« 能登半島沖北朝鮮漁船衝突事案など | トップページ | 災害対応など »

2019年10月11日 (金)

「石破茂君を囲む会2019」のお知らせ

 事務局です。いつも当欄をご覧いただき、誠にありがとうございます。

 さて、「石破茂君を囲む会2019」を開催させていただくこととなりました。ご興味のある方がおられましたら、件名に「参加希望」とご記載の上、お名前、ご住所、お電話番号、ご職業をメール g00505@shugiin.go.jp 宛、ご連絡くださいませ。

【開催要領】
 日時:令和元年11月11日(月) 18:30~
 場所:ホテルニューオータニ東京 本館宴会場階「芙蓉の間」(千代田区紀尾井町4-1)
 会費:20,000円

 なお、この催しは、政治資金規正法第八条の二に規定する政治資金パーティです。

石破茂事務所
(TEL:03-3508-7525/FAX:03-3502-5174)

|

« 能登半島沖北朝鮮漁船衝突事案など | トップページ | 災害対応など »

コメント

相変わらず極東の島国では多事多難な日々が続いております。
次世代を含め国家国民のための真摯さとご尽力に謝意を表します。

久し振りの書き込みですのに辛口で‥ご容赦下さいませ(微笑)。
やゝ旧聞ながら、11/1付けの石破さんのブログ
≫週刊文春のムック本‥汗顔の極みです。見映えがすべてではありませんが、改善に向けた努力の必要性を痛感させられた
⇒勿論、それが全てであろう筈がありませんが、その「痛く感じられたこと」を実際の行動に移してこそ、従来の安倍批判から甘さが消え失せ、鋭さや厳しさが増すのだと考えます。
庶民大衆と向き合うにはファッションを含めた優れたセンスを訴求することは大切な要素だと。
政権批判とファッションとは全く異分野とは云え‥、否、異分野だからこそ‥、否、♪センス♪が重要な共通項になるだろう。
特に、直感や好き嫌いでものごとを決める(注)庶民大衆には、石破さんのその「改善Kaizen」は大きなサプライズになり、好感度をアップさせ、変化を感じさせる‥などの好循環を生むだろう。
因みに、例の「鬼十則」を裏読みすれば、好ましい「好循環」は断じて偶然に起こりはしない。幸運は待つものではない。仕掛けや仕組みを講じて手に入れるものだ(!)‥と考えるに若くはない。
(注)石破さんが頼りにされる「論理的で理性的な判断」に非ず。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2019年11月14日 (木) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 能登半島沖北朝鮮漁船衝突事案など | トップページ | 災害対応など »