« 党首討論など | トップページ | トランプ大統領の日米同盟関連発言報道など »

2019年6月21日 (金)

イシバチャンネル第九十五弾

事務局です。イシバチャンネル第九十五弾をアップロードしました。北方領土問題や選挙制度についてです。

PART1「丸山穂高議員と選挙区制度」

PART2「中選挙区制あれこれ」

PART3「議員の資質など」

是非ご覧ください。

|

« 党首討論など | トップページ | トランプ大統領の日米同盟関連発言報道など »

コメント

石破様、こんばんは。政治家は言葉で選ばれ、言葉で人を導き、言葉で叩かれ、言葉で失職する仕事ではないかと思いました。自分の言葉、態度にいつも責任の持てる人こそ政治家にふさわしいのではないかと思いました。石破様、期待しています。

投稿: hitomugi | 2019年6月21日 (金) 21時45分

名越涼さん     取り急ぎのご挨拶♪
梅雨の鬱っとおしい日和、清々しく透き通る≪喉笑いと高笑い≫(微笑)。日頃の胸の閊えが取れましたぁ~。
有り難うございます& GoooodLuck~!

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月22日 (土) 11時39分

      ≪経営トップのお仕事≫
経済同友会:骨太の方針2019の閣議決定について https://bit.ly/2Jdx1ph 
⇒蛻の殻を「骨太」と呼ぶ安倍Monkey一味に注文を突き付けるのは当たり前。然し、同じ注文を付けるにもせよ、仮に小林喜光さんが代表なら格段に厳しい注文になっていただったろう。
極東島国で三十数年間、臆病風に吹かれる大企業トップに対して厳しい注文を付けられなければ、この程度の紋切り型の生温さで終わる罠~。

付録:2K:松本晃氏(カルビー元会長): 経営トップが力ずくで(でも) https://bit.ly/2FsrbPz 
⇒厳しい経営状態にある現職ではなく、前職での自慢話を聞かされてもなぁ~という気がしないでもない。が、三顧の礼を受けたとは云え、人様の牙城に乗り込み辣腕を振るうには時日が要る、機会を窺う必要もある。松本さんには温かいエールを贈るに若くはない。
⇒が、他方で、女神がいつまでも、前髪を垂らして、目の前を通ってくれる道理はない…ということもあるw。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月22日 (土) 17時11分

朝日:MonkeyとGorillaの蜜月 https://bit.ly/2x8xyD5 
≫石破さんに聞かせたかったね。やっぱり信頼関係は必要なんだよ
⇒これは昨年9月の発言らしいが、そもそもと云う診方もできるが、この間の9カ月の関係の変遷を診ても、≪人型の愚猿≫の儚い愚かな自慢話であって、アホか!!と言いたい。身内の内輪話だから洩れでることはないと考えたのか、洩れ出ても構わないと多寡を括って言ったのか‥アホ等氏すぎるし下品です、キッパリ!
そもそも、大国間の外交関係に“隷従関係”ならあるが、≪持続可能な”蜜月”≫なんかある訳がない。古今東西の外交戦略家に言わせれば≪同盟関係にさえ“お友達”なんて≫有り得ない≫乃駄。
安倍Monkeyには、当然のことながら、愚猿は平家物語の名句でさえも知らんらしい(注)。今更だが、そんな高尚なことにも無知無恥である。逆に、≪俺様にはそんなことはない≫と拒否もしているの鴨(嘲笑)。過去6年半を吐き気を辛抱しつつ注視してきて、安倍Monkeyを表するに、≪人型の愚猿≫以外に形容する言葉を知らぬ。
蛇足の(注):♪祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。娑沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことはりをあらはす。おごれる人も久しからず、只春の夜の夢の如し♪である。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月23日 (日) 09時05分

朝日:https://bit.ly/2ICC1o7 
⇒小林誠容疑者(43)の再逮捕容疑が公務執行妨害…って、検察も警察も要は国家権力の肝の小ささ、社会正義への無知、視野の狭隘さを露骨に曝していると考える。
⇒公務執行妨害なんて国家権力と犯人だけの狭い範囲の問題である。恐怖に怯えた地域の人たちに着眼すれば ≪社会騒擾罪≫が妥当だ。既存の人定法では間尺に合わないなら、お天道様が定められた ≪社会を恐怖に陥れた罪≫ で裁けば佳い。
⇒それなら、福一事件を惹き起こし日本社会全体を恐怖に陥れた東電役員(当時)も核発電村のムラビとも、得意げに愚政の舵を取る≪人型の愚猿≫安倍Monkey一味も、同じ罪に問える。未曽有の重罰を課せられるわな。七十数年前の戦争大罪人らも奈~。
⇒それをやれば、極東の島国で劣化し続ける社会も、少しは安全で安心な社会に回帰できるだろう。但し、根本的には、「政治権力を糾合したTerrorismをやっている」安倍Monkeyを権力の座から引き摺り下ろすことが欠かせない…のだが。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月24日 (月) 08時49分

↑ 愚前稿の補足:
⇒此れを国家経営の視座で並べ替えるとこうなる(↓):
戦略は恐怖のない社会創り。活き活きとした活気ある社会の回復。
戦術は人型愚猿の安倍Monkeyを権力座から引き摺り下ろすこと。
戦術は、来月の国政選挙で安倍Monkey自民党を大敗させること。
重要な蛇足:但し、未熟な野党を勝利させることではない。
⇒その主役MainPlayersは、戦術に於いては所属派閥の派閥の如何を問わず「自民党内の聡明で健全な議員集団」であり、作戦に於いては民主主義の主役でもある国民市民である。「舞台の下」に追い遣られ拗ねてボーっと生きているグ~ミンである。絶望の国の幸福な若者らも好い歳したand高齢の餓鬼らも主役を張って佳い。
作戦決行日まで ≪あと一か月足らず≫ でる。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月24日 (月) 09時17分

再書き込み:遅場瀬のご挨拶
名越涼さん  
梅雨の鬱っとおしい日和、清々しく透き通る≪喉笑いと高笑い≫(微笑)。日頃の胸の閊えが取れましたぁ~。
有り難うございます & GoooodLuck~!

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月24日 (月) 10時38分

     ≪安倍Monkeyを神輿を担ぐ源流≫
2014/1付け2K:論説委員長芹川洋一:もう一人の祖父安倍寛 https://s.nikkei.com/2FsFBiz 
①≫安倍晋三が岸の思想と寛の行動を継いでいるというのは単純すぎるだろうか。
②≫安倍晋三が長期政権を狙うなら、見習うべきは岸の行動だという気がしてならない。(国家国民の未来はどうでも好い…とな?)
⇒愚見では、①は単純すぎるのではなくて、政治権力者を批判するべきジャーナリストとしては、診立てが賤しく歪んでいる、性根が腐っていると自戒するが宜しい。時機既に遅しだろうが(嘲笑)。
⇒この芹沢が≪”無知無恥の安倍Monkey”とその一味を神輿に担ぐ≫歪んだ今の2Kの源流です菜。アホ等氏すぎるゼ~ったく。

付録(資料):安倍寛さんへの評価をコピペ:
岸信介:①若い代議士を集めて動いていた親分的な人。②"今松陰"と称せられた気骨のある人。
赤城宗徳:病身だが気性が激しく“今高杉”と呼ばれていた。②人に感謝し"人に祈る心"がなくては人間はダメだと言っていた。
芹沢の解説:東条英機内閣の下の17年の翼賛選挙では、大政翼賛会に反対する非推薦で戦い再選。三木武夫と共に戦争終結を目指す研究会を創り活動した。
⇒然し、芹沢は、この文脈で、岸信介がその当時 ≪東條内閣の商工大臣≫ であったことには触れない。
これは文脈上、重要な歴史的事実の隠蔽でありミスリードである。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月24日 (月) 10時40分

石破先生

お早う御座います!!。
日々の政務に加え、参議院選挙を眼の前に控え、自民党鳥取県会長としても多忙な中、イシバチャンネル第95弾をアップ頂き大変有難う御座います。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
イシバチャンネルのPART1~PART3までしっかり拝見させて頂きました。

さて、丸山穂高議員は入院したままですが、現職国会議員は法律の定める刑事罰以外によって議員を辞職させられることが無く、その事を逆手に取って居るようですであります。又、懲罰委員会も丸山議員の言動が院外であるとの理由もあり、決定されていません。しかも自民党小泉議員は国会運営の改革に大変意欲を示していて、今回の動議には、一人この意見には賛成ではありません。
与党自民党内にもこれまで沢山の該当議員が居り、辞職勧告も懲罰動議へも及び腰のようであります。
国民に選挙で負託され、当選した国会議員の身分保障とは?何とも普通の国民にとっては理解し難い所であり、余りにも資質に劣るその言動には呆れるばかりです。

選挙制度が中選挙区制より小選挙区制に代わり、選挙に出馬する人にとって沢山の選挙費用が掛かる事がなくなり、地盤、看板、かばんの所謂「三番」がない人でも選挙に出馬し易くなった事は事実のようです。しかもその選挙費用は公費として税金より一定額賄われるので、裕福な事が条件でもなくなりました。又、一選挙区に於いて同じ党所属の候補者と競う事がなくなり、その分だけでも運動の熾烈さが少なくなり助かると言う訳です。しかし、その事が返って選挙運動の弱さにも繋がっているようでは無いでしょうか?

現在、国会議員のどれほどが地元選挙区に帰って「国会報告会」或いは、「辻立ち説法」を行って居るのでしょう?嘗ての田中角栄氏の古い動画を良く見ますが、演台に立ち「好いですか?皆しゃん!」と演説を行えば、聴衆はししんと静まり返って真剣に演説を聞いて居ます。この『距離の近さ』が現代の国会議員には全くと言って良いほどありません。

小生は石破先生のブログも拝見し、水月会総会、そして深層ニュース、プライムニュースなども検索の上見ていますので、先生の政策、動向などを調べていてある程度理解していますが、現代はSNSが発達しているからと言って、国民のすべてが政治家の普段の言動に注目している訳ではありません。

選挙の時ばかりではなく、普段の時どれほど選挙区に帰り、「国会報告会」、「辻立ち」を行って居るかであると考えます。
国民の前に立ち、顔を見ながら話せば選挙区の民意がどれ程有難いかが理解出来、「発言注意マニュアル」など必要なくなると思います。国会議員の資質を磨く事はこれ以上の事はありませんね?

投稿: 桑本栄太郎 | 2019年6月24日 (月) 12時21分

某野党議員が仰ってました。歳費削減や議員定数削減を主張する政治家はお金持ちの人が多いと。

投稿: 鶴然 | 2019年6月24日 (月) 22時09分

朝日:トランプ氏の安保破棄発言 https://bit.ly/2ZO4ZXI
⇒ここ数日来、極東の島国を騒がせているこの発言をの発端は、下記の安倍Monkey発言でありこの記事ではないか(嘲笑)。
個人的な信頼関係?国家の経営者にそんな甘ったるいものがある訳ないっ!ふざけてるんじゃないよ~!
石破さんが正しい!‥と言ったかどうかは定かではないw。
―――――記―――――
朝日:MonkeyとGorillaの蜜月 https://bit.ly/2x8xyD5 
≫石破さんに聞かせたかったね。やっぱり信頼関係は必要なんだよ

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月26日 (水) 09時15分

2K:自民、井上義行(当年56歳)を公認へ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46591900W9A620C1PP8000/
井上義行ってだぁれ? ⇒ウィキ https://bit.ly/2Jdj3DP
千葉科学大学ってなぁに? ⇒ウィキ https://bit.ly/2kzsfq2
⇒あっはっは~!
あの賤しい加計コータローに、その貧しく淋しい懐を援けて貰っていた小者である。お頭の乏しさはそのままだから、安倍Monkeyに土下座し平伏す罠~。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月27日 (木) 09時40分

安富歩さんが参院選に出られるんですね~。その勝利祈念に…。
>安富歩著≪満洲国の金融≫(1997年)https://bit.ly/2ZU5bVI 
⇒この書に描かれた時代の満州を背景にして、wiki”岸信介”の満州時代と重ねると非常に(反吐が出る程に)興味深い:
①≫1936年10月に満州国国務院実業部総務司長に就任、1937年7月には産業部次長、1939年3月には総務庁次長に就任。この間に計画経済・統制経済を大胆に取り入れた満州「産業開発5ヶ年計画」を実施。星野直樹らとともに満州経営に辣腕を振るう。同時に、関東軍参謀長であった東條英機や、日産コンツェルン鮎川義介、里見機関の里見甫…らの知己を得て、軍・財・官界に跨る広範な人脈を築き、満州国の5人の大物「弐キ参スケ」の1人に数えられた。また、山口県出身の同郷人鮎川義介・松岡洋右と共に「満州三角同盟」とも呼ばれた。
②≫この頃から、岸はどこからともなく政治資金を調達するようになった。その後、満州から去る際に「政治資金は濾過機を通ったきれいなものを受け取らなければいけない。問題が起こったときはその濾過機が事件となるのであって、受け取った政治家はきれいな水を飲んでいるのだから関わり合いにならない。政治資金で汚職問題を起こすのは濾過が不十分だからだ」

⇒戦後、経済成長を果たした日本の ≪特にアジア地域への円借款≫ が濾過された綺麗なカネとして、岸信介の懐に還流した(注)…とは、密かではあるが有名な話である。
それらの歴史的事実も、明白な証拠がないと云う理由だけで、今の極東島国でグ~ミンやxxなどボーっと生きて幸福な奴らには知る由もない。
(注)円借款も≪安富歩さんが描かれた”金融”≫の一形態である。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年6月28日 (金) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 党首討論など | トップページ | トランプ大統領の日米同盟関連発言報道など »