、いわゆる「石破4条件」として、獣医学部新設の認可条件に関わっておられますよね?

 先生はテレビで「石破4条件なんてものはない」と言われていますが、日本獣医師政治連盟委員長の北村直人氏が、「私は石破大臣と折衝し(新規参入への)大きな壁を作っていただいている」と、日本獣医師政治連盟の活動報告で明記されています。

 また、平成27年度「全国獣医師会事務・事業推進会議の開催」内でも「石破担当大臣と相談をした結果、最終的に『既存の大学・学部で対応が困難な場合』という文言を入れてくださいました」と明確に書かれています。

 また、先生は、この問題の当事者である日本獣医師政治連盟から100万円の政治献金を受けており、受領した証拠もあります。

 加計学園への批判とは「獣医師科への新規参入を狙う加計学園に対し、安倍総理が加計委員長と友人だから忖度し、不当に優遇したのではないか」という疑惑です。

 石破4条件への批判とは「獣医師科への新規参入を阻もうとする獣医師会に対し、石破大臣が政治献金を受けて忖度し、不当に参入条件を高くしたのではないか」という疑惑です。

 この二つは全く同じ構造ですが、前者は忖度の証拠がないのに対して、後者は獣医師会側の公式な文章に複数回明記され、かつ陳情側からの政治献金も受けられているのですから、より説明責任が求められるのは、後者の側なのではないのでしょうか。

 もし、石破先生が総理・総裁になったとしたなら、石破4条件問題は森友・加計問題以上の時限爆弾になり得ます。

 その爆弾が爆発したら「国民の厳しい審判を受けるでしょうが、自民党に代わって政権を担える党がいまない以上、自民党の敗北はイコール国民の不幸ともなりかねません」と安倍総理を批判される、先生のご発言通りの結果を招くことでしょう。

 先生は加計理事長がより説明すべきだというお立場ですが、石破4条件問題が表面化したなら、加計理事長の立場が「北村直人氏」「蔵内勇夫氏」となります。政治問題化したなら、一方の当事者として、お二人に存分に説明させるという理解で、よろしいのでしょうか。

 こうした疑惑がもし「事実」あるいは「証拠がなくとも森友・加計のように長期的に叩かれる案件」なのであれば、安倍総理が「政権幹部のスキャンダル」を避けるために、石破先生を要職に付けないのは、危機管理上当然であり、特段不当なこととは言えないように思えますが、いかがでしょうか。

 ですから「石破4条件などない」のであれば、総裁選に挑む前の現時点で、適切な説明が必要なのではないでしょうか。

 あり得ない杞憂だとは思いますが、先生がもし「政権批判のマスコミ側から忖度される確証」を得ており「石破4条件は追及されない案件なのだ」とお考えなのであれば、それは民主主義への冒涜であり、大問題だと思います。

 どの道、先生がお示しになっている「憲法改正」はマスコミからの激しい反対論が予想され「石破内閣を倒すために、時限爆弾を爆発させる」ことは充分にあり得ると思えますが……。

 マスコミは、今は先生を持ち上げていますが「安倍政権を倒せればそれでいい」のであり、石破内閣退陣→解散総選挙で自民党大敗→立憲民主・共産党政権樹立が理想なのですからね。

 私は先生の答弁能力に常々敬意を持っていますが、それだけに足元が危うい状態で決戦に討って出る現状を心配してなりません。

投稿: 対馬拓海 | 2018年8月11日 (土) 09時00分

石破4条件を閣議決定したから
安倍内閣4条件だと言い訳して自らの説明を
きちんとしない人間が公正、ですか。

いつもいろいろ丁寧に話はされるが、
具体策や中味はほとんど乏しい。

首相の批判はもう結構。
具体的に何をするのか。
プライマリーバランス最優先なんかは愚者のすること。経済成長が雇用も生み出すのは当り前のこと。

9条問題も、2項削除をいうなら、どう政治として問題を片付けるのか、きちんと言った事がない。詭弁の政治家でしかない。

どうしてここまで期待できない政治家になってのでしょうね。

心底がっかりしますよ。

投稿: トミシン | 2018年8月11日 (土) 09時26分

日本人は安倍より石破の方が人格や知性は
信用できると思っている。
それでいても安倍が勝つ。

なぜか?安倍の経済政策が
自民党支持者ごのみだからだ。

安倍は間違いなく経済を誇ってくる。
そこをどう切り返す?
エビデンスを元に格差が開き
実質賃金は落ち、若者の就職率が高いのは
経済政策由来ではなく人口減少である
と自画自賛を粉砕すべき。

それでも安倍よりもよい経済政策を
打ち出さなければ勝ち目は全くない。

最後にも書くが石破の方が人格が優れて
いることを誰しも知っていてもなお
安倍が勝つ。

逆転の可能性があるとすれば
経済政策以外にあり得ない。
むしろここで一点突破すべきだ。
敵を知り己を知れば百戦危うからず。

投稿: おれおれ | 2018年8月11日 (土) 09時39分

“石破総理に成る!”と公言されたご覚悟と挑戦に心からの敬意を表します。熱いエールを贈ります。酷暑の中、ご自愛くださいませ。

付記:ご指摘の「日本が直面する危機」に書かれた項目に異存のある筈もない。然し、今の石破さんのお立場では書き難いのでしょうが、日本社会の彼方此方が「質的に劣化している」ことは ≪蛇の足≫として強調させて戴きます。具体的に言えば、AmongOthers、規範意識の崩壊、「個別最適(or自分勝手)」の横行、善き伝統文化の劣化(=悪しき慣習の横行)、言葉の軽さ、浅儚かなネトウヨの跋扈…。
社会の劣化したこの根っ子の快復を待つゆとりはないから、基礎を固めつつ、同時にご指摘の上物を立ち上げるという両面作戦が要る。「政策パッケージ」とも言う(微笑)。縁起でもないが、然もなければ、文字通り砂上の楼閣に終わる。“石破総理”の折角のご尽力が赫々たる成果を結ぶ前に短命に終わる。
最後に改めてご健勝ご健闘、更に満願を果たされますよう念じます。
「石破茂チーム」にGoooodLuck! 

投稿: 黒山椒無躇 | 2018年8月11日 (土) 10時07分

自民党総裁選への決意表明、拝読致しました。結論から申し上げると大変良かった。ストンと腑に落ちるものでした。

日本の抱える問題点を直視し、敢えて国民に苦い薬を飲んでもらうには、政府が公正で謙虚、正直でなければならない。これは全くその通りで、安倍政権が最も苦手とし、逃げてきた分野です。集団安全保障以降の安倍政権は、政権維持それ自体が自己目的化し、国民のご機嫌とり、公明党のご機嫌とり、トランプ米国政権のご機嫌とりに終始しています。効果も怪しいリフレ理論に乗り、いつかやって来る?であろう「上げ潮」に乗って夢よもう一度という姿勢は、現実から目を背けて「神風」に期待する例のアレと酷似しているように思えます。

そこを敢えて、厳しいリアルを真正直に語るところに石破流の真骨頂がある。その上で細かい各論は控えめにして「内政の大戦略」を語られたのは大いに結構。憲法9条2項についても深入りされなかったのは賢明でした。安倍さんとの水掛け論になる土俵には上がるべきではないでしょう。文科省スキャンダルのこの時期のリークなど、官邸は色々くせ球も投げてきてるようですが、それも「日本の抱える現実と政治道徳」でガチ議論すれば石破さんに分があることは明らかだからですね。

言うまでもなく今回の総裁選は安倍さんが勝ち、石破さんが負けるでしょう。問題は結果論としての勝ち負けではなく、その勝ち方負け方にあると思います。安倍さんは自民党支持層の中では絶大な人気ですが、無党派層からはかなり冷ややかに見られています。安倍一強に辟易する空気は確実に濃くなっている。だからこそ圧倒的勝利を得て党内外の空気を変えたいと思い焦っている。一方で石破さんは「予想外の健闘」を見せれば今回はそれで充分なのですから、この部分に着目する限り「局所的優勢」とも言えます。

勝ち方負け方次第では三選後の安倍政権はそう長持ちしないと思われます。外交面で予想外の展開が起きない限り、「安倍はもういいよ…」という空気感はずっと続くでしょう。そうである限りに於いて、今回の総裁選は一種の前哨戦と位置付けられることになるでしょう。9月が「永田町夏の陣」ならば、そう遠からず「永田町冬の陣」が来るはずです(順番逆ですが)。巷間、青木元参院幹事長は御子息の選挙絡みで石破さんに義理立てしてると言われますが、あの老獪な御仁が義理人情だけで石破支持を働きかける筈もなく、来年の参院選に向けて安倍一点買いリスクにヘッジをかけておく必要を感じ取っていらっしゃるからに違いありません。それには相応の根拠があるはずです。

安倍一強が枯れ木のように自壊するまでまだ多少の時間と紆余曲折があるでしょう。故に、最も重要なのは気力体力の横溢と、致命的な失点を官邸に嗅ぎつけられない事でしょう(特にアイヒマン北村にねw)。ともかくも、ここで旗を掲げ、打って出たことは大きい。今まで「背後から弾を撃つ」一点張りだったネット世論も微妙に変わりつつあります。やはり、断じて行えば鬼神もこれを避く、であります。

投稿: 八幡氏子 | 2018年8月11日 (土) 10時52分

石破さん、結局、9条改正から逃げて、朝日毎日中韓左翼に迎合してるのでは?憲法改正のなかで優先順位高くないのですか。そんなことないでしょう。また巷で言われている石破4条件、獣医師会からの100万円について説明してください。そうでなければ、正直、公正、命を賭けると言われても、誰も信頼しないと思います。

投稿: 通りすがりの自民党支持者 | 2018年8月11日 (土) 11時34分

総裁になるってことは現状、総理になるってことなんだから、自民をどうしたいとかでなく国政について何をどうしたいのか語ってくださいよ。

あなたがしたい経済政策、安全保障政策、、、総理になりたいってからにはあるんでしょ?
鳩山の腹案じゃないんだからさ。

投稿: nh | 2018年8月11日 (土) 11時53分

石破さんが党首になったら自民党に投票します。
応援しています!

投稿: 井口 | 2018年8月11日 (土) 12時02分

総裁選挙頑張って、安倍を倒して下さい。

投稿: 建石茂壽 | 2018年8月11日 (土) 13時30分

「党員だけでなく、国民に安倍総理と私のどこが違うか分かって頂き、判断して頂く」

石破の方が人格ましなのは誰しも知ってる。
しかし自民党員は
人格よりも経済政策を優先する。
そういう類の人間の巣窟だ。

違いを出すことで優位に立てるのは
経済政策のみだ。
安倍が自称得意としている経済政策で
ぎゃふんと言わせなければ絶対勝てない。

投稿: ati-ba | 2018年8月11日 (土) 15時00分

石破さんに日本の未来がかかっています。安倍さんはすでに賞味期限切れで、たとえ今年の総裁選を生き延びても、来年の参議院選挙前に命運が尽きます。日本をまともな国にするため、石破さんには、何よりも憲法9条を改正して、交戦権の回復を一刻も早く実現していただきたい。

投稿: 田中 秀明 | 2018年8月11日 (土) 15時05分

与党に返り咲いた自民、安倍政権とその変化を見つめて参りました。それはひと言で申せば「腐敗」し、有望な政治家が恫喝によって萎縮していく様であり、この政権を続投させることは全く日本のためにならないと結論せざるを得ません。現政権の汚点に対し、同胞の立場から度々警鐘を鳴らし続けてきた石破さんを応援します。もう一度、日本の政治を取り戻して下さい。

投稿: 練馬区民 | 2018年8月11日 (土) 15時29分

ロイター発 ワールド
2018年8月11日 / 06:58
日米通商協議、9月めどに次回会合 貿易拡大へ方策検討で一致

茂木敏充経済再生担当相は10日、米ワシントンでライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と2日目の日米通商協議(FFR)を行った。会合後、生産的な議論ができたと述べ、9月をめどに次回会合を開くことを明らかにした。

茂木再生相は、日米双方が貿易をさらに拡大させる重要性を認識していると指摘。ライトハイザー代表とは幅広い分野について意見を交換したと述べた。その上で、日米の貿易を拡大させるための方策を探求すること、双方の共通認識に基づき協力分野を拡大することで一致したことを明らかにした。

茂木再生相は「双方の基本的考え方、共通認識を深めることができた。信頼関係に基づいて、さらに議論を深める」と記者団に語った。防衛装備品や米国産液化天然ガス(LNG)の輸入拡大に関し、「一般的なトレードのルール分野でないことも含め議論をすることはあり得る」との考えも併せて示した。

USTRは、両国が貿易推進、協力拡大、貿易や投資に関する見解の相違を埋める方策を検討することで合意したと述べた。

///////////////////////////

「日米間の貿易拡大への方策検討で一致」とはつまり、文言の中で、一切、「多国間」とか、「TPP」の文言が入っておらず、それで「両国の貿易拡大」だから、明らかに、日本側が、FTA方式を了承したと、米国側が確認していることは間違いないだろう。

そして、「両国が貿易推進、協力拡大、貿易や投資に関する見解の相違を埋める」とは、明らかに、「米国側が日米間の貿易不均衡を正すための交渉」であるとしている大前提に立てば、「貿易推進」とは「日本の農産品輸入枠の開放」の実現であり、「協力拡大」「貿易や投資に関する見解の相違を埋める」とは、「日本国内での自動車生産量を減らして、米国との貿易で得た収益を原資に米国に対する自動車生産拠点増強への日本の投資を行う」ことを米国が強いており、「いきなりでは日本も困るから9月の会合で、了承しろ」という文言が埋め込まれているであろうことが容易に分かる。

投稿: 山口達夫 | 2018年8月11日 (土) 17時34分

ご出馬。
最善を尽くされますように。

でも、もう石破さんは、日本人の私達には必要とは思いません!
鳥取の方々も、そろそろその事にお気付きになるのではないでしょうか?
気付かない、気付いていないのはおかしいですよ。
石破さんが、本当にただの駄々っ子だということに。


先日書き込んだばかりなのに、
石破茂という人間は、私のような一国民からの忠告とはいえ、「やるな!」とお伝えしたことを、「わざわざやる」そんな腐った性根の人間なんですね!

安倍さんの批判悪口を主とするな、ってことですよ!

ところが、石破さんと来たら、あーあー、もう子供じみたことばかり訴えて、石破さん自身の評価を、お伝えした通り落としてしまいましたよ!
「有権者さんに、安倍さんの悪いところを告げ口してやる」って感じですから、馬鹿馬鹿しくてやってられません。

今回のことで、石破さんという人が、更によく分かりました。


それで、、、
「官邸の信頼回復」とは、石破さん、いったい何を言っているのですか?

すみませんが、やはり私には意味不明です。

以前にも書きましたが、石破さんこそ「獣医師会」「献金」「石破4カ条」「防衛大臣就任を蹴った本当の理由」「日本のためと言いながら、その実、日本を壊し他国へ売る意図を持つ野党やマスコミ、その他の団体等との関係性」への説明責任を果たしてはいかがでしょうか?

あと、麻生さんも言ってらしたけど、「派閥を作らない」から「無派閥の会結成」となり「水月会という派閥結成」という変遷についても、ご説明下さいませ。

他人に迷惑をかけていない、と仰るかもしれませんが、石破さんという人物に対する「信頼をなくした」と思いますよ。

「官邸の信頼回復」の前に、「石破茂の人間性の信頼回復」をなさるのが先ではないでしょうか?

しかも、自分の政策などを主張させてくれない、などと駄々をこね、自分の主張を聞いて拡げてくれる「敵陣」へホイホイと出掛けて「自分は悪くない、安倍さんが悪い、苛める」とわめき散らす!

「敵の広告塔」にされ、自国が攻撃されようがお構い無し!
なんて奴だ!

石破さんこそ、ご自身の信頼回復を始めては如何ですか?


ただ、、、
総裁選を盛り上がらせるために、出馬されたのですか?

野党や反日マスコミ等の動向を探るためですか?


全てに、一本の筋すら通っていない石破さんに、ムカムカしています。

いったい何のための出馬でしょうか?


安倍さんにも色々と問題部分があるのでしょうが、体調が心配されるなか、これだけの世界政治の激変や度重なる大規模災害の発生という不運に見舞われながら、よく持ちこたえて頑張って下さっているなぁと、彼の後ろ暗い部分をよく知らないので、感心している、というのが事実です。

総裁に就任当初、安倍さんを支持していなかった人達は、そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか?


石破さん支持であったあの頃に戻りたいし、石破さんには戻って頂きたい、、。正気を取り戻して欲しい。


でも、時、既に遅し、、、ですね。


私には、石破さんが、先日亡くなった翁長氏みたいに思えてきています。

わざとそうしている、というのか真実であってほしい、と願うばかりです。

投稿: 一国民 石原 | 2018年8月11日 (土) 19時06分

石破先生、お疲れ様です🍵総裁選に立候補して下さり、本当に嬉しく思います。
後に来るかもしれない「冷遇」の可能性を考えると、悲しく重い気持ちになります。国民の多くは現総裁の続投を望んでいません。世論調査の電話には現政権の支持者か共産党の支持者以外は出ないのが実状だと思います。政権を批判すれば身内が仕事を無くすのかもしれないという恐怖心があり、反対意見を表明するのさえ躊躇ってしまいます。こんなのは異常なことだとわかっています。旧ソ連時代を生きているような気さえします。
例えば、消費税導入時の政権批判などは今以上に激しく、子供ながら竹下首相の悪口を言いました。ところが、今は総理の批判をすると「悪口を言うことが許される世の中だからありがたい」という意見がかえってきます。戦時中と比べてそう言っているのだろうと思うと、背筋が寒くなります。
石破先生が総理になられたら、先生の悪口を言う人が憎らしいと思うかもしれません。でも、そういうお立場になられれば、批判も賞賛も両方受けなくてはなりません。今でも先生に対する悪口には耐えがたいものがたくさんあります。でも、悪口言う人を個人的に責めることはしません。
出来れば、今回の総裁選で先生が勝利して、言論の自由を日本に取り戻して下さい。それだけでも先生に感謝する人はたくさんいると思います。

投稿: キイロイトリ | 2018年8月11日 (土) 19時59分

石破さんの事はずっと応援しています。
貴方に日本をお任せしたいと思っています。
私は頭の悪い一般国民ですから石破さんのように噛んで含めるような説明でないと理解出来ません。

自民党が安倍さんを取るなら私は自民党は見捨てます。
どうしたら石破さんを総理大臣にすることが出来るのか?
これからも応援していますので頑張って下さい。

投稿: 木村由紀 | 2018年8月11日 (土) 20時03分

政治家は法律以前に 道理、道義 社会的通念
少なくてもこの三点は持ち合わせて欲しい。
政治家の為の行政 自身の疑惑には国会を私的に使い説明責任を果たさず、国会審議は満足な
審議時間も取らず数で強硬採決。

安倍晋三政治は一般国民の信頼を失っている。
一部の経営者 富裕層 お友達向けの政治
安倍政権で見えたものは、何ですか?
  総裁選挙
自民党議員の大多数は安倍支持とか?
自民党に自浄能力は皆無ですか。?
石破さん自身を核として自民党が再生する事を
期待している。安倍再選ならば自民党に夢すら
持てない


投稿: 星原 新ノ壽 | 2018年8月11日 (土) 20時18分

石破先生


お久しぶりです。

お疲れ様です(*・・*)


先週、石破先生が関西の番組に出演されて…

所得が低い方に対しての、先生の所感(現状や政策)を言われていたことに感動しとても嬉しいかったです。

先生ファンでよかった(:▽;)


その理由は、近年、自民党の政治家で、真剣に考えている方が本当いるのが見えなかったからです。

石破先生の政権を是非実現して欲しいと、心の底から思った次第です!

一票を持っているのは、企業ではなく、公平に国民一人一人に与えられているのですから、この辺りで修正していただきたいです。

あと、今の政権や自民党議員は、総理大臣の個人的な人間関係から招いたと想定される政権混乱について、どのように考えているのか?…反省してもらいたいです。

(私は自民党が好きだし、こんなこと言いたくないけど…)

あえて言うのであれば、阿○総理は、民主主義の権力者として失格ではないでしょうか?…。

公務員から、この件により、起訴される人や自殺者が出てしまうような事態は、私には異常としか言いようがありません。


違いますか!?


自民党議員は、もっと自信と責任と勇気を持って欲しい。自民党には有能な方々がたくさんいらっしゃる!

私からみると、石破先生を支持する議員が派閥以外から出てこないのは、今の政権の反省をなんら考えてなく、全く理解に苦しむのです。

政権担当者が代わっても、必ず日本を間違いない方向に導いてくれると私は信じています。自民党は出来ます!

自民党が戦後、民主主義とはいえ、ほぼ一党で政権を担当できたのは、自民党の中に保守や革新といった政治機能があり、野党を寄せつけなかったことにあるのではないか?と私は思っています。

ですから、今でも自民党に代わる政権担当候補の野党は残念ながらいません。

だから自民党は、自信で浄化しなくてはならないと思います。


石破先生、いま日本は猛暑ですが、総裁選挙で、もっと熱くなってください。


心から応援しております。


(*^▽^*)ノ

投稿: 哲郎 | 2018年8月11日 (土) 20時48分

心から、応援しています。明らかに嘘とわかる行為をごまかしている政治はもうたくさんです。誠実な政治活動をお願いします。

投稿: 高橋 秀一 | 2018年8月11日 (土) 20時55分

ブルムバーグ発
【米国株・国債・商品】株大幅安、トルコ経済危機が深刻化
2018年8月10日 15:12 JST 更新日時 2018年8月11日 6:24 JST

欧州や新興市場の株価指数、多くが1%を超える下げ


米政権、トルコ製の鉄鋼とアルミニウムに賦課する関税率を倍に

10日の米株式相場は大幅安。トルコの経済危機が深刻化し、世界的な株安となった。
•米国株は大幅安、トルコ経済危機の悪化で世界的な株安に
•米国債は上昇、10年債利回りは2.87%
•NY原油は反発、トルコ金融情勢の悪化で
•NY金は小幅続落、1オンス=1219.00ドルで終了

  S&P500種株価指数は薄商いの中を下落。最近は日中取引ベースの最高値が視野に入る場面もあった。米国がトルコに外交的な攻撃を強め、トルコの経済危機が強まったため、欧州や新興市場の株価指数の多くが1%を超える下げとなった。

  米10年債利回りはトルコ危機を背景に逃避目的の買いが入り2.9%を下回った。

  S&P500種株価指数が前日比0.7%安い2833.28で終了。ダウ工業株30種平均は196.09ドル(0.8%)安の25313.14ドルで終えた。ナスダック総合指数は0.7%下げて7839.11。午後5時現在、10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.87%。

  ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が反発。トルコが全面的な金融メルトダウンに近づいたことから買いが膨らんだ。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は82セント(1.2%)高い1バレル=67.63ドルで終了。週間では1.3%下落し、2015年以降で最長の6週連続安となった。ロンドンICEの北海ブレント10月限は前日比74セント高の72.81ドルで終えた。

  ニューヨーク金先物相場は小幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.1%安い1オンス=1219.00ドルで終了した。

  今週は米国と他国との地政学的な緊張が市場の地合いを左右した。トルコのエルドアン大統領が演説したが、トルコの危機が他国にも広がるとの懸念を鎮めることはほとんどできなかった。トランプ米政権がトルコ製の鉄鋼とアルミニウムに賦課する関税率を倍に引き上げたため、事態がさらに悪化した。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
トルコの金融危機に際して、トルコ資産を多く抱えるユーロ経済圏が売られ、相対的に安定通貨である米ドルが買われた。

 この動きは著しく、米ドルインデックス指数を上昇させ通常では「円安」という定石判断が投資家の間にはあったが、表記の通り、これはリスクオフであり、米株、米国長期債金利が下がるに至り、ドル円にはドル安円高傾向が強まった。

 この危機的状況が展開する時間帯に、日米新通商会談が行われていたが、「金融環境が不安定な時間帯で思い切った取決めを出すと、無用な為替等の混乱を招く」として、日米双方で、9月再交渉と今回は、基本的に「FTAの確認を関係者間で行う」にとどめて、早々に終わらせた可能性が相当強いと思う。

 一部報道では、トルコ政府が人権上の配慮から対米妥協の姿勢を取らざるを得なくなり、それで事態は沈静化に一端は、向かうとされているが、米国の意図は、人権上の問題はさておき、トルコの対ロ、対シリア宥和姿勢であり、この問題で根本的に解決することは、エルドアン政権が独裁的な長期政権化しつつある現状では、まずあり得ず、決して米国政府の側から安易に和解することはあり得ないと思う。

 トルコ経済は通貨破綻の危機にあるなか、何故か株式市場は堅調であり、富の収縮が国内全体で起こっている訳ではない。従って、まだまだ、通貨危機は継続して、この国のデフォルトから来る世界的混乱の懸念から、リスクオフの円高は継続するのではないか?と思っている。

投稿: 山口達夫 | 2018年8月11日 (土) 23時23分

2012年の総裁選で石破さんが選ばれていたら、こんな国にはなっていなかった。

安倍政権になってから、医者の劣化(特に"美人"底辺女医の増加)が酷いと思う。
医療は日本人の誠実さと優秀さの象徴だったのに。

石破さん、ぜひぜひ総裁になってください。
勝利をイメージしています。

投稿: おたく | 2018年8月12日 (日) 00時19分

私は自民党の党員ではないので、総裁選挙は関係ないと言えば関係ないのですが、一度は石破さんに自民党総裁に就任して頂き、日本がどのように動くのか見てみたいと思っています。

個人的な意見で恐縮ですが、国民の関心事はやはり拉致問題も含めて目先の対北朝鮮政策だと思います。
私は北朝鮮のやり方は絶対に許せないと思っていますが、果たして、経済制裁だけで本当に解決するものでしょうか。
勿論、米朝首脳会談の実現は経済制裁が功を奏した結果だと思いますが、それだけで朝鮮半島の平和は実現しないと思います。
癌へのアプローチが1つではないように、北朝鮮(他国も同様ですが)に対しては経済制裁だけではなく、多角的な視点に立ち多種多様な働き掛けをする事により揺さぶりを掛ける方が、政権に影響を与え、結果的に金正恩氏を動かすことに繋がるのではないかと、私は思います。
もっと言えば、北朝鮮の世論に訴え掛け、国民を動かすことが近道なのではないかと思います。
又、ネット上で防災省に関するデイリー新潮の2018.7.19付の記事で、御著書である「政策至上主義」からの引用を読みましたが、引用内容にとても感動しました。
防衛力も重要だと思いますが、『拒否的抑止力』というのは、とても説得力があると思います。
私は幼い頃、ゲッターロボというアニメーションの中で、ゲッターロボの拠点である研究所が周囲にバリアを張り、敵の攻撃を防ぐのを見て、日本全体にバリアが張れたら、ミサイルが飛んで来ても大丈夫なのに…とよく考えたものですが、日本全体にバリアを張るのは実現不可能でも、攻撃に備えることで抑止力になるなら、それに越したことはありませんし、理想的な自衛のやり方だと思います。
最近起きた水害などの自然災害だけでなく、大事故やテロ対策や核シェルター建設も絡めて、防災省の必要性を国民に説明して下さい。
国防軍あるいは防衛軍の話よりもずっと国民の共感を得られると思います。
最後になりましたが、コメントは公開しないで下さい。
念の為、よろしくお願い致します。

投稿: 立入法子 | 2018年8月12日 (日) 02時29分

はじめまして。政策至上主義を拝見致しました。正しい事を貫くその強い意志と姿勢にも感銘致しております。総裁選頑張って下さい。

投稿: 前原健太朗 | 2018年8月12日 (日) 03時25分

「私が考える日本が直面する危機」に対する具体的政策を項目毎に、示してください、
具体策を、普段から勉強し
考えているのが、公人たる政治家の仕事だと思いますので
よろしくお願いします。

投稿: 赤治 治 | 2018年8月12日 (日) 05時33分

石破先生是非頑張ってください。
議員さんもここまで政治が劣化したのか
日本は終戦からここまで政治&経済が
伸びたのは国民全ての人の努力あっての
事だと思います。最近はアリみたいに努力
なしに蜜を求める人が多くなったのが残念で
なりません。先生が総裁になり教育等から
変えていただき少し前の日本に戻していた
だきますよう心よりお願い申し上げます⁈

投稿: 宮崎力男 | 2018年8月12日 (日) 06時59分

石破先生、総裁選立候補頂きありがとうございます。
今度こそ総理大臣になって頂き、国民の為の政治をやって頂けるのが私の夢、国民の願いでもあります。
それができるのは、石破先生しか居ないです。
今の安倍内閣は、国民に向いて政治しているのではなく、身内やお友達に向けて政治してるようにしか見えないし、今回の総裁選でも安倍さん側を応援してる自民党議員も、国民の為、日本の為に立ち上がろうなんて気持ちはミジンも感じられず、ただただポスト欲しさに縋り付いてる情けない議員さんばかりw
こんな人達に、我々の血税を無駄遣いされるのかと思うと、まだ働ける内に日本を脱出したくなりますよ!
何がなんでも石破先生に総理大臣になって頂き、今の安倍内閣にカケラもない公平、公正、丁寧な政治を、自民党もまともな政党に、戻して下さい!
あと失礼ですが、石破先生のビジュアルがどーのこーの言う人が居ますが、ビジュアルで政治する訳でもないし、自民党内にビジュアルが良いな〜って思える人って、小泉進次郎さんぐらいですよ!
台風13号が過ぎ14号が近づいてます。
党内も台風が既にきてますが、どうかくれぐれもお体に気をつけてご自愛下さいませ。

投稿: 大阪のおばちゃん | 2018年8月12日 (日) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523121/67042144

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選への決意など:

« イシバチャンネル第八十七弾 | トップページ