« 緊急事態宣言など | トップページ | CDCと防災省(仮称)など »

2020年4月17日 (金)

ご意見など

 石破 茂 です。
 今週も多くのご叱正やご意見、ご提案を頂き誠に有り難うございました。地元に帰ることもままならず、地方から上京される方もほとんどおられなくなり、直接お会いしてお話を伺える機会が激減している状態が続いていますだけに、このようなご意見が伺えることはこの上なく貴重です。すべてに目を通し、可能な限り対応しておりますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 前回の本ブログの末尾に、今週14日月曜日が締め切りとなっていた自民党本部への提案を掲載し、様々なご意見を頂きましたが、党本部はこれをどのように取りまとめて分析し、政策の糧としたのか現時点では判然としていません。ほとんどの党の会議が開催されない現状にあって、400人近い党所属議員のどれほどが意見を提出し、誰がどのような意見を述べたかを明らかにしなくては、党員や国民に対する責任を果たしたことになりません。「出さなくても構わない」「出してもどうせ反映されない」ということであれば、確実にモチベーションは下がってしまいます。
 マスコミ諸兄姉にも、これを採り上げるようにお願いしているのですが、私の知る限りこれが記事として掲載されたとは寡聞にして聞いていません。それをしないままで「自民党にはコロナに立ち向かう真剣さが足りない」「意見を言う議員がいない」「議員の質の低下が著しい」などと言うべきではありません。「ポスト安倍」のどうでもいい観測記事を書いている暇があるのなら、テレビや雑誌などのメディアに華々しく登場しなくても地道に努力している議員たちの姿をもっと報道してもらいたい。少なくとも、それぞれの選挙区には与野党問わず選出議員の姿を伝えて頂きたい。

 

 緊急事態の宣言を全国に広げることと、国民全てに一律10万円給付することへの変更が重なって、議論は相当な混乱状態となっています。緊急事態の宣言を全国に拡大したので、一世帯30万円の給付から一人10万円の所得制限のない給付に変更する、というのは論理的に若干の飛躍があり、あまりご納得をいただける論旨とは言えないのではないでしょうか。
 当面早急に為すべきと考えることは以下の通りです。
① 特に連休中の移動制限等の措置を徹底し、急速な感染拡大を阻止する。
② 感染拡大のカーブを出来るだけや緩やかなものとして重症患者の急増による医療崩壊を回避し、治療を徹底するとともに、ワクチンや対応薬開発までの時間を可能な限り稼ぐ。
③ 医療現場に対し、マスク、防護服、ガウンなどの資材を政府が責任をもって確保し、優先的に行き渡らせるとともに、関係者の宿泊先を確保する。宿泊費は国の負担とする。
④ 抗体検査を早急に拡大させるとともに、PCR検査は広く民間委託に任せ、行政機関であって臨床医学の場ではない保健所の関与を極力排除し、保健所の負担も軽減させる。どの地域で感染が拡大しているのか、感染者数と死亡者数のみでは把握が困難であり、抗体検査とPCRを組み合わせたサンプル調査を都道府県ごとに早急に実施する。
⑤ 感染症の専門家のみならず、公衆衛生学の見地を重視した対応組織を立ち上げる。自己完結型の独立した組織であるべきだが、形だけアメリカのCDCを模倣することなく、我が国において最も機能する形を考える。
⑥ 国民すべてに10万円支給するための手法(個人的にはマイナンバーの活用が望ましいと考える)を早急に確立し、第一次補正予算において実施する。
⑦ 二次補正も含め、需要・供給・雇用・金融システムのすべてが危機に瀕する危険性のある「有事」であるとの認識の下、経済対策は政府の直接支出である「真水」を中心とするGDP比20%程度の規模が必要と考える。

 

 当然、他にも為すべきことは多くあり、是非とも皆様からのご提案・ご指摘を頂きますようお願い致します。

 

 ここ数日の動きを見ていると、混迷・混乱の度が高まっているように思えて心配になります。選挙や政局をあまりに意識すると、必ず政策を誤ります。国民はよく見ているのであって、そこを決して軽視してはなりません。

 

 韓国の総選挙は与党が大勝する結果となりました。民族統一を一貫して指向し、ミサイルと核開発を続ける北朝鮮との融和は一層進むものと思われ、これを踏まえてアメリカ、中国、ロシアがどのような冷徹かつ戦略的な対応をするのか、あらゆるケースを想定しておかねばなりません。新型コロナ感染者が艦内で発生したことでアメリカ空母が南シナ海を中心とする海域から離脱したこともとても気がかりです。

 

 2009年の東宝映画「感染列島」は、ディテールにはいくつかの気掛かりな点があるものの、まるで今日を予見したかのような内容で、恐ろしい作品ですがよろしければご覧くださいませ。1980年の映画「復活の日」もウイルス感染を描いたものとして一見の価値があります。

 

 今週末も在京の日程となりました。今週も各種メディアの出演や取材等で存外に慌ただしく過ごすこととなりましたが、Webによる会議や電話取材など新しい取組も増えております。外出もままならず、ご自宅で時を過ごしておられる方が多いことと思います。
 コロナ後の世界は間違いなく今までのものとは一変しているに違いありません。ご教導・ご教示を重ねてお願い申し上げます。

 

|

« 緊急事態宣言など | トップページ | CDCと防災省(仮称)など »

コメント

消費者皆んなが困っています。

是非消費税減税お願いします。

投稿: 菅 博之 | 2020年4月17日 (金) 20時59分

国民全員に10万円は生保や年金だけの収入で暮らしている人達には、ただのお小遣いになり遊ぶ金としてフラフラ出歩くための毒にしかなりません。事業所に従業員1人につき20万円(もちろんバイトも含めて)ずつ支給するようなやり方は出来なかったのでしょうか?

投稿: おーた | 2020年4月17日 (金) 21時12分

現政権に石破さんが居ないのが残念でなりません。もちろん、総理大臣になっていただきたいと思っておりますが、石破塾の様な場もいつの日か設けてほしいです。真剣に勉強をする場に石破先生として先頭に立ってください。

投稿: Motta | 2020年4月17日 (金) 21時37分

キリスト教の信者として、毎日、家で聖書を朗読しています。感染者が唯一いない、岩手県花巻市在住です。
どうか、同じキリスト教の信者として、日本を正しい方向に導く為、正論を通す石破さんであって下さい。周囲の圧力に負けず流されずクリスチャンとしての、正しさを貫いて下さい。岩手から、応援しております。御心の通りになりますように。イエスキリストの御名によってお祈りいたします。アーメン

投稿: 伊藤杏奈 | 2020年4月17日 (金) 21時45分

いまはあなたを支持しています 政権交代よりも総理のストッパーの登場を望んでいます あなたがいまの総理よりマシ(失礼)かと思えているからです。特別なことが出来なくても国民に正直に向き合い 世論あっての政治を実行して呉れれば イイのです あなたの欠点はクドクドいうこと もっと簡潔にもっと端的に国民にメッセージを贈る事かも知れません。(^^♪

投稿: 石垣彰一 | 2020年4月17日 (金) 21時46分

いまはあなたを支持しています 政権交代よりも総理のストッパーの登場を望んでいます あなたがいまの総理よりマシ(失礼)かと思えているからです。特別なことが出来なくても国民に正直に向き合い 世論あっての政治を実行して呉れれば イイのです あなたの欠点はクドクドいうこと もっと簡潔にもっと端的に国民にメッセージを贈る事かも知れません。(^^♪

投稿: 石垣彰一 | 2020年4月17日 (金) 21時46分

石破閣下

 ポンコツモデラーのポンコツコメントです。

 安倍総理は亡国の総理になるかもしれません。欧州から帰国してきた者に、PCR検査の結果を待たず帰路につかせていたというのです。また1週間待っても検査結果の連絡がないものもいます。SARS-2のCタイプという最も凶悪な新型コロナウイルスが蔓延している欧州からの帰国者を野に放ってしまうというのは信じられないことです。
 東日本大震災の原発事故対応で見せた民主党の狂乱を思い出すほどの恐ろしさで身が震えるばかりです。SARS-2には3種類ありおのおのA,B,Cタイプと呼ばれていて(山中教授とか)Cタイプが欧州で蔓延しており猛毒なタイプです。これをブロックするための緊急事態宣言かと考えていましたが、招き入れる宣言だという事なのでしょうか。もはや今更どんな対処もさほど意味を成しません。あとは日本国民にCタイプに対する耐性がA,Bタイプと同様にあることを祈るばかりです。根拠はありませんが希望はあると思います。
 このCタイプは程なくして韓国や中国を襲うことになるでしょう。そして2022年まで脅威が繰り返すと欧州筋は伝えています。戦争と変わらないほどの打撃を世界中の国々に与えます。そうであれば経済余力がある国が次世代のリーダーに躍り出ることに成ります。まだ先のことですがこの点も考慮ください。今なすこと、できることは今ある資源をどううまく活用するかです。余力のある部署、資材を見つけ代用の知恵を試される時では。乱文・乱筆お許しください。

投稿: 野村嘉則 | 2020年4月17日 (金) 21時52分

緊急事態宣言から1週間そして7日後に効果がどの程度かマスコミが一斉に検証を報じると思います
その時の状況如何では、官邸・自民党批判は免れません。更に何故か菅官房長官の存在感が今回に限っては残念ながら身を潜めているようです。ただコロナ一色に囚われず、国防等の諸問題にも注目していきます。兎にも角にもスピード感です!
国民はそう長くは待てません!

投稿: 五十嵐英芳 | 2020年4月17日 (金) 22時06分

経済は良くわからないのですが。
私はデフレ対策は最低賃金を上げるか国民全員にお金を配る事が良いと考えています。
インフレはお金の価値が下がると言うことなので現金資産から税金を取っていることと同じだと思います。
MMTについて どのようにお考えでしょうか?金利が上がりさえしなければ幾ら通貨発行しても問題ないようです。

投稿: あたる | 2020年4月17日 (金) 22時14分

私は71歳で開発の仕事をしています。コロナ後のチェンジは必ずだと思います。コロナは世の中が変わらないといけない、人びとの価値観を変えようとしても、哲学なくカネと利害が尺度になっているので招いた、ショック・カンフル剤です。一極集中すると人の心も経済も文化も良いことはない。石破さんが地方の声によく耳を傾けていらっしゃいますが、それが新しい世の中に、目に見えるかたちになることを切に願います。また、アメリカの弱体化も怖いことです。パワーバランスの崩れの戦争だけは避けないといけません。大衆は流れます。石破さんの声が頻繁に聞こえるように、メディアにもっと出て下さい。また、あまり人格者でも大衆はわからない❗
そして、一人で戦う政治家には強さを見つけない。大衆は得手勝手ですよ~☺️ねぇ・・・今度こそ石破総理になって下さい。
そして、どうぞ健康に留意してください。

投稿: 江崎 晶子 | 2020年4月17日 (金) 22時51分

石破さん お疲れ様です。
いよいよコロナが深刻な段階になってきました。
その中で、政府の対応が、如何にも生ぬるく、無責任で、まるで全ての責任は国民にあるかの如き情報発信しかされていないようにみえます。
8割自粛しなければ終息させることは出来ないから、国民は自粛して実現しろという政府の主張は、実は同時に、8割実現しないのは国民の責任だと言わんばかりです。これでは国民は納得できません。
政府が何もせず、国民に責任を押しつけているようにしか見えないからです。
政府がすることは実はたくさんあります。
例えばPCR検査です。何故このことに対して、厚労省は何も発信しないのでしょう。見かねた地方の医師会が、自発的に、提案をしている有様です。これ完全な間違いであり、国民の苛立ちの根源です。
先ず厚労省が先頭に立って、検査の自由化を宣言すべきです。そのために、地方都市にテントを張って、コロナの保菌者を全て見つけて、どんな患者であろうと、間違っても、コロナの保菌者を病院に近づけないようにすることが絶対必要です。
院内感染は、関係者の不心得などは断固として排除すべきですが、其れより危険なのは、コロナの保菌者と気付かずに、保菌者を病院が診察してしまうことです。例えば交通事故のけが人を収容して、コロナ検査をしなければ、院内感染が起きます。検査に時間がかかったとしても、病院に入れる患者は先ず全数検査をしてからにするという関門を先ず作るべきです。
その上で、保菌者を隔離します。学校の体育館でも良いのです。ホテルで、個室に入る必要は全くありません。無発症の保菌者は、有症の保菌者の介護をして、助け合うべきです。その方が隔離としては自宅に隔離するより有効です。難民収容や、災害被災者並みの対策が必要になります。
その号令は、県や市町村ではなくて厚労省が権限を持って組織を作ってその組織を運営すべきです。
保健所や、既存の医療システムでは、既に規定の業務があるのです。そこにコロナを重ねるから身動きが出来ないのです。
自衛隊も含めた、全く新しい組織を緊急対応で構築して、自立して運用させるべきです。
戦時体制を構築することが絶対必要です。
コロナは、学者の推論がどうあれ、抗体が国民の中に60%くらい出来ないと制圧できないと言われています。どんな処置をしようとも、6000万人を超える患者が発生するのです。その2割が重篤化するとすれば1200万人です。自粛して、接触を減らせばいったんは落ち着くでしょうが、抗体を持った国民がいないことには変わり有りませんから、自粛が解ければまた蔓延します。そして、1%の国民が死亡するとすれば、60万人が犠牲になります。医学に出来ることは、重篤な患者の命を救うことだけです。軽症、中等症の患者は、自力で回復するしかないのです。
その覚悟を国民が持つことです。
学者の気休めで、どうぞ判断を誤らせないで下さい。コロナには医学は無力です。

投稿: かも | 2020年4月17日 (金) 23時00分

石破さんにお聞きしたい事があります。
検事の定年延長、年金の支給年齢が75歳に引き上げられる、等など。
今までも、種子法もカジノもその他色々、成立してきました。
自民党の議員のみなさんは、本当に賛成しているのでしょうか?
それらが日本の国益になる法律だとは、どうしても思えない。
国民の生活が豊かになるとは思えない。
どうか、国民の代表として賛成、反対を判断していただきたいです。

投稿: 吉住久美子 | 2020年4月17日 (金) 23時19分

 個人的感覚で恐縮ですが、政治家の人とはやっぱりズレてるなあ(いい悪いではなく)というのが最近の印象です。
 例えば、国民に一律10万円を給付の件がこんなに揉めて時間がかかる理由は「コロナで収入が減っていない人に支給はおかしい」とか、「富裕層にあげても貯金に廻るだけ」とか考えているのでしょう。ですから、石破先生まで「国会議員は貰ってはいけないでしょう」と言う。なぜですか? 私は、そんなことはないと思います。議員の人も遠慮なく10万円を貰って、今のような緊急事態には「国民と同じ体験をする」ことが重要なのです。そうしなければ人の気持ちはわからない。それこそ、議員の人は10万円で在庫が積みあがって困っている和牛肉など、畜産農産物やその他地方の名産品などを買って、経済を少しでも支えればいいではないですか。

 全国に緊急事態宣言がなされたことで、日本は「新型コロナウイルスとの戦争状態に入った」「これは地球規模の大災害でもある」という認識に立つ必要があると思います。既存の医療施設では対応に限界が来ており、次は自衛隊の力も借りてウイルスという敵からの防衛出動も必要だと思っています。陸上自衛隊の駐屯地に「コロナ外来」「臨時野戦病院」などを設営し、医療機関をサポートすることを検討して欲しいと思います。また、3月初めより投稿しておりますが、交通機関の運休または都道府県の境界での折り返し運転の要請、通過客の検温検査など、地方に感染が拡大しないための手も打つ必要があると思います。

投稿: 北島 | 2020年4月17日 (金) 23時32分

【 最近、チャイナ寄りだった 米メディアが連日取り上げ、

トランプ大統領が、生物兵器説に言及するなど、チャイナへの圧力が 高まってきました。


WHOへの拠出金も 停止しましたよね。

テドロスWHO事務局長と その取り巻きが、チャイナ共産党の”代理人”と化していたのは、

誰の目にも 明らかなので、拠出金停止は 相当でしょう。


以前から言及されてましたが、米国上場のチャイナ企業を 追い出すという話。

米国で上場し、ドル資金を調達し、チャイナ本土へ還流するスキームに、

虚偽記載があった由。 又、フロントマンを表に立てた 代持ちによる企業統治も、

今後、より問題視されていくでしょう。 】

●> アメリカ上場の中国企業が有り得ない不正をやらかしていた

https://www.youtube.com/watch?v=O7eaiSAbk5o


数年で、急成長した 「瑞幸咖啡(luckin coffee/ラッキンコーヒー)」の粉飾決算を下にした、

チャイナの上場企業への影響を 語ってます。

●> コロナ最新陰謀論!?生物兵器搭載のドローン攻撃。イタリア・スペイン・NYで感染拡大のなぜ?中国経済崩壊後は?(及川幸久)【言論チャ

ンネル】

https://www.youtube.com/watch?v=-H2UsEw_Y_0

これは、正に陰謀論 そのものですが、NYでの死者率の高さは インフルエンザとの比較でも 異常です。

これは、初期値の現象なのか? それとも、年単位の統計でも 異常値が出るのか?


日本などアジアでの死者が 欧米に比べ 極小なのは、ウィルスの種類以外にも、

我々が、子供の頃に接種した BCGワクチン接種(俗に言う、ハンコ注射)のせいではないか、

という話が しばらく前から出回ってるが、科学的根拠は無い等と言われているが、

しかし、欧米と アジアの 差分に着目するのは 当然であり、真実は 何処に。


●> 世界にWHOは必要か?テドロスは中国の傀儡 安倍首相がWHOに緊急支援金?【及川幸久−BREAKING−】

https://www.youtube.com/watch?v=WwcTzpzFR7M


●> ※アーカイブ再公開版【青山繁晴】安倍政権のコロナ対応(マスク配布・緊急事態宣言等の回避判断・経済政策)の是々非々[桜R2/4/3]

https://www.youtube.com/watch?v=7-TK_d4N5Ls


青山さんの動画は、前置きが非常に長いのですが、

途中から 新型コロナや WHO(チャイナに侵食されている国際機関はWHOだけではない)について

分かり易く語ってます。


--

【 我が国の 海洋資源を 断固、守りましょう。】

●> 世界有数の海底資源大国日本。近海に眠る海底資源を全部まとめてみた。

https://www.youtube.com/watch?v=8TWyOQPe-6s


●> 中国を凌ぐ日本の高濃度レアアース。世界を変えるその凄さについてまとめてみた。【南鳥島】

https://www.youtube.com/watch?v=lJKOV5fD3XA

投稿: ぴっぽー | 2020年4月18日 (土) 00時04分

石破さん

こんにちは。感染列島見ました。東京がゴーストタウンになって欲しくないです。品川区在住の山根と申します。石破さんの選挙区の隣の島根県出身です。何度か石破さんの講演も拝聴し、勝手に応援させていただいていますが、今の自民党には危うさを感じています。

朝から晩まで報道されている新型コロナウィルス感染拡大が、国と国民にとって最重要課題であることは間違いありません。国はこの問題にできる限り注力するべきと私は考えています。つまり、今の状況においては、他のことにリソースを取られて最重要課題の足を引っ張るべきではないと思います。自然災害は仕方ありませんが、人災は避けることができます。

先月末から羽田空港の発着時に都心上空を通過する新ルートの運用が開始されました。観光立国推進というこですが、すでに事情が変わりました。オリンピックが延期され、発着便が大幅減便されています。パイロットにとっての離着陸の難易度も高いそうですが、なぜ今そのようなリスクを取る必要があるのでしょうか。どこに合理性があるのでしょうか。国民に不要不急の外出を自粛させようとする国が、不要不急の不安を国民に与えているだけです。

緊急事態宣言がされている今、万が一、事故が発生したらどうなるのでしょうか。救急隊や医療機関に時の様な対応を期待できるのでしょうか。外出自粛のストレスに加えて、低空飛行や騒音に子供たちも不安を感じています。うるさくて換気もできなせん。

石破さん、教えてください。なぜ国は国民に不要不急の負担を強いるのでしょうか。

お読みいただきありがとうございました。

投稿: 山根 | 2020年4月18日 (土) 00時11分

期待してます。
自由民主党には自序能力があると支持しております。
安倍政権は都合の悪いことは隠す、証拠隠滅するというイメージは、国民誰もが思っています。
しかし、野党には任せられないとの思いで失礼ですが、排除法でお任せしております。
こんな緊急事態に呑気な方は、政治家である必要もないですし、その資格もないので、自序機能を期待しております。
不測の事態には、官僚や名声ではなく、幅広い見地で意見集約でき実現する危機管理が、いま求められています。
もっと迅速に現場意見集約できる仕組みと、それを反映できる事を期待してます。
今こそ動いてください。
傍観して失敗することの恐ろしさとその未来をお考えいただき、同調できます方とともに、危機感無き政府を牽制し、良き方向に導いてください、お願い申し上げます。

投稿: 匿名 | 2020年4月18日 (土) 01時03分

石破様、こんばんは。全国に緊急事態宣言が出され、感染列島となったようです。日々の感染者数が増えていて、今後、マスクや医療用品のみならずエネルギー、水、食料などの不足が懸念される昨今となりました。コロナの感染が今後どのような経緯を取っていくかシュミレーションをして、どのように対応すれば被害を少なくしていけるか検討していく必要があるのではと思われます。今は、不要不急な外出は避け、体力を温存しておくのが肝要と思われます。石破様期待しています。

投稿: hitomugi | 2020年4月18日 (土) 02時12分

一世帯30万円の給付から一人10万円の所得制限のない給付に変更されたのは、主旨逸脱であり、残念としか言い様がありませんが、手が無い訳ではありません。
これを「所得税で回収」などとは言わず、不要な世帯からは税額控除の逆をやって全額回収してください。
来年の税務申告で所得が半分以下であれば回収無し。75%であれば半額回収でいいです。
この回収予定額を原資に、当初予定の困窮世帯に30万円給付を復活し、第2段となるように今から準備してください。

年収600万円の公務員夫婦子供二人世帯が40万円の臨時ボーナスを貰って、所得税での回収が4万円しかないなど、そんな無駄なバラ撒きは断じて認める訳には行きません。

投稿: 軍師 | 2020年4月18日 (土) 03時09分

《緊急事態宣言が全国に発令》
石破さん、お疲れ様です。
石破さんにご意見、ご提案なんて、とてもおこがましくてできませんが、1国民の思いとして、石破さんにお便りしたく書かせて頂きます。あまり長文になると、まとまらなくなり、伝わらなくなりますので、可能な限り要点を絞ってお伝えすべく努めたいと思います。

●現在のわが国の状況と自民党について
今の自民党はダメだ!昔の自民党は迫力があった!なんて言う人もいるが、そうは思わない。むしろ今の方が自由で意見の言いやすい政党になっていると思う。しかし日本国と国民があっての自民党だと思うのである。むしろ野党が、国民感情と離れつつあるのが気になる。
二大政党制の長所短所を先の政権交代で思い知った気もする。現政権批判は先送りするが、ウイルス対策については、対応の遅滞、緩慢、隠蔽が感じられ、またアイデアがなさ過ぎる点が、とても危惧している。
政府はいったい何を目的としているんだろう?国民の生命と財産を守ると総理は述べておられるが、本心だろうか?ある程度の犠牲はやむを得ないと思っているのではないだろうか?経済復興は生き残った人間でやれば良いと思っていないだろうか?
また、マスコミの長所短所もインタビューや番組放送、新聞などで見受けられる。マスコミヤクザみたいになって欲しくない。偏った態度は本人には自由だが、陥れるような質問や調査取材は、良いと思えない。報道の自由はそれなりの規律があってこそだと思うのである。

●コロナウイルス感染症対策についてのミクロ的考察とマクロ的考察
 ミクロ的対策については、まさにクラスター対策班が述べている3密。
密閉した空間を避ける。人と密着しない。密着して会話しない。密集しない。
うがい手洗い消毒マスク忘れずにこまめにする。
特にうがいは重要である。うがいで生命が助かるかもしれない。
非常にネバネバとした特徴を有する。うがいをひんぱんにする。これが大切だ。
また、この感染症は、結核と肺炎とぜんそくを足して、3で割ったような特徴を有すると感じている。
現在感染しても軽症者は自宅待機となる可能性が高い。
ある程度効く薬ができるまで、生命をつなぎ止めないといけない。
現在、自分で免疫を体内に作ることが治癒のためには必要だ。
そのためには自宅待機、時差通勤が必要だ。
自分が感染しているかどうかわからない人も多い。そのため他人に感染させてしまってもわからない。
怖い気もするが、検査は必要だ。簡易検査キットがあると言う。いったん簡易検査キットで検査して、
あと問診して、陽性ならCPR検査するという形が良いのではないか?
コロナウイルス患者とその他の患者の入る施設を完全に分類しないといけない。
どこかの施設建物を仮病院とすることはできないか?
もうオリパラも来年と決まったことだし、国民の不安解消のため早急に手を打って欲しい。
クラスター対策班もクラスターを追えなくなってきたようだ。
尚更検査のスピード感が必要だ。簡易検査キットの導入を推奨する。
また、急に人生の終わりを迎える人々、相続、仕事、残された家族。今死ねないという人も少なからずいたのではないか?
個人のそうした人生についても考慮する必要性をひしひしと感じる。
かつての津波災害のときもそうだが、老若男女、生と死をこれほど身近に感じる時は今の日常にはなかった。
わが国の国民同胞が1人でも助かることを願う。

マクロ的考察についても、経済の大打撃、諸外国も同様で世界的な規模での大混乱である。

またこれについては次にまとめたい。

なんとか1人1人が自覚を持って、自粛をやり遂げ、国難を乗り越える。
そのため無自覚な人やよくわからない人に対して、政府はじめ自治体も、包み隠さず説明し周知して欲しいと感じる。

投稿: 今年の春 | 2020年4月18日 (土) 04時48分

いつもゆっくり丁寧な話し方は、政治に無頓着の私も興味惹かれるものがあります。
父上の政治センスに更に磨きをかけ、今後の国政に尽力頂きますよう祈念いたします。

投稿: 長谷川 静男 | 2020年4月18日 (土) 05時18分

安倍政権はまだ続きます。それはこうした時期に政権交代はあり得ないためです。安部首相に託すしかない。
ところで、世論調査で石波さんはポスト安部のトップでありますが、それはまやかしです。
安部首相と会い、政権協力を約束するべきです。自民党の叡智を結集しなければならないのです。石波さんは言うだけはダメです。今こそ日本の力にならなければなりません。首相に会う機会が持てないのなら、下から根回ししていく。石原派と手を組み、二階氏に接触する。内容は緊急事態宣言が一応の終息を見たときを見計らい、内閣改造を行うことを提言するのです。挙党一致内閣が今こそ望ましい。そこで石波さんも入閣しご奉公するべきです。
首相になるならないは、天命です。しかし、今は石波さんはそれを考えていてはダメ、また石波さん自身も自身の進退に興味はないでしょう。とにかく働くこと。それしかないと思います。石波さんには期待しています。

投稿: 市川毅 | 2020年4月18日 (土) 05時53分

石破先生、頑張って、いつも誠実に国民と日本国の事を考えて頂きありがたく思っています、付き合いなどスタイルのチェンジ等は石破先生の人生であるのでご自分で決められると良いでしょう、一度しか無い人生ですから
人間の値打ちは直ぐに測れるものではないです、真実は必ず勝ちます、口先だけの政治家では無く、本当に誠心誠意、政治家として奮闘なさっている石破茂先生に勝る政治家は現在、存在しない、そう言っても過言では無いでしょう、信念を貫かれよ、必ずや総裁の椅子が向こうから近寄って来る、そう思います
将来の日本を宜しくお願いします、応援します

投稿: 高埜寿一 | 2020年4月18日 (土) 06時48分

表題(目次)20年3月実施、日銀短観の概説
付録資料1 米国新規失業者1000万人
付録資料2 you-tubue 神王TV情報、4月第1週、中国関連

石破先生へ

4月1日に日銀短観が発表されています。当然、今回の日銀短観は、新型コロナウィルス禍による影響を受け始めた、日本経済の状況を写している様です。その観点から、今回、日銀短観を、纏めてみました。そこで、今週の表題は、「20年3月実施、日銀短観の概説」となります。

(要約)
企業の想定為替レートは、対ドルで安定、対ユーロで円高が進行している。ただ、ユーロ圏からの医薬品輸入増は、社会保障費抑制上の効果がある?
大企業製造業の工業産業業種が総不景気化であり、やはり、非製造業の宿泊・飲食サービスが最悪。就業者の人不足の改善は、雇用の悪化か?

(本文)
ブルムバーグ、2020年4月1日 9:03
日銀短観、大企業製造業景況感が7年ぶりマイナス-新型コロナ直撃
伊藤純夫

日本銀行が四半期ごとに実施している企業短期経済観測調査(短観)の3月調査で、大企業・製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)はマイナス8と、昨年12月の前回調査から8ポイント悪化した。悪化は5期連続で、マイナスとなるのは2013年3月調査以来。悪化幅は12年12月調査(マイナス9)以来の大きさとなった。新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に経済活動が停滞する中、企業心理は急速に冷え込んでいる。

  大企業・非製造業のDIはプラス8と、前回調査から12ポイント悪化。悪化幅は09年3月調査(マイナス22)以来の大きさとなった。水準としては13年3月調査以来の低さとなる。新型コロナの感染拡大を受けたインバウンド(訪日外国人客)需要の減少のほか、イベントや外出の自粛などによる消費低迷が直撃した格好で、特に宿泊・飲食サービスの悪化幅はマイナス70と過去最大の落ち込みとなった。
//
まずは、ブルムバーグの概説の通りです。

以下、実際の短観に当たった内容からです。

1. 想定為替レート、全規模、全産業、より
(1)対米ドル
 2019年:108.67
 上期:108.90
 下期:108.45

 2020年:107.98
 上期:107.95
 下期:108.02
//
現在、4月第一週ですが、ドル円為替は108円台から上昇傾向であり、概ね、国内企業による想定為替レートに沿った展開になっており、「為替の面から対米輸出入の阻害要因は、殆ど無い」と言って良いでしょう。

 しかし、これは、対米貿易の堅調を担保するものでは決してなく、米国と日本の間でも、渡航制限がほぼ厳格化しつつあり、さらに、米国内の失業率の急激な上昇により、対米輸出需要は、現状殆ど期待できるものではありません。

 特に、各、国内自動車メーカー等は、生産調整を実施している状況で、為替の安定は、先行きに対する、仄かな期待程度のものでしょう。

(2)対ユーロ
2019年:121.78
上期:122.25
下期:121.30
2020年:120.29
上期:120.29
下期:120.30
//
4月第一週の末日基準では、ユーロ円は117円台の前半であり、企業の想定為替レートより、相当円高に振れています。

これは対ユーロ圏に対する輸出に重大なペナルティ-的要因になります。米国同様、ユーロ圏も現状、新型コロナウィルス禍のため、とても輸出増をそもそも望める要因の薄い状況の様に感じますが、これは、例え、非常に楽観論で、数カ月でコロナ禍が収束方向になったとしても、以後の、日本の対ユーロ輸出貿易に暗雲となるでしょう。特に、19年度の貿易収支のとりまとめで指摘した様に、日本の対ユーロ貿易収支は、対ユーロEPA発行後も、非常に赤字幅が拡大しつつありました。この為替水準はその意味でも、かなり問題があると思います。

 一方、日本の対外輸入額は、2月の貿易統計で大幅な縮小となっており、これは、主にコロナ禍による、内需の破綻傾向だと言われています。

 そこで、対ユーロ圏では、安く商品を購入できるわけですが、対ユーロで円高が進行しても、2月の貿易統計では、対ユーロの輸入額は前年同月比で減少傾向でした。

 ただ、対ユーロ輸入額の伸びで、特筆すべきものが、1点だけあり、それは医薬品の輸入の増加です。

 比較優位論を感じるものではありますが、日本の医療制度にとって、為替差益分の安い医薬品で、高齢者医療が維持できるような世界観を持てば、これは、社会保障制度への援護の様にも感じるものです。

 当然、国内医薬品メーカーに取れば逆風ですが、この様な自由競争があれば、社会保障コストも軽減方向になる様に感じます。

2. 各事業規模に応じた、「最近」と「先行」
(1) 大企業製造業
 前回 最近0  先行0
 今回 最近-8 先行-11

(2) 中堅企業製造業
 前回 最近1  先行-4
 今回 最近―8 先行-20

(3) 中小企業製造業
 前回 最近―9 先行-12
 今回 最近―15先行-29

(4) 大企業非製造業
 前回 最近20 先行18
 今回 最近8  先行-1

(5) 中堅企業非製造業
 前回 最近14 先行7
 今回 最近0  先行-14

(6) 中小企業非製造業
 前回 最近7  先行1
 今回 最近―1 先行-19

//
大企業製造業が今回、前回の中小企業製造業のレベルまで不況が進んだのと同時に、中小企業製造業は、それとほぼ同じ規模でさらに不況化している。

 中小企業の就業者数は、全産業規模で、ほぼ70%を数え、国全体の需要要因としては、こちらの方の落ち込みが本来より多く響いていると思える。

 非製造業は、国の好況を何とか支えてきた経緯ではあったが、今回の先行では、全部の規模でマイナスになっている。

 特に非製造業の前回先行から今回先行で、ほぼ全規模で20ポイント前後も大きく下落している状況は、看過できる要因ではないだろう。

3. 大企業の各業種の今回、最近で、問題の大きい業種の列挙
・繊維―17
・石油・石炭―18
・鉄鋼―15
・非鉄金属-26
・金属製品―19
・生産用機械―11
・造船・重機―29
・自動車―17
・宿泊・飲食サービス-59
(前回11、移動差―70、最大)
//
国内主要重工業産業が総崩れする中で、最大の困窮業種は、やはり「宿泊・飲食サ-ビス」であろう。

経済対策で、所得制限を設けず、即効性を重視した意見が強調されるべき要因は、この様な状況から明らかだろう。

4. 雇用関連
雇用人員判断
:過剰-不足、%ポイント
今回・最近の前回との変化幅
全規模合計
製造業:2
非製造業:3
全体  :3
//
統計上存在する、雇用の不足感が上記、今回それぞれ、改善されている。

つまり、実際は、有効求人倍率が、不況化のため悪化していることを示すものだろう。
(記)


付録資料1 米国新規失業者1000万人
テレビ東京、モーサテ4月3日6時
米 失業保険の申請者 過去最多の664万8,000人

アメリカの先週1週間の新規失業保険申請者数は664万8,000人に達し、過去最多となりました。新型コロナウイルスによる雇用への影響が拡大しています。過去最多を更新するのは2週連続で、330万7,000人だった前の週と比べても申請の数が2倍以上に膨らみました。2週間でおよそ1,000万人が給付を申請したことになります。労働省は「サービス業、特に旅行と外食が申請数を押し上げているが、小売りや建設業などでも申請が増えている」と指摘しています。
//
現状、米国で1000万人も失業者が発生しているなんて、こんな国に、自動車なんか輸出できないよ!
  さらに、今後、この数はふえるんじゃないの?
(記)

付録資料2 you-tubue 神王TV情報、4月第1週、中国関連
…【怖い話】中国で超ヤバい「何かが起こっている」真実
1.1447万件も携帯電話の契約数が1月~2月に消滅した。
 大量の人民の逮捕、監禁、(集団虐殺?)か?
 //
 実は、ここの情報で、中国人民解放軍が新規に数10万セットの防弾チョッキを緊急発注したニュースがあったり、「一部のネットの情報では、「反乱軍」が習近平の暗殺を意図した戦闘機を派遣、地対空誘導弾に返り討ちにあった」という物騒な情報が最近頻発している。

契約解除の進展が、数から考えて、余りに、謎の多い話ではある。

普通、コロナ対策で、自宅に籠城するなら、契約を解除なんて考えられない。

2.謎の大爆発20数件が発生。
この情報の補足に、北京を中心にした周辺地域で、「猛烈な暴風禍」があったという情報や、爆発に付随して、激しい、「火の玉」「キノコ雲」という話や、CIAも良くやる、「偽造映像」という注釈付きで、周辺が大火事になっている、ハイウエイ周辺映像が流れた。

動画の説明の過程で、「天津では「核」だった。」という意味不明な発言が出たりした。

また、全然違う、ミリタリー動画で、年始頃、米軍の放射能測定用航空機が沖縄から中国大陸方向に飛んだ、という話もあったようである。

つまり、「暴動鎮圧に核兵器を使った」という最悪なシナリオがあぶられるものだが、余りに、とっぴな話であり、信憑性も相当疑われる。

しかし、一連の情報から、「何かあった、らしい」とだけは、確かな様だ!
それしか分からない。
(記)

投稿: 山口達夫 | 2020年4月18日 (土) 06時56分

石破さんのような、まっとうな自民党議員の方がもっと増えれば国民に寄り添った政策が実行されるものと思いますので応援しています!!

投稿: 青木祐史 | 2020年4月18日 (土) 07時41分

絶対多数という現時点での大政翼賛会状態を維持し支援し続ける与党は、もはや違法脱法集団でしか無い。と最近は、期待すらしてません。
ケジメを付けられない国の末路として、国民自身が立ち上がるまで仕方がないのだと。

投稿: アベヤスヒロ | 2020年4月18日 (土) 07時43分

とてもお忙しい中、ブログの更新ありがとうございます。
給付金についてですが、麻生大臣は否定的でしたが、所得制限なしの一律10万円の方が多くの国民が納得できる案だと私は思います。
所得制限を設けると、ギリギリのラインで貰えない人が出てきますし、日頃納税している人が受け取れないというのは不満の声が上がっても仕方がないと思います。
皆、綺麗事を言っている余裕が無いぐらい心が疲弊してしまっています…。
ただ、その判断が今の子供たちへの負担にならない事を願っています。

日々感染者が増え続けていますが、移動の際はくれぐれもお気をつけ下さい。

投稿: 一ファン一意見 | 2020年4月18日 (土) 08時24分

緊急事態宣言の全国拡大したことによる第二次補正予算案
1.地方創成基金として各自治体に1兆円の配給
(使途は各知事の権限)
2.減収世帯の20万円の支給。
(3兆円程度で審査方法の簡素化)
3.電子マネー支払い20%割引の1年間の延長
(消費税減税が出来ないため)
庶民的には最低限この3点。
企業・事業者への追加支援は政治で決めて頂きたい。
石破さん。頑張って下さい。

投稿: 吉村龍 | 2020年4月18日 (土) 08時49分

必ず総括を行い次の緊急事態に備えてください。

投稿: 林田純治 | 2020年4月18日 (土) 08時49分

キッチンカーでイベントを中心にメロンパンを販売しております。2月までは通常販売をしておりましたが3月よりJリーグ会場での販売が出来なくなり、また主要販売の東京秋葉原で販売する事自体に罹患するかもしれないと完全自粛生活になりました。
昨年は3月~5月の売上が700万でしたが今年は収入ゼロです。自宅ローン、フランチャイズ契約ロイヤリティ、などの固定費が月々15万 その他生活費家族4人で 8万~10万掛かります。築き上げた貯金を切り崩し生活しております。その中、固定資産税、市民税の通知、5月には車税、7月から国民健康保険で支払いばかり。今回の一律10万は非常に助かりますが焼け石に水です。
このまま貯金取り崩ししても持って12月迄です。再度一律給付と社会保険や固定資産税、支払った所得税や消費税の返還が出来ないでしょうか?また一律給付を何度も実行し頂けると有り難く思います。
宜しくお願いします。

投稿: 青地章好 | 2020年4月18日 (土) 08時59分

混乱の中検察庁法や憲法を改悪する流れは止めていただきたい。
検察庁法に関しては公務員法と合わせての採決と聞きました。こんな卑怯なやり方は許せません。
よろしくお願いします

投稿: 各務恵 | 2020年4月18日 (土) 09時02分

石破先生。初めましていつもブログを拝見しております。
コロナウィルス医療の崩壊は素人ながら危惧しております。
素人なりに提案します。
・PCR検査に関して
医療感染防止のため、全国の健康診断の施設などを利用はできないでしょうか。健康診断施設は医療現場と分離した建物も多く、X線レントゲン施設などもあります。また移動での健康診断車なども利用できます。現在の実施予定のドライブスルー検査と似ているのではないでしょうか。
・防護服の生産に関して
材料を予定していただく必要はありますが、全国の服飾関連の生徒さんまたはobの方にお願いできないでしょうか。ANAの方が作成の記事がありますが、多少なりとも服飾作成などの経験があり確実のような気がします。縫製にあたり関連した生徒さんやobはロックミシンなども自宅などにあると思います。(私の家内も服飾関連の学校卒です。)モード学園グループの生徒や文化服装専門学校の在校生徒は1,000名ぐらいは在校されているかと思います。
・感染防止方法のアドバイス
日本の方がダメとは思いませんが、ここは台湾の成功した唐鳳政務委員などに、思い切りお願いできないものでしょうか。
素人の提言ですので、すでに実施しているものも
あるやもしれませんが。
最後に石破先生もお身体ご自愛ください。

投稿: 森田雅和 | 2020年4月18日 (土) 09時12分

石破さん、いつも応援しています。

投稿: 小笠原一憲 | 2020年4月18日 (土) 09時33分

PCR検査の拡大と抗体検査は是非とも必要なので、早急に進めて頂きたい。

投稿: 松本あきら | 2020年4月18日 (土) 09時34分

医療関係者には本当に頭が下がります。医療現場で感染しないために、スキューバーダイビングの装備とか、オートバイのフルフェイスヘルメットの利用はできないでしょうか?素人考えですのでうまくいくのかわかりませんが?

投稿: 小笠原一憲 | 2020年4月18日 (土) 09時38分

ほしい人、手を上げろとか電子マネーとか
横槍入れる人多すぎる。最初国民一律10万支給
野党が言い出しましたが公明党の手柄みたいな終わりになってしまいました。が
我々には関係無いこと❗️
足の引っ張り合いやめてさ・・党派まとまって早く進めて下さい。

給付金待ってる常態です。

投稿: アベシゲヒト | 2020年4月18日 (土) 09時39分

PCR検査の拡大と抗体検査は是非とも必要なので、早急に進めて頂きたい。

投稿: 松本あきら | 2020年4月18日 (土) 09時41分

現在、コロナ一色となっていますが広島県選出の河井前法相夫妻の違法問題の結果はどうなっていますか?
前法相の職につきながら違法行為をするのは如何かな?と感じる次第です。
この様な人達が、国政を担っていると思うと情けないです。
両議員に投票した人達は、どのように思っておられるのでしょうか?
私個人としては、議員資格剥奪のような処分は出来ないのでしょうか?
議論して頂きたくよう、願っております。

投稿: 小川 茂幸 | 2020年4月18日 (土) 09時45分

音楽家をしております。劇場の音楽を支える仕事ですが、劇場は当初から休演の要請があり、3月から閉まってその影響はすでに8月まで出ております。個人事業主としての救済は受けられると思いますが(現在収入0のため)、それより今日本の感染状態を本当に心配してます。以下は私のブログに掲載したものです。

『ニューヨークの地下鉄の混んでる写真と外出禁止に疲れた人で溢れるロンドンの公園の写真がニュースで紹介されていた。これによりニューヨークでもロンドンでも外出禁止の措置を延長するそうだ。でもこれって日本の日常なんですけど。

日本はたまたま死亡者数も感染者数も世界各国でも少ない。つまり拡大を止められる可能性が高い。

国会では議員たちの勢力争いというくだらないことで10万円だの30万円だのとくるくる政策がひっくり返っている。そんなことをしている場合か!

新型コロナは風邪だ。確かにワクチンはないから不安だけど、止める方法はハッキリしている。

人と会わないことを1ヶ月続ける

たったこれだけだ。確かに個人の自由や主権は守られなければならない。ただしそれは平常時。今は国が滅ぶかどうかという危機の中にいる。個人主義を大事にしているヨーロッパやアメリカがロックダウンできてなぜ日本はできないんだろう。もちろん補償とか助成は大事だけど、この状態がずっと延期されていけばいつかダメになることは誰にでもわかることだ。

たった1か月。個人任せでの外出自粛では徹底するのはとても無理。国が主導しこの唯一の方法を取るしかないのは誰でもわかることでは?

感染者が増えてからロックダウンしてももう遅いのです!それは世界を見ればわかることだ。逆にジワジワやってても収束はしません。早く気づいてほしい!
https://twitter.com/k_m_o_k_m_o_s_/status/1251072519559241730?s=21

これを解決する方法もたったひとつ。自粛じゃダメです。国の決断が必要❗️』

各国のロックダウンが失敗しているのは感染が増えてからやったからだと思います。日本は今やればまだぎりぎり間に合うのではと思ってしまいます。次期総理の呼び声も高い石破さんにここはどうしても頑張っていただきたち。法律?そんなもの本当の緊急事態の前では無意味です。人がいなくなれば法律なんて言ってられないのですよ。宜しくお願いします!

投稿: 上垣 | 2020年4月18日 (土) 10時10分

とてもわかりやすい御説明ならびに石破さんのご見解も共有していただき、ありがとうございます。

ほぼ石破さんのご見解に同意ですが、海外暮らしが長かった私から見て、今回のような緊急事案において、性善説に基づいた施策は限界を呈したと感じます。以前に比べ多様性も増してきてなかなか一貫した倫理観が共有しづらい昨今、自粛を要請するでは政府が目指す8割の外出減は不可能だと思います。緊急時に限って罰則つきの命令を出して街を強制的にロックダウンさせる時限立法は作れないんでしょうか?このままだと長期間ズルズルいってしまうと思いますが... 毅然とする外交をしてきた自民党を支持してきましたが、今回の後手後手スピード感の欠如に失望しています。今は経済より国民の尊い命を最優先すべきです。

投稿: 井上 | 2020年4月18日 (土) 10時12分

色んな所で、色んな場所で石破先生のお話を聞きました。今の政治家の中で一番分かりやすくお話しして頂ける政治家だと確信しています。特に防衛問題はしっかり心に届きました。

投稿: 安富習学 | 2020年4月18日 (土) 10時45分

この凡爺も微力ながら自民党を買っていたが!コロナ禍以降、安倍さんの失敗は致命的で早急に変わるべきだ!と痛感『この人は危機的状況下では実力を発揮できないタイプ!若いが大阪の吉村知事や松井市長の方がはるかに適任!』その理由①厚労省に力負けが原因し!PCR検査体制遅れによるコロナの拡散から医療体制崩壊危機寸前②国民に対する外出自粛要請遅れと自信の身内に対する自粛も阻止出来ないほど!重要性認識度不足と自らの立場上(一国の長)重要度認識不足③アベノマスク?と言われるほど茶化される奇策で430億円の無駄使い!し、緊迫した医療現場で最重要のN95マスクや防護服&手袋等の不足対応遅れに対し『医師ら現場からの悲鳴に近い声』に対しては、いかなる対応中なのか?何ら報告も無し!④今日明日の暮しにも困る人達に対し、一日も早い給付をすべきところ!ころころと方針を変更し!増々支給が遅れる情けなさ!文句ばかり言って申し分け無いが!今回の様な『一世紀に一回有るか!無いか!の様な危機的状況の時に、初めて長としての能力の有無が出る!』と言う事を、政治家は勿論我々国民も嫌と言うほど思い知ったのでは無いでしょうか!・・・又日本の官公庁『今回は厚労省』はこれほどの危機的状況になっても!国民の命よりも!相変わらず!『規則や自分達の面子を優先する!』省庁で有ると言う事を、嫌と言うほど思い知らされた事と!その官公庁を政府側は何等コントロール出来無い!と言う事も分かった!と言う事では無いでしょうか!『お互いに忖度だけはし合うのですけどね!?』両方共我々国民の税金から給料を頂いてる筈ですが????
(石破さんへ)
韓国に対する石破さんの基本姿勢が気になります。私はどちらかというと強硬派的です。

投稿: 林 柾夫 | 2020年4月18日 (土) 10時55分

10万円をもらうために政府に申請書を提出するようにとの新聞記事が出ていましたが反対です。まず申請書を書ける国民が限られてしまいます。そこで代理申請しますという詐欺が横行して他人にお金を取られます。また国でも申請を受けてもチェックす役人が在宅勤務でいません。ここは住民基本台帳の住所に直接現金を郵送するしか方法はないと思います。

投稿: 髙木芳男 | 2020年4月18日 (土) 11時14分

一助にでもなれば、と投稿させていただきます。

②感染拡大のデータに信憑性がない。
検査数を減らせば感染者数も減るのだから
蛇口を押さえた人が操作できるという事


③医療現場の医師が
「マスク・ガウン不足なのに、通勤中に東京駅で山のようにマスクが販売されていて、国の方策はどうなっているのかと思った」というような事を言っていた。
気力で持ってる人達から、気力を奪ってはいけない。


④これを実現しなければ、データへの信頼性は皆無。
現状のデータでは感染者数も致死率も果てしなく高くなる。
話題の『何もしなければ41万人』の算出はドイツの増加率から導いてた。


⑤専門家以前に、義務教育での公衆衛生教育の不足が
現状の日本国民の深刻さを解しない行動に通じている。

義務教育は「社会に出ても困らないだけの教育を施すもの」だから
有事の公衆衛生教育は基本。
文科省は猛省し、今後の教育への強化を収束後には実行して欲しい。


⑥とにかくまずは配る。
漏れ落ちた人への給付は『政府に把握は無理』だと思う。
DVで住民票を置いたまま子供を抱えて暮らすシングルマザー等々
簡単に政府が把握できるものではない。

「支給しないいい訳」でしかない。
できないものはできる人に任せるしかないと、政府も腹を括るべき。


支給には麻生大臣も「具体的に現物をどうやって配るのよ」と
ノープランな財務省の状態を露呈。
日常、誰から税金取ってるか把握してないご様子。

田村コロナ委員長は「親の遺産がたくさんある人も」まで言う。
今、死にそうな人に、財産の把握できないと10万円配れない
こんないやらしい人が責任者の自民党には吐き気がする。


昨日のBSの番組で石破さんが質問に答えてた
「いらないという尊いご意見の方はNPOに寄付」というのは
とてもいい案だと思う。

政治家・公務員・年金受給者は
個人が必要と判断するNPOに、判断できない人は『ふるさと納税』に
(『自粛協力の事業者支援金への上乗せ、返礼品なし』のような
項目を加えてもらう必要はあるが)寄付してもらう

「国民の力を信じる」「不足だろうが、必要な所に回してもらいたい」
と政治家が言ってしまっていいと思う。

そして、1回きりでは、国民は安易に寄付する事はできない。
「非常事態宣言の期間中は毎月給付する」と安倍首相自身が宣言する。
そうしないと「今はいいけど、ウチの会社いつまでもつかな」という
多くの労働者は貯蓄に回してしまいます。

投稿: 石井稀代己 | 2020年4月18日 (土) 11時21分

このままでは、コロナ禍は収束しないと思います。ずっと以前から安倍政権には絶望していましたが(テレビで顔を見るのも声を聞くのもイヤです)、ここへきて、命に関わると思うようになりました。選挙もなく、どうしたら今の内閣を辞めさせられるかわかりません。任せてブー垂れるのはダメだと思いますが、石破さん、なんとか、なりませんか。(ビデオニュース見てます)

投稿: スズキ | 2020年4月18日 (土) 13時10分

石破氏のブログを興味深く拝見させて頂いています。
最近の安倍内閣の政権運営には、全くあきれて空いた口が塞がらないと言うのが率直な感想です。新型コロナウィルスに対する対策は見ていてハラハラするだけです。
長いだけで、これといった実績のない政権のため何とかレガシー作りをしようと、『習近平の国賓招待』とか感染症蔓延中に『オリンピック開催』に拘るとか、首相個人の歴史を作ることに精力を傾けている様に窺われるのは小生等だけでしょうか。
そのために、感染症防止のための政策決断が悉く遅れていることは、火を見るより明らかです。
 マスクが国民に行き渡らないからと、1世帯2枚を配るのに400億円を超える予算を投入するなど、普通の国民からすると狂気の沙汰です。この金を、今最も難儀を被っている医療関係等に使うことは出来なかったのでしょうか?
また、首相の寛ぎツィッターも庶民感覚を全く理解していない姿勢の表れです(もっとも、外出自粛・自宅待機と言うアピールはあったにせよ…)。麻生財務大臣の国民を突き放した様ないつもの発言にも腹ただしい限りです。(小生は個人的に現内閣を苦労知らずのぼっちゃん内閣と呼んでいます)
いろいろ批判はあっても、公明党の山口代表の10万円を極力早くと言うことは、大いに賛同出来ます。
このまま、こういったリーダーの下で日本は沈没しないのでしょうか?政権自体が感染症についての認識が相当に甘く思われ、誰もが先の読めない時に、声を上げていく責任は何処にあるのでしょうか?
石破氏は、真面目に政治に向き合っていると感じますが、もっともっとメディアを通じ発言出来ないのでしょうか?
政治の世界の勢力争いをしている場合ではありません。それこそ国民一丸となってコロナウィルスと闘って早く普通の生活を取り戻すことに努力すべきです。
小生個人的には、日露戦争時の国難に立ち向かった長州出身「児玉源太郎」の姿勢に学ぶことが多いと思っています。
石破氏のご活躍を期待します。

投稿: かん | 2020年4月18日 (土) 13時17分

石破さん、この国大丈夫ですか?

何か後手後手のような気がします

もっと台湾とか韓国とか中国とかにお願いして、色々な方法を早く実行するべきではありませんか?

命あっての日本です、閉じこもりやマスク、手洗い、うがいだけで収束して行くでしょうか?

毎年不安でなりません、政府も信じられなくなってます、あれだけの嘘を並べられると

私は石破さんはぶれない尊敬出来る政治家だと思っています
手遅れにならないうちに全力で助けてくださいお願いします

投稿: isseiy | 2020年4月18日 (土) 13時34分

メディアに取り上げてもらおうというのは現代的ではありません。今や自ら発信する手段がいくらでもあるので、「マスコミは書かない」とおっしゃってばかりでは困ります。若手の方もベテランの方も「自分の考えている政策を届けたい、それに対する国民の意見が知りたい」という姿勢に欠けているのではないでしょうか。
その上で、国民が賛否を議論する、自分だったら嬉しい、自分には不必要…そんな機運が高まればマスコミの話題にもなるでしょう。
議員さんお一人お一人の、更なる奮起に期待しています。

投稿: 子を持つ母 | 2020年4月18日 (土) 13時48分

政治指導者に対して食材は用意するけど、それを調理する包丁を与えない、不健全な政治体制が原因の根本なんでしょうね。

投稿: シンカラ | 2020年4月18日 (土) 14時44分

現在の自民党で最も信頼できる議員は石破茂さんです。ブレる事なく国民目線の政策提言と実現をお願いします。

投稿: 篠田勉 | 2020年4月18日 (土) 14時48分

アベノマスクはウィルス対策にはなりません。
1日も早くPCR検査体制の構築をお願い致します。
保健所の体制も全然あてにならない状態です。

投稿: 高野 | 2020年4月18日 (土) 15時16分

自民党本部への提案、読ませていただきました。
正鵠を射た意見だと思います。10万円給付やマスク配布中止等、庶民感覚に沿った提言ですね。
自民党の中にも、同じような意見の心ある方がおられると思います。自民党という組織を維持するのも大事だと思います。しかし、今は国難。与野党を超えて、国を救うために一致し、救国内閣を組織する時期だと思います。このままだと、オリンピックはおろか、国民、企業の多くは疲弊してしまいます。国を愛するならば、メンツや慣例にこだわるべきではないでしょう。立憲民主党、国民民主党、社民党、共産党、れいわ新選組の皆さんと連帯してほしいです。石破さんへの期待感は大きいと感じています。

投稿: 竹村恭一 | 2020年4月18日 (土) 15時58分

今、政府がやるべき施策は石破氏の仰る①~⑦のすべてであり、全面的に賛同します。
ならば、政府与党内で、或いは野党も含めて、石破氏ご自身が先頭に立ち、率先して、
①~⑦の実現に働きて頂きたい。切なるお願いです。

投稿: 清水 慶一 | 2020年4月18日 (土) 16時43分

石破様

2017年に安倍総理は「消費税の使い道見直しと北朝鮮への対応について、国民の信を問う。」ということで、「国難突破解散」と言って衆議院議員選挙が行われました。
その時の素朴な気持ちですが、いきなり「国難」と言われてもピンとこないし、とってつけたような言葉だな、ほかの問題(当時だったらモリカケなど)から注目をそらすため、そんな事を言っているのか?というのが正直なところでした。

「国難」どころか、地球規模の難局にある今こそ、国のリーダーには「難」の言葉を使っても、そこでどのようにするべきか国民に訴え、問いかけ、常に自分自身にも「信」を問いつつ、国民を良い方向へ導く姿を見せて欲しいものだと願っています。

実は、この国難(難局)で、石破様ならもっとメディアを通して発言し、ご自身の考えなど広く伝えられるかと思っていたのですが、まずそう言うのを見聞することがないのが残念に思えます。(私が知らないだけかもしれませんし、そうだったら申し訳ないです。)

情報番組などで、連日ご意見番コメンテーターの意見は聞くのですが、やはりこんな時こそ石破様のお考えを広く周知させて頂きたいと願っています。

投稿: pic | 2020年4月18日 (土) 17時25分

はじめまして函館の有限会社フジはつり工業の代表野澤と申します
コロナ給付金の10万をみんなで寄付するように全国民に訴えて下さい
石破さん総理大臣諦めないで下さい
宜しくお願いします

投稿: 野澤秀樹 | 2020年4月18日 (土) 19時23分

はじめまして函館の有限会社フジはつり工業の代表野澤と申します
コロナ給付金の10万をみんなで寄付するように全国民に訴えて下さい
自分はかみさんとくるみ学園に寄付しようと思ってます
石破さん総理大臣諦めないで下さい
宜しくお願いします

投稿: 野澤秀樹 | 2020年4月18日 (土) 19時26分

私も石破代議士さまと同じ鳥取県出身で今は岡山にいます。
墓参り等で故郷に帰りたいもコロナ感染者の多い岡山県ですので躊躇しているのが現状です。
いつ届くか分からない、役に立たないと不評なマスクに466億円は税金の無駄遣いとしか言いようがないかなと思います…。
石破さまの派閥の代議士さまが言われたように検査キットを増やした方が良いと感じています。446億円も有れば検査キットがいくら増やせた事でしょう…
マスク不足を受け国民は手作りマスクを作る等努力しているのをみられ代議士の先生さま方は、どう思われているのでしょうか…

投稿: タロジロ | 2020年4月18日 (土) 19時40分

自民党、今メディアに頻出の面々は惨憺たるものですが、わざわざ建て直す価値はあるのでしょうか?
新しく作り直したほうが負の遺産を引きずらず、良いように思いますが。
この期に及んで自民党にこだわるとしたら、どんな価値が自民党に残っているのでしょうか?

投稿: 匿名 | 2020年4月18日 (土) 23時00分

石破先生
特に③④⑤にたいしては待ったなしで行うことが肝要です。我々国民は馬鹿ではありません見ています、このままでは自民党嫌いになりそうです。

投稿: 武元政治 | 2020年4月18日 (土) 23時37分

全く同意します。
同じように思っている人が周りにたくさんいます。でもみんなどうするすべもありません。声をあげても政権に届かないもどかしさです。
どうして石破さんが言っていることを政府は実行しないのですか。

#スマホを改札機にくっつけないようにする注意喚起を広めています。拡散希望します。

投稿: 山本優美 | 2020年4月18日 (土) 23時40分

宣言が何処まで届くのか疑問、今の日本戦争体験もなく平和ぼけ個人的で権利ばかりで義務感無し政府がもっと信用出来たら制限がある法案も賛成できる国民も増えるだろう~

投稿: 西村勝雅 | 2020年4月19日 (日) 00時48分

本当に残念ながら安定政権を希望するがあまり、総理に慢心を与え今や完全にレイムダック状態。副総理は勝手に暴走し、非協力的スタンス。安倍さんが重用した面々も力不足、品位不足が否めません。国難にやるべき課題は山ほどなのに、後手に回っているから解決ビジョンを示すことさえできない。
前々から幼稚な言動を繰り返す総理には危うさを感じていました。
既に動かれているとは思いますが、そろそろ出番じゃないでしょうか。
その際は総理のように、「与党が一致協力して」みたいな狭い了見はやめてくださいね。
野党にも協力要請し、責任の一端を背負わせ低俗な批判応酬や自己PRをやめさせ、本当に国民のためになる動きをしてください。
私に金と資質と知識があれば、石破さんの元へ馳せ参じてお手伝いを申し出るところなのですが、生憎私には何もないので、こうやって思いだけ寄せる事に致しました。
ご活躍をご期待申し上げます。

投稿: 匿名でごめんなさい。 | 2020年4月19日 (日) 01時32分

石破さん、総理になってください。早く、国民全員に10万円給付して、外出自粛をさせて、また、コロナの抗体検査やpcr検査ができる体制の働きかけをお願いいたします。今の内閣のままでは自民党離れしてしまうのではないでしょうか・・?

投稿: とらきち | 2020年4月19日 (日) 01時40分

【立民は、ほぼ永遠に政権獲得のチャンスが無くなった】

 立民の役員もやっておられる蓮舫議員は、以下の見解を披露されたそうだ。
スポーツ紙が採り上げるのが何気に忖度の域にある。
『立憲民主党の蓮舫副代表が18日、自身のツイッターを更新。政府が所得制限を設けず一律10万円給付を発表したことについてツイートした。

 麻生太郎財務大臣が「手を挙げた方に1人10万円給付」と発言したことについて「麻生大臣、このお金は貴方のものではありません。国債という国民の借金です。物言いに気をつけてください」とコメント。これに対してネットからは「国債は国民ではなく政府の借金」「国民の借金?いつ私がお金を借りました‥‥?」「完全に勘違いしてます」と突っ込みが次々と投稿された。

 国債とは、国が資金を調達するために発行する債券のこと。元本と利子の支払いは日本国政府が行うことになっており、一般的には信用力が高い金融商品とされている。

 なお、財務省のホームページでは「国債とは国の発行する債券です。国債の発行は、法律で定められた発行根拠に基づいて行われており、大別すると普通国債と財政投融資特別会計国債(財投債)に区分されます。なお、普通国債と財投債は一体として発行されており、金融商品としては全く同じものです」と説明されている。』

 立民の支持者は全国に1%弱おられるようだが彼等にとっては『悲報』としか言いようがない。見識を述べるというより無知を自分のほうから晒しているからだ。党内からの錬言批判反論指摘とかあるのかどうかわからないが、こういう人を役員に置いておくのは、緊急事態宣言の当日に歌舞伎町に自爆攻撃を敢行した議員より怖いことではないか?
 なにより知名度が違う。そしてその知名度がこれでさらにアップしたような気がする。
 恐れるものがない人というのは無知を基本に置いて発言するからだ。ネットでは、『中国人には難しかったのか?』とか、『だめだこりゃ』『こんな馬鹿が議員をやってちゃ駄目だろ辞職してくれ』というような批難が殺到している。

 これは勘違いではなく無知なのですよ。そこの理解から入らないと立民は崩壊してしまいますね。よくこれで国会議員になったもんだ。すぐに辞職していただきたい。国民が不幸になる。

 何か他の事でも、基本的な知識の欠落があるような雰囲気が感じられますね。立民内部では勉強会のようなものがないのだろうか? レベルを上げないと危険です。

 まあ、こういう形で自らの見識を暴露なさってくれる方がまだましです。対応することが出来るからです。そして話が噛み合わない事態になれば、何が原因なのかを探ることもできますね。ただこういう人を国会議員にしては危険です。すぐにやめていただきたい。

投稿: 旗 | 2020年4月19日 (日) 02時15分

石破さんこんにちは。
いまとっても辛くて不安なこの状況の中、私の友人も医療関係の仕事をしています。連日の報道を観るにつけ友人のことが心配でたまりません。
毎日同じようなニュース番組を観ていていつも思います。それは菅官房長官のマスクに関する発言です。3月には6億枚確保した。4月は1億枚増産して合計7億枚を…などと言っていました。日本の街からマスクが消え未だにスーパーやドラッグストアーに行列が絶えません。過去に一回だけこの件を取り上げた番組を観ましたが、それ以降何処も何も取り上げた番組を観ていません。日本全国に医療機関がどれだけ在るかは分かりませんが、配布(?)はいま必要としている医療関係が最優先だとしても最初の6億枚では足らなかったのでしょうか。これからの7億枚で足りるのでしょうか。いま専門外の企業がマスクを作ったりしています。このような状況の中、菅官房長官の言っていたマスクは本当に出来ているのでしょうか。ご本人はどの場面でも報告や説明をしていません。誰かが問いかけをしないと言わないのでしょうか。出来てないから言えない?追及されると困る?矢面に立たされると困る?

石破さん、石破さんからでもいいです。どこかでこの件に関することを国民が納得いく説明をしていただけないでしょうか。あの人は信用できません。
きれいごとばかり言っている

投稿: 横田 康 | 2020年4月19日 (日) 02時29分

石破さん、教育に関する提言を追加してください。長引く休校のために全国の中高生は乱れた生活をおくっており、昼夜逆転の生活をおくっているとも聴きます。このままでは休校が解除されたとしても、不登校や精神のバランスを崩した学生が多発して、教育が崩壊しかねません。
文部科学省、厚生労働省の横のつながりをもって、この難題に立ち向かうべく、こういった問題に対処するための受け皿となる組織が必要と考えます。石破さん、現政権では確実に日本が破壊されてしまいますので、野党と共闘して、この国難を良い方向に導いて下さい。期待してます。

投稿: 松井 清和 | 2020年4月19日 (日) 05時09分

石破さん、教育に関する提言を追加してください。長引く休校のために全国の中高生は乱れた生活をおくっており、昼夜逆転の生活をおくっているとも聴きます。このままでは休校が解除されたとしても、不登校や精神のバランスを崩した学生が多発して、教育が崩壊しかねません。
文部科学省、厚生労働省の横のつながりをもって、この難題に立ち向かうべく、こういった問題に対処するための受け皿となる組織が必要と考えます。石破さん、現政権では確実に日本が破壊されてしまいますので、野党と共闘して、この国難を良い方向に導いて下さい。期待してます。

投稿: 松井 清和 | 2020年4月19日 (日) 05時10分

はじめまして。倉吉市でネイルサロンを経営しております。
このようなメールも沢山いらっしゃる中で私の存在は分かり兼ねると思います。が、失礼を承知でメール致しました。
鳥取県も少しずつコロナが入ってきました。
対策は取りながら営業しているのですが、とても密接な仕事のためネイリスト協会からは自粛要請が通達されております。
ですが、国の助成金、保証などは現在当てはまらず…鳥取県もこれから増えない為に自粛が必要とは思います。が、
私もスタッフも生活がありますし、維持費もかかるため閉めるに閉められないという状況です。そこでお願いがあります。鳥取県独自の休業保証をお願いしたいです!!
どうか、どうか早急にご検討よろしくお願い申し上げます。これは、私のお店だけではなく、倉吉市全体
鳥取県全体に当てはまると思います。

投稿: 幸本絵美 | 2020年4月19日 (日) 08時22分

10万円の支給を通じてマイナンバーの活用は大賛成。何故、マスコミがこの点に触れないのか不思議でなりません。マイナバーを登録している人から支給したほうが良いと思います。
マイナンバーの利用について国税庁も腰が引けているような気がします。

投稿: 高島民也 | 2020年4月19日 (日) 08時34分

初めて投稿させてもらいます。
政治には無関心な方の人間で、普通の主婦です。
今回のコロナの件で、政治の重要性を認識した次第です。
コロナ問題は、よい政治家とそうでないフツーの政治家、またいなくていいよね、という政治家を可視化する事となって、ただテレビを観ていても誰でも分かってしまいます。
あんなに早く学校を閉めたのに、その後の対処は恐ろしく遅い。
もっと言えばあの時点での学校閉鎖は、桜の会や森友問題から目を逸らすためのものだったと、あの時私は思いました。
今となっては学校閉鎖は当然ですが、あの時点では子供の感染は可能性が低く、突然の宣言で各家庭はパニック、トイレットペーパーの過剰買いに即座につながりました。
私はライブで記者会見を見ていて、すぐに近くのドラッグストアに行きました。
トイレットペーパーはまだ沢山ありました。
翌日も用があって行きました。一つも残ってませんでした。だから学校閉鎖→家庭のパニック→トイレットペーパーが消えた
の構図は確かです。
そして子供達は自由時間を家の外で満喫した…ほとんどの子供がです。
親が自宅にいる家庭は、ある程度こういう行動を抑えられたと思います。周りがそうでした。が、仕事で日中家庭にいない、という家ではほとんど外に出てました。
そして給食がなくて困る人、行き場がなくなった低学年層、授業がなくて教育の遅れが心配な人…等々、色んな弊害が出ました。
それでも何とか学校閉鎖を受け入れ、その後の世界状況の深刻化から、あれだけ早く学校閉鎖したのだから緊急事態宣言はさぞかし早く出るだろう、日本は医療崩壊など起きない、という淡い期待は…志村けんが亡くなった翌日から今か今かと待って、総理記者会見があると知り、遅いよ、やっとか!と思ったら、なんと!布マスク配布?!
ウソでしょ?あんなの大体誰でも作れるし!と、我が国の首長の無能さに愕然と、笑うこともできず、ただ愕然としました。
遅かった、全く遅すぎた…あと10日、いえ1週間早ければ…。
私は高校大学とアメリカで過ごしました。
アメリカは好きですが、今の大統領は信用できる人物だとは思ってません。今回はアメリカよりも日本の方が早く抜けると思ってました。
トランプはインチキ眉唾大統領なので論外で書くことももったいないのでこれ以上は割愛。大学はニューヨーク州だったのでクオモ知事もよく知ってます。今の知事はその息子だと言う事は最近知りましたが。お父さんも人気のある知事でしたが息子の方も良い知事だと思います。今ではよくテレビに出ますが、あれがリーダーシップ。  
国内に目を向けると、大阪の知事の発信力とスピーチの上手さ、心に届くスピーチ。立派なリーダーシップ。
大阪市長はお笑い芸人にしか見えませんが、大阪市民の信頼を得ているのだな、と雨ガッパの事で思いました。国民・市民は馬鹿じゃないです。見てればみんなわかります。
石破さんも「心配になってきます」とか言うなら、もっとリーダーシップを発揮してください。国政リーダーは全員が無能だとは思ってません。有能な人がもっと力を出してください。

投稿: 角田亜紀 | 2020年4月19日 (日) 08時59分

お言葉に甘えて、コメントを書かせていただきます。整理のため、戦争になぞらえます。
政府の戦略目標が分かりません。仮に感染者を0にするというのが、戦略目標とすれば、戦術的に、取りえる手段は、分かりやすくなります。その際、人的、物的資源が、限られていることが、大前提になります。
その前提で、どうすれば有効に戦略目標を達成するかです。
一番いけないのが、分散、逐次投入で、限られた資源を浪費することです。現場を疲弊させ、医療崩壊を生じさせるだけです。取りえる手段は、限られているように思います。
兵站の整備は、未だになされていないように見えます。
戦略目標と戦術を明確にして提示し、具体的な対策を提示しないと、戦えないと思います。
また、検査が、絶望的に、足りません。相手が分からないで、戦うのは無理です。
色々書きました。皆様が、努力されている中、不快なことも書いたと思います。ご容赦下さい。

投稿: 高濱 利洋 | 2020年4月19日 (日) 09時10分

今しなくてはいけないことは山積みです。政府も議員も全てちぐはぐです。しかし、非難し合っている時間はありません。できることを全てする必要があります。参考になるか分かりませんが、小生の考えていることをブログに書いております。御一読下さい。参考になりますこと期待しております。

投稿: 田口功 | 2020年4月19日 (日) 10時01分

①〜⑦ごもっともです。
推進をお願いします。
緊急有事において、現政府(一部なのでしょうか?)の言動は、不安を煽るのみで安心信頼にはほど遠いが、正直な国民感情です。
アベノマスク含め、国際的には恥ずべきアクションもあります。
一国のリーダーは、世論100点はあり得ないなか批判を恐れず、リスクを踏まえ、二の矢三の矢を検討用意し、迅速な決断と指導をすべきです。
加えて申すならば、会見は簡潔にインパクトあるスピーチに心がけてほしい。

何か国民不在の理想を宣言し右派に担がれた(想像ですが)首相は、その限界をこのウィルス対策の失政で明らかにし、交代すべきか思います。
自民党にはまだ期待します。その自民党組織の中で、政策具現化の難しさも理解しますが、諦めずに頑張ってください。

投稿: 会社員 52歳 男性 | 2020年4月19日 (日) 10時23分

石破さんはじめまして。いつも応援しています。あなたが首相になるかどうかの時も応援してました。私は一般市民ですが言いたいことはたくさんありますし書きたいけども低民なのでご理解ください。
ポイントは一つだけ今日は言わせて欲しい

10万一律は確かに必要。
でも経済や予算、政治権力ばかりを優先した結果が今の日本です。本来は国民の血税や資金があって国は成り立つし議員のお金は回る。忘れてませんか?
そこでフェアではないと言われた30万ですが、その制限設けた枠に入る対象の人は10万もらっても救えないですよ。死を覚悟してますよ。どうして議員のお金は削らずして確保したままなんですか。
どうして自分たちもという気にならないで国民の命を削るんですか。議員がかけたところで、なんの政治や国家の危機にはなりません。30万もらうべく最低所得者はしっかり30万でサポートし国民全体の支援も10万行うのが適正な措置でしょう。私はあなたをずっと応援しています。自民なんかどうでもいいけどあなたの防衛時代の時からやってくれると応援していました。
どうか低所得の方2割しか対象にならない人は既に苦しんで家賃も食事も全て困っています。生活保護だの行政の手続きではどうにもならない域にいます。どうぞ助けてあげてください。二次補正でもいいです
復活させてしっかり命の補償をお願いします。それが地元や国民や一人一人の声を聞く活動していく初心に戻ってください。
金周りがいい、夜な夜な楽な生活できると初心を忘れた政治家が目立つ中、一緒に苦しみ一緒に闘って一番底辺の声を、命を見てください

投稿: 田中真紀 | 2020年4月19日 (日) 10時54分

はじめまして。千葉市で現場監督をしている56歳です。土建業ということもあり、ずっと自民党を支持しています。ここの所、安倍首相の判断が、遅い、中途半端、あのマスクは何?とか、様々な批判が寄せられています。私も全部とは言いませんが、かなりそのように思っております。そこで率直にこのようにガチのコメントでお聴きしたいのですが、首相自身が石破さんのような重鎮の方々の意見を聴かなくなっているのでしょうか?首相から出る発言、行動(夫人の行動を含めて)がどうも紐の切れた風船のように感じます。最後に先生の貴重なご意見がさらに政界を動かすことを祈念いたします。

投稿: 北内定夫 | 2020年4月19日 (日) 11時26分

はじめまして。65歳の伊藤と申します。日本政策金融公庫を再雇用期間満了し、現在はDNPで派遣パートとして、次世代住宅ポイントのデータ入力の仕事をしています。池袋のオフィスですが、ここはいわゆる3密状態。恐怖を感じながら仕事してます。毎日のように残業要請があり、休日出勤も要請されています。出勤者を減らすことはできないものかと思っています。また、旧職場である日本公庫も都内支店では顧客が殺到し職員はかなりの残業をし悲鳴を上げていると聞きます。さて、今回の全国への宣言拡大や10万円給付等は遅い対応となったことは否めません。所得制限を設けないのは将来の財政破綻の不安があります。せめて、しょとく1500万未満OR1200万未満にした方はよかってのではと思います。予算を待つのではなく、仮払いで対応できないもそでしょうか?いずれにしても、石破さんが表に出てアピールしてください。応援してます。

投稿: 伊藤久生 | 2020年4月19日 (日) 11時33分

初めて書き込みをさせていただきます。
現在、社会のかなりの部分が止まっています。
現在、政府の補正予算案の真水は16兆円。
もちろん足りません。政策が変わることで 24兆円ぐらいにはなろうかと思います。GDPの5%位です。真水を合わせた事業規模でも、108-120兆円で20%ですが、これでは足りません。石破議員が書いていた通り、最低真水で55兆は必要でしょう。速やかに第二次補正予算で真水で30兆ぐらい調達できなければ、社会や国民(今日本にすんでいる全ての人)は医療・経済・生活面でさらに追い込まれてしまいます。特に弱い立場に追い込まれている人(=弱者、マイノリティ、貧困者)が極めて困難な状態(地獄と言っていい)に追い込まれ、感染して広がるリスクがあります。
これは、過去感染症について書かれた本も示しているはずです。ロビンソン・クルーソーを書いたデフォーの「ペスト」にも克明に書かれています。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%82%B9%E3%83%88-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB-%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC/dp/4122051843
(アドレスに掲げた私のblogの後半の署名はそれを示していると思います)。
それと、地方特例交付税を増やさないといけません。都道府県が使える金を増やさないといけない。1兆余りでは絶対足りないです。どのくらい要るかはわかりませんが。日本の統治機構上、都道府県はお金を国より早く出しやすいです。
政府のスピードを上げるためには国会が導くしかないと思います。議院内閣制なので、国会が政府をコロナ渦とちゃんと向き合えるようにして機能させないといけません。与野党ともいまは政局にならないようにしないといけないです。

投稿: 伊藤広剛 | 2020年4月19日 (日) 11時48分

はじめまして。馬場と申します。私は今まで政治にはまったく興味なく生活してきました。リーマンショックの時にホームレスになった時に、国に対する期待もなくなりました。だから政治家や総理大臣など誰がやっても一緒だと思って生きてきました。しかし、今はハッキリとわかります。阿倍総理と今の自民党ではダメだと思います。日本が先ずやることは阿倍総理を辞めさせることと自民党を壊すことだと思います。今の議員と呼ばれる人達は、ある程度裕福な家庭に生まれ金に不自由する事なく生きてきた人が多数だと思います。そんな人達が真面目に一生懸命生きていても、日々ギリギリの生活を送っている低所得者の苦しさが分かるでしょうか?そんな弱者に寄り添って勇気づけてくれる政治家を求めます。国は政治家のものではなく、国民のものです。自分の名誉のためではなく、強く固い志を持つ政治家を求めます。阿倍総理は自分の名誉のため、自分の名前を残すことしか考えていないようにしか見えません。今の大変な状況の中で、強いリーダーシップを発揮してくれるリーダーを求めます。このままでは日本は大変なことになってしまうでしょう。是非頑張ってください。

投稿: 馬場啓一郎 | 2020年4月19日 (日) 12時55分

多忙な石破先生に詰まらない質問をしてはいけない、と控えておりましたが、伺いたいことがあります。 このブログでは、安全保障をはじめ先生の卓見を知ることができますが、財政についてのお考えは余り述べられていません。 安倍首相を引き継ぐ政治家は、税収の20倍に垂んとする国債、GDPに匹敵するまで肥大化した日銀のB/Sに取り組まなければなりません。 「安倍首相は日本を戦争のできる国にしようとしている」と非難する人がいますが、これでは戦争などできません。 コロナ対策では多くの方々が提言をしており、華やかに政府支出や減税が謳われていますが、財源についてはみなさん口を閉ざしています。石破先生は、コロナ後の財政政策について、どのようにお考えでしょうか?石破ブログでご紹介頂ければ幸いです。   
国債とは借金であり借りた金は返さなければいけない、という道徳を日本人は忘れたのでしょうか? 国権の最高機関である国会は、赤字国債の発行を禁じた財政法を40年にわたり破り続けています。国会議員は、法律は守るものという道徳を忘れているのでしょうか? 子供たち、これから生まれてくる子供たちの将来を先食いして恥じない年寄りが跋扈するこの国に、赤ん坊が生れてこないのは当然かもしれません。「すべての赤ん坊は、神が未だこの世に絶望していないというメッセージを携えて生まれて くる」というタゴールの言葉を引くまでもなく、悲しいことです。

投稿: 水月 | 2020年4月19日 (日) 13時03分

石破さん
貴意見に共感。リーダー安倍総理のここまで理不尽な言動は国民の一人として選出した責任は感じる。しかし周辺閣僚のみならず与党国会議員からも逆らう固まりが出ない事を憂う一人だ。貴兄も含め何やってんだと言いたい。行動を起こせと。

貴兄の本領発揮は今や急務だと考えている一人だが与野党超えた大きな力の集団結成が待ち通しい。

安倍政権によってここまで傷みつつけられている日本国をこれ以上の大傷にさせてはならない

そのためにも貴兄の力で世界に人間尊重を誇る日本人の素晴らしさを発信する国家にしてゆこうじゃないか。
今こそそのチャンスにある。やろうよ石破さん。期待してますよ。

投稿: 辻  均 | 2020年4月19日 (日) 14時01分

韓国は、徹底的なPCR検査と、ITを駆使しプライバシー侵害も厭わない行動追跡により、感染者の高確率な発見・隔離に成功し、感染抑制に成功しています。

一方、日本はそうせず(できず)、クラスター対策による感染者の発見・隔離に努めるものの、孤発例の比率がどんどん高まり、感染抑制は徹底的な行動・移動制限に頼らざるを得なくなっています。

多くの国民は、緊急事態宣言が発令され、GW明けまでの行動・移動制限に耐えれば、感染拡大は収まり通常に戻れると考えているようですが、残念ながらその期待は薄いと言わざるを得ません。

気温と湿度の上昇に伴うウイルスの活性低下と人の免疫力向上により、感染拡大が劇的に抑制されることを願いますが、そうならなかった場合は数年単位の長期戦となります。

今のような行動・移動制限を数年単位で継続したのでは、日本も世界も社会・経済が致命的に衰滅してしまいます。闇雲な行動・移動制限によらない効率的な感染拡大抑制策が不可欠です。

集団免疫(国民の一定数が免疫抗体を獲得)による解決がしばしば話題になる一方、その過程で日本だけで数十万人に達する死者が予想され、科学的・合理的な議論・検討がされません。

新型コロナは、高齢者・基礎疾患者と健康若年者で重症化・死亡リスクが著しく異なります。科学的・合理的に考察するなら、前者は徹底的に行動・移動を控える一方、後者は3密回避等を徹底した上で行動・移動制限を最小化することで緩やかに感染を受入れることが、前者への防波堤にもなり、重症化率が低いことから医療崩壊を招かず、人命被害を最小化できます。

以下をご覧下さい。
 『新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言』を踏まえたご提案
 http://www.LRT.co.jp/00info/200323corona.pdf
 日本方式の新型コロナ感染拡大抑制策のご提案
 http://www.LRT.co.jp/00info/200326corona.pdf

※多くの方の熱心な情報・意見・提案は貴重ですが、整理されていない長文の投稿は、他の有用な投稿を埋れさせてしまいます。「多くの方が情報共有できるよう、簡潔明瞭な表現を工夫し、原則400文字以内、最長でも1000文字以内」といった呼掛けをされては如何でしょうか。

投稿: 阿部 等 | 2020年4月19日 (日) 15時25分

国民の移動の自由は無制限ではありません。
都市を封鎖することも正当な目的であれば可能です。

西村、安部両議員は、憲法上要請しか出来ないとの考えの様ですが、憲法発祥の地イギリスでもアメリカでもフランスでも都市封鎖はしていますよ。

首脳が憲法を理解していないというのは悲劇ですネ。

投稿: 東大平行線 | 2020年4月19日 (日) 15時45分

なんか後手後手の政策、小さい所は潰して大きい会社だけ残して、内閣の言いなりして、あとは切り捨てしまうのかな!あと3ヶ月ぐらいはコロナで駄目だと思う!まずはコロナを止めて国民の生命、生活を守る!それから経済!各家庭に100万だして3ヶ月生き延びてもらって、各企業、中小企業、個人経営企業、の活動停止税金貸り入れ金の支払い保留して企業守り、コロナ終息後に国民みんなに20万ぐらい経済支援金配って内需拡大減税して日本を盛り上げてください!今の内閣見てると、なんだなぁと、思う。こんなんだったら、昔のゴジラの映画に出てきた。東宝内閣の方がマシ!

投稿: 影山里栄 | 2020年4月19日 (日) 16時16分

石破先生。いつもお疲れ様です。ブログいつも拝見させていただいております。

私なりに考えたのですが、以下二点の実現は出来ないでしょうか。

1、現状、土日祝日に集中している休日をずらせる企業はずらす。同じく、GWについても、対応できる企業はずらせるだけズラす。

2、位置情報をリアルタイム、もしくは5分、10分など細切れに収集し、各自治体に共有。人が普段より多くなっている地域については、地域の防災無線や、できるならスマホなどに、人が増えているという感染率高めの危険情報の通知を出す。

人の交差の減少と、身近な危険を自覚させる情報が大切かと思います。

愚申させて頂きました。
先生も、ご自愛ください。

投稿: 空北之風 | 2020年4月19日 (日) 16時33分

先にコメントさせて頂い点で、1件追加させて下さい。
一律10万円給付ですが、仮に所得制限を付けるとなると財務省はじめ関係各省の事務手続き煩雑になる事から、支給の時期が遅くなるので、それも避けなければならない事なので、所得制限の為の煩わしい手続きは排し所得制限なしの一律給付も可としても、衆参国会議員は一律に給付無し(給付辞退)とすべきで、せめて、それが国民の給付に対する支持が得られるのでは、考えます。

投稿: 清水 慶一 | 2020年4月19日 (日) 17時18分

    ≪崩してはいけない順序がある≫
情も心もある石破さんのご提言(案)に、国民への現金給付にマイナンバー制度の利活用が触れられているのは、当然のことだと思います。極東の島国と揶揄されても(それは愚者だけか…w)、日本は先進国かつ大国であり、時代は21世紀なのですから尚更です。
然し、残念ながら、今のマイナンバー制度には、ヒューマンとシステムなど様々なエラーが原因で、個人の重要情報が流出し悪用される危険がある。その危険は潜在ではなく顕在的という現実がある。
特に急激に恒産も恒心も喪った劣化社会では深刻であって、「なかったこと、ないこと」にはできない。そんな瑕疵あるシステムを、国家が都合好いという理由だけで使うのは過ちだと。
そもそも、瑕疵がない前提があり得るのなら、デジタル&ネットシステムは万能であり、喧伝され宣伝される通り、事務の大量処理が可能になる。極めて魅力的ですが、然し、瑕疵ありと承知で利用すれば、社会的に不都合な事件事故が大量生産される。後始末できない、後悔は先に立たない事態となると真剣に危惧します。
住基ネットが抱えてきた重大問題を放置してきた咎です。自民党政権が放置してきた咎でです。7年余りもの間、安倍愚猿に政治権力を委ねてきた咎です。「ならぬことはならぬものです」(什の掟)。≪急がば回れ≫か。≪因果は巡る≫か。
蛇足:安倍愚猿政権なら、その現実の故に、逆手に取って、やるかも知れません(哀笑)。国家に従順な庶民大衆を危険に曝して。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2020年4月19日 (日) 19時12分

一律10万円は有難いのですが議員の先生方の歳費2割削減って給料の2割だけで国民に寄り添う気持ちなんて言われても全く納得できません。全歳費の半額でも削減して医療従事者の方に充てる気持ちとかはないのでしょうか?自民党河合夫妻はろくに働きもしないで歳費満額支給なんて甘ったれんのもいい加減にしていただきたい。政治家はお金に汚いと誰もが思ってます。そう思われたくないのであれば歳費半額して寄付をして下さい。

投稿: 太田仁 | 2020年4月19日 (日) 20時12分

議員報酬返還について
昔なら、流行病や飢饉の時には代官様が米蔵を開いて農民に与えたものだが、現代の代官様はやれ10万だ、30万だといまだにごねている。今は未曾有の国難だから早急に国民一律10万円の給付金を渡すべき。何の為のマイナンバーなのか?高額所得者には次年度に確定申告や源泉徴収でコロナ給付協力税とか項目作って国庫に納付をして貰えばよい。
とにかく今早急に給付すべきである。ホントに判断間違えたら餓死者が出ますよ。
失礼な言葉使いで申し訳ありません。石破先生には頑張ってほしいです。応援してます。

投稿: 増澤法雄 | 2020年4月19日 (日) 21時10分

今大事なのは医療に携わるかたの健康と備品だとおもいます早く揃うようにご尽力ください。

投稿: 伊藤利一 | 2020年4月19日 (日) 21時36分

【 新型コロナの 行く末 】


新型コロナ終息は、概ね2年は覚悟しないといけないと。

(経済的な余波は、更に続くだろうが。)

なぜならば、パンデミックを引き起こしてる以上、

我が国だけの終息など あり得ないからだ。 世界が終息せねば、終焉は無い。

新薬の認可だって、最短でも1年、1年半は擁すと聞いている。


つまり、ここから導かれる 行く末は 4つある。


--

1) 全体最適 / 新型コロナとの共存。

人類は、過去から今に至るまで 多くのウィルスの脅威に曝されながらも、最終的には共存してきた。

今後、新薬が開発・投入されるにせよ、最終的には ” 集団免疫 ”の獲得しか、

出口は無い。


首相まで感染し、ICU送りとなった 英国は、それに挫折したが、

日本を始めとする アジア諸国は 様々なコロナウィルスとの共存に、

欧米諸国より、歴史があるためか(良くも悪くも不衛生という意味か??)、

知らず知らずの内に、

例えば、様々なコロナウィルスに対する ” 集団免疫 ”を獲得してきた可能性があると。

それが、欧米と比べて 死者数が劇的に 極小のアジア諸国の理由だと。

(じゃ、中国は? といえば、それは 単純に、非常に不衛生であり、医療環境が未整備だからだと思う。)


要するに、中途半端な「部分最適(経済がジリ貧の、過剰なロックダウンの繰り返し)」を求めるのではなく、

ある程度の犠牲を覚悟に、「全体最適(集団免疫の獲得)」を求める。

幾らの死者が出るのか? 幾らの死者を許容できるのか? 許容せねばならないのか?

ま、結果論かもしれないが。

チャイナは、強権政治が可能ゆえ 全体最適(集団免疫の獲得)を志向してるように思える。

トランプも そうしたいのだろうが、米国の民主主義が そんな乱暴は許さないだろう・・


日本は、どうするのか?


--


2) 食糧安保

世界恐慌 特に、感染症による 世界恐慌ともなれば、

全世界が、”(一種の)鎖国状態”である。


当然、食料輸出国も 非常時は”自国ファースト”なので、

輸出規制などを始めるし、流通網も、食糧生産従事リソースも寸断されてくる。


そうなると、真っ先に影響を受けるのが 食糧輸入国の我が国である。

TPPで、安い牛肉が入ってくるから それでいいじゃん!

高い経費の国内の畜産農家が どうなろうが、知ったこっちゃ無いぜ!

という お気楽なツケが こういう非常時に 回ってくる。


今、10万円の一括給付等という 中途半端な施策について、

メディアも、政治家も、誰もが 騒いでるが、

大きな視野で見れば 給付されようが、されまいが どうでもいい話だ。

要は、困ってる奴が 食い繋げればいいわけで。 その手段が、生活保護でも何でも いいわけだ。

メディアは煽っているが、日本の救済施策は 総合的(支払猶予や無担保融資等)にみれば、世界的にトップクラスの支援だ。


そんな目先の銭の話より 重要なのが 食糧安保の問題だ!!

俺は、今のパンデミック状況が 今後も続くのであれば、

3ヶ月後、半年後は 食料安保の問題が 深刻な社会課題として 浮上してくると睨んでいる。

正に、一部の業界、人間に係る話ではなく、全体・多くの国民に係る話だ。

スーパーに豊富に出回る 食肉の類も、半年後、1年後には どうなっているか?


フランスの様な 農業大国ですら、手厚い補助金で農家を保護してきた。

それは、文化的な側面以外にも、こういう非常時に対応できるためでもある。

我が国の国土面積は、フランスより大きい(平野部は小さいのかもしれないが)のだから、

やる気になれば、食糧安保の問題を 解決できるはずだ。


我が国は、農業というか 食糧安保問題に もっと投資すべきである。

食糧安保問題を軽視し、

外資に 我が国の技術、インフラを 安売りしてきた 安倍政権には 期待してないが。

> トランプ米大統領、190億ドルの農家支援策を発表 直接給付など

4/19(日) 12:52配信 ロイター


--

3) 宗教

今、中央政府が、グローバリズムが 大きく毀損されている。

新型コロナ終息後、EUは解体、チャイナも分裂に向かう可能性は 否定できない。


今回の”一律10万円給付”騒動に 象徴されるが如く、

公明党という ”宗教政党の集票力”に振り回される 自民党。


故に、今後は ローカリズム と 形骸化する中央政府に代わる コミュニティが、

幅を効かせてくるだろう。


最近の例で言えば、

アベノマスクの軽薄さに一瞥した 福井県という地方自治体による

 県内全世帯へ向けた 100枚分(50枚入り最大2箱)の購入券の配布施策。


今後の話で言えば、

そのコミュニティとは、地域コミュニティを 活性化し包括できるものであり、

その身近な象徴が 宗教団体だと 俺は考えている。

(それ故、我が国の 豊臣政権、徳川幕府や

近年では 隣国のチャイナ共産党などは、 ”外国勢力による 宗教団体を隠れ蓑にした 政治工作活動”を懸念し、

宗教団体への取締りは 厳しい。)


一握りの絶対的なカリスマに左右される 宗教団体の構造は 俺は、嫌いだが、

彼らは、地域コミュニティを 上手く掴み、活用できている。

それが、彼らの 抜群の集票力に結びついている。


例えば、子育て中の母親が、父親が頼りにならないのか 子連れで、宗教団体の会館へ行く。

教祖の説話、祈りの時間が終われば あとは、”公民館”状態である。

そこには、似たような境遇を経験した 主婦層がおり、

一種の相談窓口と化している。 会館のあちらこちらで、世間話に花が咲く。

そうしたコミュニケーションの場を楽しみに、会館へ行く方も 大勢おられるのではないか?


公明党も、その結党指針として

学会の池田大作会長の 「 大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく 」(1962年公明政治連盟第一回全国大会での挨拶)

を原点としている旨、彼らのHPに記載されている。

(https://www.komei.or.jp/result/story/)


ちなみに、俺は 学会信者ではないし 公明党支持者でもない。 「公明党 主婦」で検索したら 上位に出てきたHPだ。

只、私の周辺にいる 身近な職場仲間には 学会信徒が少なくないが、

彼らの多くは 勤勉で誠実で、要は 仕事を信頼して任せれる方々ばかりだ。

という好印象を 正直、抱いている。 彼らは、連立を組む 自民党安倍政権にも 比較的、好意的な方が目立つ。

入会を勧められたが、丁重にお断りした。


要するに、自民党は 共産党のマネではないが 宗教団体が持つ 集票力の根源となる 地域コミュニティを、

如何に構築し、活用できるかが 今後の党勢を決めるといって 過言ではない。

子連れの母親のように、一悩める大衆が 日々、気楽に 悩み相談に行けるような 地域コミュニティの場を構築できねば、

大衆の思い・悩みは受け止められないだろうし、それは 延いては 選挙における集票力の優劣に 如実に現れる。


幾ら、医師会を取り込んでみても 病院経営者が この候補を応援すると 言ってみても、

そこの職員全てが 心からそれに賛同するとは限らない。 そこに明白なインセンティブが生じなければ 尚更だ。

金銭等の 欲で繋がった 支持基盤は 脆いものだ。


--

4) 金融市場に侵食される 通貨価値


日本も、米国も、EUも、そして 東京都も 財政規律を度外視して、

金融緩和と その類を発揮し、株価対策を 大きく担っているが、


巨額のマネーで膨らんだ 今の株高は、虚構に過ぎない。

実体経済は、経済活動の低迷で大きく落ち込んでいる。 失業者も記録的な数に達すると見込まれている。

つまり、今の株高は

「 株価(企業価値)が上がっているのではなく、通貨価値が 下落しているのだ 」と。

それ故、株価が 高値を再び維持しているように 見えるのだと。


”(株高ではなく、)通貨価値の下落”を止めるためにも 金融市場に課税をせねばならない!!

通貨価値が下落すれば、勤労や貯蓄のモラル・美徳の インセンティブも消え失せる!!!


EUの盟主である ドイツやフランスが、日本と違い EUの中で 財政規律に拘るのは 訳がある。

2017年末時点にて、ドイツの国債の海外所有比率は、50%

フランスの国債の海外所有比率は、55% と過半を 海外投資家が担っている。

日本の11.2%、米国の38%、英国の27%、イタリアの36%と比べても、

海外投資家の動向が 国債の信任・金利に与える 影響は非常に大きい。


国債の約7割を 海外投資家に依存した ギリシャ経済の破綻例を見るまでも無く、

国債の国内消費、その背景となる貯蓄額の大きさ そして、通貨発行権の自主管理の有無は、

非常時の国家の体力・命運を握る!!


我が国は、1990年以降 デフレに苦しみ所得の伸びが鈍化したゆえか、

貯蓄率が 韓国やドイツ、米国以上に 大きく低下している。

この傾向は、いずれボディブローのように 我が国の基礎体力を奪っていくだろう。

日本人は、勤勉で貯蓄好き という「美徳」は、 もはや過去の遺功だ。


俺が、「 勤労のモラル 」を 古めかしくも 重要視する合理的な理由の一つが そこにある!


安倍総理が 総花的に推し進める ”テレワーク”も 馬鹿げている。

今後、進化していくAIに 最も取って代わられるのが ”テレワーク”ではないか!!


近未来は、AIに働かせ、人間は ベーシックインカムで暮らす?

馬鹿かと。 そういうのを 何とかの皮算用というのだ!

人間というのは 過度な楽をすれば 老若男女問わず 身体機能は退化し、認知機能も衰える。

国家モラルから 勤労が消失すれば 人的クオリティは低下し、国家も衰退・崩壊へ向かう。

ローマ帝国など 歴史が証明している。


AI国家の管理下で 細々としたベーシックインカムを糧に、生きる屍として 奴隷然に生きていくか?

我々の幸せとは 何か? 国家の原動力とは 何か?


--

ちょっと勢いで 書き上げたので、纏まりに欠く構成となってる気もしますが、

取り急ぎ、投稿します。


尚、最後に 気になるニュースを。


> 米空軍、戦略爆撃機をグアムから撤収 米本土からの運用に切り替えへ

4/19(日) 15:03配信 産経新聞


 米空軍は17日、中国や北朝鮮をにらんで 米領グアムに前方展開していた戦略爆撃機に関し、今後は米本土からの運用に切り替えると発表した。

グアムのアンダーセン空軍基地に配備されていた B52戦略爆撃機 5機は

16日、グアムを離れて米中西部ノースダコタ州のマイノット空軍基地に移動したとしている。


(略)

--

これは、何を物語っているのか?


・ 新型コロナで、経済余力の無い欧米の隙を突き 且つ、国内不満の捌け口に、

軍事的な挑戦を チャイナ・習近平政権や 北朝鮮・金王朝が試みようとしている 故か?


・ はたまた、新型コロナの終息が見えず、経済的に苦しむ米国が 戦争特需も兼ねて、

チャイナや 北朝鮮に 軍事的な挑戦を 試みる故か?


・ それとも、以前からの世界的なパワーバランスシフトの 調整スケジュールに沿った予定故か?


いずれにしても、親中従北的な 反日姿勢の文政権が 韓国総選挙で大勝した直後の タイミングで、

グアムからの戦略爆撃機撤収が 発表されたのは 偶然とは思えません。


文字通り、「 戦略シフト 」を 米軍は迫られたのだと思います。

新型コロナショックと 韓国総選挙における文政権の大勝で・・


投稿: ぴっぽー | 2020年4月19日 (日) 23時46分

【実態が明らかになっているのだろうか?】

 コロナウイルスとの戦いの最中にある欧州では不穏な動きが少しずつ明らかにされているようだ。Yahoo!に記事があった。

 『イギリスの新聞テレグラフは、新型コロナウイルスによる介護施設での死者を7500人とする推計を報道した。介護施設での感染拡大が問題となっているものの、政府は病院で死亡した人のみを発表しているため、介護施設での死者は公式データには含まれていない。』

 この手の話がシナ帝国で起きているのは早くから疑われていたことである。韓国では病院のベットに空きがないため自宅待機を要請された人が記事になり死亡。それが記事になっただけでも5人いるのが発覚し、しかも、それがコロナの死亡者の数に入っていなかったと指摘されたような話もある。病院で亡くならないとカウントしないというのは世界的に共通した、何かそのような規則でもあるのだろうか?

 コロナによる被害者数を隠蔽する目的というのが考えられるのだが、それは同時に当局の見落とし或は怠慢を知らしめることにもなるので、知られたくないために隠蔽に加担しているのだろうという推測もある。やや複雑な理由は当局の責任を認めたくないという動機が考えられますね。

 記事の後段には
『イギリスでは18日までに1万5000人以上が死亡していますが実際の死者ははるかに多いとみられる。政府は介護施設の入所者らに症状が出た場合に全員を検査することを決めたほか、正確なデータについて「まもなく公表する」としている。ただ、対応の遅さに「高齢者たちの死を無視している」との批判もあがっている。』

 医療システムの崩壊が考えられるような気がする。手が回らないと認めるのが怖いのかもわからない。
 背景にあるのは活発なウイルスの感染力だ。5月に向けて気温が上昇する。それとコロナウイルスの関係が何かよく解っていない。

 1月頃からあらゆるところで感染しているウイルスで気温零度辺りから今の気温15度~20度近くのあたりになっても、その活動が衰えないのは不気味な気がする。ある記事には体内に入り込んでから発症する寸前までが感染力が強いと書いてある。まあ、医者でもないのでそう云う事はさっぱりなのであるが、SARS等は気温の上昇と共に何でか知らないうちに衰えていったような印象があるので、この新型コロナウイルスがこれまでとは異なった新種の能力でもあるのかと思ってしまいますね。

 様々な立場の人が6月になれば終息するのではないかと言い出しています。これは願望丸出しの発言のようにも思えてくるのだ。根拠もない発言が飛び出ているという印象を受けます。それは、気温の上昇に期待しているのだろうと思う。しかし、誰もその理由を言わない。

 我が国の感染者も1万人を超えた。東京だけで3000人を超えた。私の予想より10日遅れている。それは自粛要請が人々の多くに行け止められなかった結果である。国会議員が人混みに向かって突進する。歌舞伎町などは人々が密集している場所である。

 それはさておき、非常に心配なことがある。立民を追放された国会議員の3月から4月の行動を洗ってみたらどうか?

 緊急事態宣言を出した当日に限定して自爆行動に出たのかどうかを探った方がいい。彼は国会議員を辞職したわけではないから、国会が汚染されることから防ぐ為にもウイルス検査を受けるように勧告しないといけないだろう。立民はこのテロリストの様な国会議員を党籍追放すればその責任から逃れられると思っているのだろうか? 追放と同時に検査を強制しておく義務があるような気がする。国会が汚染されたら責任は誰がとるのかと云う事だ。それが大きな不安である。 この国会議員がウイルス検査を受けたのであれば記事になると思っているが、未だその記事を見たことがない。だから大きな不安が残ることになる。

 新聞記事にあった党代表の発言だ。

『立民の枝野代表は15日にツイッターに投稿した動画で「議員辞職に値する無責任な行動だ。おわび申し上げる」と陳謝した。』  これで終わらせて国会内でウイルスがばらまかれたらどうするのだ?

 高井議員のウイルス検査を終えてから上記の発言に持って行くなら話は解るが、肝心な部分は何もない、他社の記事を見ても何もない。党を追放された議員はどうなろうと知った事ではないが、国会議員の身分のままなら国会内を徘徊するだろ。何も感じないのか?
 人権うんぬんを持ち出して何もできないなら彼以外の国会議員が枝野の得意技のようなフルアーマー姿で国会内を徘徊する羽目になる。国会事務局職員も同じだ。一人の国会議員の常識のない行動によって我が国の国会が機能不全に陥ることになる。

 立民は名前を残したいから何もしないのか?  テロ政党と呼ばれることになるだろう。

 自民党にはマスクで暴利を食む議員が記事になっていた。これはこれで恥ずべき行為だ。誰も批判できないのだろうか?
 

 国会議員の行動は注目を集めてしまう事になる。良い意味でも悪い意味でもそうなるのだ。おバカな認識を晒すことも国会議員であれば批判の対象になる。国難にあるという認識がなければ議員の立場にとどめておく必要がない。そのような人は去ってもらうしかないだろう。

投稿: 旗 | 2020年4月20日 (月) 01時20分

お世話になります。
仮想通貨、ビットコインの価格(市場)操作は許されるのでしょうか?

URLにあるTwitterにあげたログは、モッサム、本名、本山真(もとやままこと)のものです。
http://www.miyahara-mental.com/doctor.html
ここの医院長なのですが、長く出勤しておりません。

電話番号のひとつは09044293137
私は大学時代の知人ですが、ここ数年「生き霊」のように常に取り憑かれ、自殺まで考える程に被害を受けております。本人に連絡をしても止めません。
全ての元凶は、仕事もろくにせずに済む境遇だと考えております。
どんな形でも構わないので、捜査して頂けませんでしょうか?
(常識の範囲内でのストーカー行為であれば警察にも相談できるのですが、全ての介入が遠隔によるものであり、証拠もありません。病院に相談しても精神疾患だとされます。他に助かる方法がありません。このままでは完全犯罪のうちに殺されます。)
どうか宜しくお願い申し上げます。

投稿: Okanishi Koji | 2020年4月20日 (月) 04時40分

毎日の政府の混乱にうんざりしている一人です。
石破先生の見解はすっきりして的を得ていると思います。
特に思うことは、世界を見ておられるということです。コロナは地球規模です。狭い見解では何も解決しません。
どうか体に気を付けられてコツコツと訴え続けてください。いつかは伝わります。
私は応援しています。

投稿: 今井薫 | 2020年4月20日 (月) 07時14分

コロナ終息後の世界はどんなふうになっているのでしょうか?
都市集中傾向の転換やテレワークがどの程度浸透するか、気になります。

投稿: くま | 2020年4月20日 (月) 08時18分

【 テレワーク推進で、オフィス需要は減少、

Cafeなどの シェアオフィス化が加速すると 思われる。】


新型コロナの影響で、


テレワークが推進されれば、(既存で十分の)リモートデスクトップ環境で

自宅から 会社の各自PCなり、サーバなりに アクセスする形態となるでしょうから、


それは、オフィス需要の減少を意味するでしょうね

家賃というのは、固定経費の中で 人件費に次いで大きな割合を占めますので、

そこを削減していく傾向は 大都市圏ほど 顕著になるでしょう。


逆に、スタバとまでは行かなくても 比較的リーズナブルな カフェなどが、

今後、”シェアオフィス化”していく形態が 加速していくだろう。


(以前、ホリエモンが スタバは 自然とWeworkになってる みたいな話をしていたが、

鋭い指摘だと思う。)


--

癒しの動画)

●> (4K) Scotland Highlands by Drone! + Chillout Music - Nature Relaxation™ Aerial Film - Isle of Sky

https://www.youtube.com/watch?v=s4M1Olicgck

●> Cheetahs - High-speed hunters of the Savannah

https://www.youtube.com/watch?v=512EAAsksVc

●> ヘビにも負けないカリフォルニアジリス

https://www.youtube.com/watch?v=PgOM2_CFCIM

投稿: ぴっぽー | 2020年4月20日 (月) 08時37分

東京でもコロナ感染者が多い区なのですが、駅前のパチンコ屋は営業してます😭😭 個人商店も自粛して頑張ってるのに😢これでホントに終息するのだろうか…😥
我が家はソーシャルディスタンス実施中😹(しなくていいにゃ😆)
#とろねこチャレンジ https://t.co/hVxp7vF7fD

投稿: 元陸自母 | 2020年4月20日 (月) 08時50分

この非常時に具体的な活動が全く見えてきません。テレビを見ていてもインターネットにも石破さんが何を言った、どうゆう動きをしたという情報は伝わってきません。ただ国民は我慢しなさいということでしょうか?毎日のようにテレビに出て発言すべきではないでしょうか。
『連休中の移動制限等の措置を徹底し』『感染拡大のカーブを出来るだけや緩やかなものとして重症患者の急増による医療崩壊を回避し』これらは誰もが望むこうしたいという希望であって具体策は示されていないように見てて仕方ありません。

投稿: 濱窪侔 | 2020年4月20日 (月) 13時15分

新型コロナウィルスと、自粛の言葉が強く出るようになって、東北大震災の時より、しっかりニュースだけでなく、政治を見るようになりました。
日本人として、日本語や社会学の勉強のやり直しとなることに大反省しています。

ひとりひとりに、10万円給付金と、公共料金無料にして欲しいです。特に、電話通信代金です。25歳以上の学生もいる上、仕事でコロナになれないので働けません。

いっぱい店が閉まったり、倒産しているので、生き物の犬やネコたちの行方が心配です。動物たちを売り物にして、もうけている場所の動物どうなるのですか?
自粛と言われて、犬の散歩で外に出ると、散歩に、密集して、何人も歩いているので、病院等除いて、奇数日数は男性のみ外に出て良い日、偶数日数は女性のみ出て良い日に分けられませんか?そうしたら、日数感覚や曜日感覚等の頭の体操になり、不要な人の出入りがなくなると思います。

国会議員は、会社のように、解雇できないのですか?国会議員の、リモワークは交通費出るのですか?
いちばん、選挙で実行して、実現化して欲しいことは、選挙の時、最高裁判官を記入するように、国会議員を記入し、国民の意見を素直に聞いて欲しいです。書かれた人は(退職金、給料等なしで)退官して欲しいです。

投稿: そら | 2020年4月20日 (月) 14時07分

石破先生

今晩は!!。
日毎に気温は上昇しつつあり、木々の芽吹きもかなり伸びて輝き、すでに晩春の様相となって参りました。本来であれば行楽を喜び、新緑を楽しむ季節であります。しかし国民はすべてに於いて不安の最中にあり、慄くばかりであります。週明けの投稿者数が95件と初めての最高件数であり、そのほとんどが悲鳴に近い声であります。
民意第一の政治姿勢の先生に於かれましては、心痛の日々である事と心よりお察し申し上げます。小生は先生と同郷、鳥取県出身の「国の将来を憂う」者であります。

さて、本日はコロナ禍に対する推移の事より、その対策に向けて言及してみたいと存じます。
政府は過日4月16日、これまでの緊急事態宣言発令地域に加え、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府をも「特定警戒地域」と定め、併せて緊急事態宣言を全国規模に発令しました。その上で、国民の7割~8割の外出自粛を要請しました。そしてこれに合わせ、経済対策として給付金支給を困窮者世帯へ30万円ではなく、一人当たり一律10万円の支給と決め、総理からの混乱のお詫びと共に発表がなされました。ところが、麻生副総理によれば「手を挙げて希望する者!」との、独自の見解を述べてしまいました。これには驚くばかりか、あきれ返ってしまいました。

最近の安倍内閣は、色々な対策に対して菅官房長官との擦り合わせが無く、総理自身が補佐官と決めてしまいその決定したことも、副総理が違う見解を述べるなど、コロナ禍の医療崩壊と云う前に、政権の崩壊と云うべきではありませんか?まさしく安倍総理は誰も信用できず「裸の王様状態」であります。
平常時であればある程度回る政権運営も、この非常事態に際しては的確にしかもスピードが要求され、それが出来ず能力も無く覚悟もなければ、自ら辞任すべきであります。

最早、国家国民にとって大きな悲劇であり、その罪は大きいと言わざるを得ません。
コロナ禍が未知の疫病と云うことの不安に加え、国民の大きな不評を買うことなりました「緊急事態宣言発令の遅さ」、「補償無き自粛要請」、「アベノマスク」と云い、「経済支援対策の混迷」と云い、その迷走が国民には解っているための不安の増大なのであります。

大震災、台風や大水害などに加え、疫病など、天災の発生は人智の及ぶところではないものの、その対策の不備はまさしく「人災」と云うべきであります。民主主義によって選出され、為政者となっても、能力も覚悟も無く、その政権運営の過程において、国民からの信頼も無ければ、これらの為政者は排除されるべきであります。自民党を初め公明党の与党議員は、「国民の負託を受けた公僕である」との自覚があれば、何故自浄作用を働かせ内閣総辞職を与党内でも動議出来ないのでしょう!!??非常事態だから無理ではなく、非常事態だからこそ必要なのではありませんか?すべての与党議員に対して猛省と自覚を促したいと思います。

そのコロナ禍対策において昨日、西村経産大臣は感染者の軽症、無症状者のための収容施設として、21万人分の部屋が確保出来たとの発表があり、すでに6000室は契約が済んでいるとの公表がありました。しかし、肝心な事はマスク供給、保険適用後のPCR検査の実施状況などと云い、その後の実施フォローがなされず適宜情報発信がなければ、又もやアドバルーンとみなされ、国民からは信用されません。対策の実施推移などの情報は正しく発信を行い、政、財、民一丸となって対応することが肝要であります。

そこで今回の提案としましては、鳥取県平井知事が推進を決めました①「ドライブスルー検査の実施」、又、この今回の新型コロナウイルス肺炎の収束は2022年まで掛かると言われ、大阪市が決定しました総合病院ではなく、十三総合病院の感染対策指定病院などのように、全国の地域毎の②「トリアージ方式による感染症対策指定病院の設置」を早急に整えるべきであります。又、更に我が国住居の大半は狭い事を考慮に入れ、③「軽症者、無症状者の自宅収容は絶対避けるべき」であります。家族間によるクラスター化が起こっているではありませんか。

次に、世界的コロナ禍に隠れ秘かに進行しています世の中の動きに対しても、しっかり目を向け注視すべきことがあります。
最近中国と国境を接していますロシアの動きであります。ロシアのプーチン政権は益々独裁色を強め、プーチンは皇帝への座を狙っているのでは?との世評があります。又中国は東シナ海への進出覇権が強く、東シナ海への海洋進出が相当進んでいます。すでに既成事実化を行い、南沙諸島を基地化いていて、フィリピン初め周辺諸国は警戒を強めています。ロシアとその中国が連携すれば、かなりの領土的範囲となり世界中の脅威となります。又、中国、ロシアは嘗て日清・日露の戦争に於いて我が国日本に敗れて居り、その怨念は決して消えていないと見ています。コロナ禍の収束後、アメリカは経済的にも政治的にも疲弊を来たすと予想され、日米安保体制は脆弱化となり、新たな仕組みの構築が望まれることになりそうです。今から我が国の将来の安全保障に向けて新たな策定を急ぐべきであります。

最後に、GPIF「年金積立金管理運用独立法人」の2019年の運用状況であります。
上半期に於いては17兆円の運用益があったものの、下半期の現在に於いては7兆円と大幅に減額してしまったと伝えられています。約3年前、それまでの株式運用を25%から50%に引きあげ、この今回のコロナ禍による大幅下落によるものであります。その時大きな声で反対論争を展開しました野党議員はすでに離党届をだし、与党自民党に擦り寄り二階派に所属して次回は静岡より立候補すると言われています。株価の上下は必ずあるとは言うものの、これだけの大幅減を出しいても、GPIFは何ら責任を取らなくて良いものであろうか?年金生活者は目減り目減りの連続でありであります。益々困窮していることを果たして政府は理解しているのだろうか?と不信感が募るばかりであります。

投稿: 桑本栄太郎 | 2020年4月20日 (月) 22時45分

党内野党の重要性を今ほど感じることはない
日本を導いてほしい

投稿: 倉吉市民 | 2020年4月20日 (月) 23時07分

石破先生、いつも応援させていただいております。
先生に相談することではないかと思いますが、教えて下さい。
介護用の親と同居していますが、私の他に頼れる親族はいません。
いつ、どこでコロナに感染してもおかしくない状況で、もし私が感染、隔離された場合、親のこと、どこに相談したらいいでしょうか?
ツイッターで群馬県の知事に投稿しましたが、アクションはなし、障害を持つお子さんを持つ親御さんから、同じ不安を持っているとのメッセージをいただきました。
どうか、ヒントを頂けますよう、お願い申し上げます。

投稿: 佐藤誠司 | 2020年4月21日 (火) 00時09分

石破さん、こんばんは
政治家の方にメッセージを送るのは生まれて初めての事です。
深刻度を増して行くコロナ禍に、不安やストレスも膨らみネットでは刺々しい言葉が飛び交い、自身でも怒りや不安を吐き出してしまいそうになる日々です。
今日ふと、以前にフォローさせていただいた石破さんのブログを思い出し拝読いたしました。

早速、ブログで紹介されていた「感染列島」観てみました。

WHOから来た女医、冷徹で支配的な彼女がチームの人選をする場面では、無くしていたものを思い出したような気持ちになり涙がこみ上げました。人と人との心の絆、信頼。
もしかしたら私はこの絆を見つけたくて、石破さんのブログを見に来たのかもしれません。
この映画の最後のメッセージ「たとえ明日地球が滅びるとも、今日君はりんごの木を植える」…。直向き、前向きな言葉で締めくくられました。
現実に目を向ければ、感染症に襲われている渦中、そんな中で、定年延長の閣議決定や農家の方々を苦しめるような種苗法の問題など心配なことばかり。政府は毒りんごの木を植えようとしているのではないか、いや既に植えているのだと思えて来ます。
どうしたら良いのでしょうか。
私達は共通の土台、、正しさとか倫理とかも失ってしまったのでしょうか?
あまりにおかしなことばかりです。
石破さんなら、毒ではないりんごの木を植える仕事をしてくださるのではないだろうか?
そんな願いを込め、勇気を出してメッセージを送ります。どうか石破さんに届きますように。

投稿: おがわ | 2020年4月21日 (火) 00時29分

【言うだろうと思っていたが本当に云うとは思ってなかったこと】

 時事にその記事があった。最近の米国の惨状から、シナ帝国に賠償責任を求める動きが記事になっていたのは承知していた。欧州も一部それに追従する様な記事があった。

 しかし、過去に起きたスペイン風邪とかの件についてはそのような事態がなかった。そこは気になっていたのであるが、シナ帝国は反論をしている。時事の記事だ。

『【北京時事】中国外務省の耿爽副報道局長は20日の記者会見で、トランプ米大統領が新型コロナウイルスの拡散で中国政府の責任を問う構えを見せていることについて、「エイズは最初に米国で発見されたが、米国に責任を追及した者はいるのか」と反論した。

 
 耿氏は2009年に北米から世界的に流行した新型インフルエンザにも言及し、「米国は誰かに賠償したのか」と強調。その上で「中国もウイルスの攻撃を受けた被害者であり、加害者ではない」と語った。

 米国では湖北省武漢市にある研究所から新型コロナが流出したという見方が提起されている。トランプ氏は18日の記者会見で「中国政府に故意の責任があれば、(相応の)結果を招く」と述べた。 』

 エイズもまたこの新型コロナと似たような容疑があった気がする。自然界に存在していたウイルスであったとは思うが、人の手が加えられたのではないかという容疑があった。そして、不明な状況が今もあるが、エイズの場合も生物関連の研究をしている研究所から過失があって漏洩した疑いがあると思われている点も似ている。

 どちらも決定的な証拠がないのも、また同じだ。怪しいという話なのだ。

 ただ、世界中に簡単に広がった。エイズの場合は治療薬がなく、症状を抑え込むような薬ができ、なんとか生き長らえることになったのだ。それまでの数十年間は感染してしまった人は、ただただ苦しみながら死を迎えるだけであった。被害者は数億人になるのかもわからない。感染者も半端なく多い。
 新型コロナは拡大感染して4か月。死者は約20万人に迫る途中である。

 まあ、発祥の地であるという点が責任問題と重ねることになるのかどうかだ。大きな問題はエイズは、どんな病気なのか直ぐに解らなかったので、対応に苦しむことがあった。
 新型コロナはシナ帝国の地方政府の隠蔽工作とかがあったとされていることで被害の拡大を防ぐ時間を失わせる事態となり結果的に大きな過失責任がそこにあるのが判明している。意図的に隠蔽した疑いもあるようだ。隠せば病気は蔓延しないと本気で考えていたとすれば基地外のなせる業である。その点がシナ帝国の弱みだ。隠蔽工作を主導したとされる地方政府の幹部を一掃したというニュースがあったらしいが被害の大きさを見れば過失であったとしても、その責任が重い。

 エイズに関して言えばシナ帝国は長い間自国にはそのような病気はないと言いきって、WHOの調査に協力すらしてこなかった時期がある。10年前の2010年頃に態度を変えて「実はエイズ感染者がいる」と認めたのは有名な話だ。そういう事情なのに、今になって、米国にその責任を求めるとは笑止である。

 彼等は実際の処、何かを研究していて、漏洩させてしまったのだろうと思っている。証拠はない。
 過失なのかどうかが問題だ。それはエイズについても、この際はっきりさせたほうがいいような気もする。

 ワクチンはまだない。もしかするとシナ帝国が快方に向かったのは生物兵器としてのコロナウイルスであった可能性がある。と云う事で治療薬が既に用意されていた疑いを喚起させるような流れもあるのだ。中南海では感染者が増えなかった。これが非常に怪しい。前にも書いたがこの容疑を晴らすような記事は未だにない。

 過失で蔓延して武漢を封鎖したからおさまったというような単純な話ではないと思っている。出発点は「シナ帝国がそれを研究していた」という処から始めないと話が噛み合わない。生物兵器は治療薬があってワンセットである。

 地方政府の隠蔽を懲らしめる為に放置して、ある程度ヤバくなったところで封鎖に持って行き、拡散しないように操作をして、中央政府の幹部達は治療薬を手にしていたのではないか?  4600人ほどの死者は嘘の数字だと思うが、それを公表することで自分達も被害者だ。痛い目に遭ったのだと主張しているように見えるだけだ。

 まあ、検証をやるにしてもWHOはシナの側にべったりなので思うようにならないだろう。米国にとっては負け戦だ。

 シナ帝国にして見れば軍事機密でもある治療薬の存在が暴露されれば、世論は変わる。WHOも対応が変わるだろう。それがシナ帝国が引き起こしたと云える証拠になるからだ。それが出来れば・・・・という話である。まあ、何とも言えませんね。

投稿: 旗 | 2020年4月21日 (火) 01時19分

【先のことについての見通しもない国会議員が反省をする日が来るのか?】

 偉そうに云うわけではないのだが、1月頃の国会審議は野党の採り上げる質問の時間配分において、産経だったと思うが、モリカケがらみの財務省他に全体の五分の四を充て、コロナ絡みの質問は僅かに2分以内だと言ったような記事を見た。
 そして2月になってもそれが同じような展開のままだった。なのに、立民の枝野は2月からコロナを問題提起していたなどと、なかったことを さもあったかのように主張したのは最近の姿である。2か月ほど前のこと等は認知症でもない限り、そう簡単に忘れることはない。
 今、東京のコロナ感染者は3000人を超えたそうだ。2月頃には、まさかこうなることは考えもしていなかったから呑気に無関係な問題ばかりの質問を時間の限りやっていたのだろ思うが、今を見て何か考えることがあるなら声明でも出してほしいものだ。貴重な時間を無駄に浪費していたのではないかと国民の多くが思っている疑問だ。それに答えてほしいものだ。
 医療用具すら枯渇しかけている地域があるという記事もあった。準備が整っていなかったからだろう。国民への呼びかけも響かなかったのは国会議員がこの問題をモリカケのついでに、採り上げている姿があったのではないのか? 「・・・のついで」なんだ。それほど簡単な問題のような姿勢が野党にあったのが今に影響しているとは思わないのだろうか?

 国会議員の行動は注目されていると云う自覚がどこにもないように見えます。歌舞伎町に突撃しても平気だったのは誰も見ていないと思ったからだろ。ところが見られていた。新宿のどこかの交差点で交通警官相手に騒いでいた国会議員もいたようだ。これもしっかり見られていることがネットで話題になった。こういうしょうもないことだけが注目される野党の国会議員は、東京都内の感染者数をどう思って見ているのか知りたいものだ。

 認識を問う事は何を考えているか知る最初の一歩だ。医者相手にマスクを商売しているのがばれた自民党議員にも聞きたいことでもある。行動は注目されている。マスクなどは今は転売すら禁止の対象になっている製品である。それを決めたのは国会議員だろ。その国会議員が商売のネタに使うということに何も思うことがないのか?
 
 こういう時に見たくもない本性が顕れるものなのかもわからない。

 安倍政権が大きな間違いで終わりそうなのは、長期に渡る政権であったが故に花道の時期の選択に大間違いがあったからだ。

 この病気がなければ3月に昨年お亡くなりになった大勲位のお別れ会を政府主催で予定通り開催し4月には習近平を国賓としてお迎えし、7月の東京オリンピックの開会には主催国の総理大臣としてマリオの格好で出迎えるつもりでいたのかもわからない。そして悠々と9月を迎えて後継人事に偉そうな御託を並べて、何十年後かには戦後初の正一位の位階を受け、戦後2人目の大勲位になる夢でも描いていたかもわからない。

 まさにこの病気さえなければ安倍氏の世界は転げ落ちる寸前の織田右大臣信長であった。

 欲が邪魔をしたのだろう。運命の女神が、ヤなこったと言ったのかもわからない。この病気の蔓延が変えたものは非常に多い。70歳ぐらいでは若死のように扱われていた昨今で、70歳で感染から死に至るまで僅か10日ほどだったコメデイアンの死は強烈だった。本人にとってみても予定にはなかった死だろうと思います。何もかも予定を狂わせてしまっている。


 国民の認識も軽いものであったから大学生が卒業旅行に欧州を選択し、ウイルスを持ち帰って盛大にばらまいている。帰国時の空港で隔離検査とか何もなかったそうだ。

 危機感を持つのは個人の自由と思っているのだろう。そういう意識が国会議員に溢れていますね。与党にも野党にも、そして政府にも・・・・。どこかで踏み応えて持ちこたえないと坂道を転げだしますね。例えに出すのは悪いが、イタリアのように雪崩のような事態が待ち構えているような気がする。

 気持ちが切り替わっていない人がまだおられますね。ネットにもあったが、GWの旅行を計画していた人がいて、キャンセルしたくないという人がいると心配している人がいた。未だに現状の理解が何もない人が存在するらしい。

 昨日とは違う今日 というのはなかなか難しいものがあるのかもわからない。逆に自分だけしっかりしたつもりになっていても対応が難しい問題だ。黙っていても感染するからだ。

 訓練されていないと、とっさの対応が出来ないのも事実である。それが良い事なのかどうかは別の問題ですね。

投稿: 旗 | 2020年4月21日 (火) 04時36分

日本の医療崩壊を防ぐ。新型コロナウイルス抗体検査による「免疫の壁」

投稿: nanchatic | 2020年4月21日 (火) 09時21分

朝日:10万円給付、閣僚は受け取らず 自民の国会議員も調整
https://www.asahi.com/articles/ASN4P020MN4NUTFK016.html 
⇒休業要請などの影響はないんだから、自民に限らず野党を含む国会議員の全員、夫々の秘書や政党職員、霞が関などの高給官僚、政治の周辺に巣食う外郭団体職員なども受け取りを自発的に自粛するべきでしょう。それが、下々の実体経済とは関わりがない生活を営む、所謂 ≪上級国民≫の要件だと。「寛容で謙虚で公正な政治行政」とはそういうことでもある。安倍愚猿や麻生老猿や手下猿らには、思いも寄らぬ想定外の手法である。
⇒規制にせよ支援にせよ、先ずは ≪大きな網を掛ける≫、その後に ≪細部を例外で救い上げる≫ のが佳い。政治のスピードが上がる。後手を踏むことはない。【経営の要諦は例外の上手な運営にあり】とはその謂いです。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2020年4月21日 (火) 09時59分

 報道でご存知の方は多いと思いますが、去る4月17日にJR北海道の札沼線(学園都市線)の非電化区間が最終運転を終え廃止されました。正確に書けば廃止日は5月7日で、それまではコロナ禍の影響で運休となり、事実上の廃止日繰上げとなったものです。
 私自身は、道内で感染拡大への危機感が増しつつあった2月中旬に「今後は状況が悪くなるだろう。おそらくこれで最後のお別れだな」との想いで現地を訪れ、雪景色の中を走る列車の撮影や乗車をしました。
 廃止区間の沿線自治体は、当別町、月形町、浦臼町、新十津川町です。どれぐらいの人が知っているかはわかりませんが、月形町の由来は、初代樺戸集治監の典獄(監長)であった月形潔(つきがたきよし)の名前から来ています。集治監とは、後の監獄であり現在の刑務所です。樺戸集治監は明治14(1881)年に北海道で最初に設置された、全国でも東京、宮城に次ぐ3番目の集治監であり、囚人たちが過酷な労働で北海道の開拓に尽力しました。札沼線が開通したのは昭和10(1935)年です。
 このような歴史を知る時に、今回の鉄道廃止は止むを得ない事ではあるものの、単に現在の経済財政事情だけに捕らわれず、「生きていく上で何が大切か、何を守らなければならないか」をこの有事の際に考える機会としなければ、今後は我々に壮大な「しっぺ返し」が来る気がしてなりません。
 監獄と言えばイメージが暗くなりますが、実際の月形町は朝に丹頂鶴の鳴き声で目覚めるなど「ちょっといいまち」(同町のパンフレットから)です。10万円を頂いたら、特産品の「ダイナマイトスイカ」を買ってみたいと思っています。

 一つ提案がありますが、移動の自粛要請に従わない人からの負担をお願いする意味で、これからの時期「高速道路・有料道路の一時値上げ(乗用車のみ)」をして、通常料金との差額を国、自治体の財源に充ててはどうでしょうか。

投稿: 北島 | 2020年4月21日 (火) 12時00分

朝日:山尾志桜里衆院議員インタビュー https://bit.ly/352zb5D 
≫改正新型インフルエンザ等対策特別措置法の採決で、立憲民主党の賛成方針に抗し、採決で反対し、その後、離党した。
≫・大切なのは議員の思考の過程や判断が国民の前に「明らかに」なること
≫・権力の同調圧力に屈しない野党を
≫・打破すべき立法プロセスの閉鎖性
≫一生、国会議員を続けるのが当然とは全く思っていない。ただ、自分のやれることを生かして社会貢献したい、それが仕事の喜びだなという…物差しで考えてゆきたい。

⇒彼女は極めて正統派の♪男前♪ですね。素晴らしい。
(男女差別ではありません。単なる慣用句ですw)
⇒山尾さんにはxxチルドレンなど国会に溢れている馬鹿議員の資質不足や性根の歪みなどを「明らかに」して戴けると国民は助かりますけどね~。特に今の極東の島国はこういう優れたご仁は孤立しがちになる世情ですから、そのままでは勿体ない。熱い注目とエールを贈りたい。
余談:民主党政権発足時2009年の12月…ですから今から10年余り前、或る色が付いた某所で若き山尾議員と挨拶させて戴く機会がありました。愚者がその色に話を向けたところ、微笑みながら♪私は小沢チルドレンではありません!♪ とキッパリ否定された。その凛々しさに、忽ち惚れて仕舞ったたことでした(微笑)。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2020年4月21日 (火) 13時47分

”The 2020 World Press Freedom Index” by Reporters Without Borders(国境なき記者団)
Japan https://rsf.org/en/japan
おめでとうございま~す。♪ニッポン!チャ!チャ!チャ!♪去年の67位から66位に ≪大躍進!≫
ArgentinaとGreeceの下位だが、Bhutan、Côte d’Ivoireより上位。慶ばしい。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2020年4月21日 (火) 14時00分

世界一流のジャーナリズムは容赦がない。重篤な歪みに目を瞑っていても、激しい痛みに襲撃されます。猿の島国ではなく「普通の先進国なら」…ですが。
Japan is a parliamentary monarchy that, in general, respects the principles of media pluralism. But journalists find it hard put to fully play their role as democracy’s watchdog because of the influence of tradition and business interests. Journalists have been complaining of a climate of mistrust toward them ever since Shinzo Abe became prime minister again in 2012.
The system of “kisha clubs” (reporters’ clubs) continues to discriminate against freelancers and foreign reporters.
On social networks, nationalist groups harass journalists who are critical of the government or cover “antipatriotic” subjects such as the Fukushima Daiichi nuclear disaster or the US military presence in Okinawa. The government continues to refuse any debate about a law protecting “Specially Designated Secrets,” under which whistleblowers, journalists and bloggers face up to ten years in prison if convicted of publishing information obtained “illegally.”

投稿: 黒山椒 無躇 | 2020年4月21日 (火) 14時25分

現状を見ていていくつか思うことがあり、素人考えですが意見をさせていただきます。

「医療機関等でのクラスターについて」
医療機関や介護施設でのクラスターが多発しています。
医師といえど、感染・検疫の専門家ではないため、クルーズ船のときと同様のことが現場で起きているのではないかと感じています。先生も③、⑤等で触れていますが、感染・検疫の専門家の見地から、「こうすべし」という具体的な策を、広く知らしめて欲しいと思います。

「一般人への専門知識の報知」
また、3蜜を避ける、とか、手洗いうがい等は、国民の一部を除けば、かなりの人が実行していると思います。そうなってくると、もう一歩進んだ知識を欲している国民も多いと思います。
仕事等で、やむを得ず、満員電車等、混み合った場所に行った場合等、ウィルスをオフィスや自宅に持ち込まないために、医療等の現場で実行していて、一般人でも実行できることがあるのではないでしょうか?

例えば、介護等のために年老いた親のところに行った場合、手洗い、うがいに加え、移動中に着ていたものを、キレイなものに着替えたりすれば良さそうだと思いますが、そのときも、感染・検疫の専門家の知見で、一般人でも役に立つものがあると思います。そのような、いまよりも一段階進んだ情報の報知を願います。

「税、支払の繰り延べ」
企業も家庭も、収入が減り、支払に困っています。企業間の支払はとりあえず別としても、各種税金、家賃、住宅ローンをはじめとする各種のローン、学費等について、支払期限を、例えば3ヶ月、半年、一律に延ばすことはできないのでしょうか?延期期間が終わった後、税金を倍払うとなれば、それはまた負担が大きいので、その後も、期限を全体的にスライドする。その間、収入が減る金融機関や教育機関に対しては、公的な支援もしやすいと思います。となれば、賃貸の大家さんや不動産業者に対しては、支払有用期間の間、融資をすれば、その後、家賃等は入ってくるので返済も可能。政府としても、支出は抑えられるのではないか?と思います。このような仕組みを作るのは大変でしょうけれども。

「農業等への人的支援」
企業等は、補償をすれば、休業対応できるところも増えると思います。一方、待ったなしなのが農業、畜産等だと思います。田植え、種まき、収穫等は待ったなしです。しかし、例えば長野県の川上村等では外国人研修生に人手を頼っており、入国できな現在では、人手不足だと聞きます。県を跨ぐ等、広範囲に行うとリスクが高まりますが、同じエリアで休業している人、学生等でカバーすれば、お互いに助かるのではないかと思います。

投稿: すぎも | 2020年4月21日 (火) 18時11分

【外しまくりの実績しかない人々がまた何か言っているようだ。】

 韓国政府と彼等のメデアは金氏朝鮮の動向について正確に言い当てたことが非常に少ない。どっちかと云えば見当違いな結果になることが多い。そして基本的に金氏朝鮮がどう動いているのかについての判断能力がないので外れてしまいます。
 1950年の朝鮮戦争の勃発などは最悪の例である。金氏朝鮮側の軍が移動しているという事実さえ気が付かないまま、我が国の対馬に向けた攻撃をどうすればいいのか検討中であった。
 李承晩の眼中には金氏朝鮮の姿が最初からなく、それが元で開戦後2日目にしてソウルから逃亡する事態になったのだ。
 また、張成沢の裁判から処刑に至る一連の動きについても韓国がそれを知ったのは米国他より遅れていたという話があるらしい。また、張成沢の奥さんは金正日の妹なのであるが張成沢の処刑後、どこかに追放されたとか、自殺したとか言い出したのは韓国のメデアと韓国政府である。それらがすべて出鱈目であったと解ったのは最近検証されたばかりだ。このような出鱈目の妄想が元になったような話なら韓国には沢山の例がある、長くなるの書かない。彼等は直ぐ隣の国の動向について最も遅れた情報しか持たないのだ。そこが、CNN他のニュースに噛みつくようなコメントを韓国政府が発信した。

 Yahoo!に掲載された記事である。
『【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)に健康上の問題があるとの報道について、韓国青瓦台(大統領府)の姜ミン碩(カン・ミンソク)報道官は21日、記者団に「現在までに北の内部に特異な動向は確認されていない」とのメッセージを送った。

 青瓦台高官も聯合ニュースに対し、「金委員長は現在、側近たちと地方に滞在していると把握している」として、「健康異常を裏付ける特異な動向は把握されていない」と伝えた。

 また、「(朝鮮)労働党、軍部、内閣も非常警戒などの特別な動きを見せていない」とし、「金委員長は正常に活動しているように見られる」と述べた。』

 CNNは金正恩重体説をニュースに採り上げ配信していた。それに対する反論である。なぜ、隣国の指導者の健康問題に首を突っ込んでいるのかと云えば、本日朝から韓国のウォンが不気味な動きをしていたからである。重体説が流れると一気に為替相場が蠢動したようだ。金融危機は早くから韓国を襲っている。正常な経済活動は最早どこにも見られない処に今がある。韓国は今沈没寸前の泥船である。米国からの為替スワップの金で何とか息をしている状態だとYOUTUBEではいろんな立場の経済学者や評論家はシナ帝国より怖いのは韓国経済だと一斉に流している。そういう背景とかもあって、金正恩が寝込むだけでウォンが急激に悪化したと言っている。

 だから外しまくりの占い師の様な韓国政府も必死の形相で目を三角にして金正恩は正常だと根拠も示さず。(いつもなら写真つきの解説の様なものがあるのに、なにもない)わめきたてているのだ。

 金正恩が仮に死亡するというような事になれば数少ない外資は嫌でも一斉に逃げる。我が国のみずほ三菱と云った銀行も逃げるだろう。戦争になるのではなく、韓国に産業の火が消えるからだ。状況も悪い、韓国人はどこの国にも入れない。出禁はコロナのせいなので、まだ加除されていないからだ。シナ帝国も逃げる、韓国は一国だけで金融危機を突然迎えることになるだろう。

 金氏朝鮮の存在は今や韓国の経済を左右するほどまでになったのは安定が得られるために必要な存在であるからだ。金氏朝鮮に金を期待するわけではなく、金正恩が斃れたら混沌な世界がそこに誕生する恐れがあるからだ。もう一度一から話を作っていかないといけなくなる。賽の河原に放り出される餓鬼のような立場に韓国はなるからである。
 そして、米国IMFそして日本の援助が全く期待出来ない処に今、立っているのが韓国である。何度も懲りずに経済危機を繰り返す韓国。その危機の規模だけは確実に膨れ上がっている。誰も救いの手を出せない処にいるという人もネットには沢山おられますね。10年前の韓国ではない。それより経済規模が4倍になっているそうだ。
 
 まあ、根拠がないのに『大丈夫だ』と必死の形相で記者会見をしているわけだ。金氏朝鮮からの発信は何もない。金氏朝鮮の広報官の立場としても頼りにならないような発言だ。CNNはニュースにケチを付けられて怒っているかもわからない。彼等は韓国経済がどうなろうが知った事ではない。

 ただ金正恩が命を落とすような事が起きればビッグニュースだ。それだけの扱いかもわからない。建前上金氏朝鮮には新型コロナの感染者はゼロになっている。

 金正恩がコロナが原因で寝込んでいるなら大変な事態になる。国内で唯一の糖尿病患者なので重篤に陥る可能性が高いとCNNは思っている。だからニュースになったのだろう。手術後の容態の悪化云々はでまかせだろう。コロナが世界中に蔓延しているから彼の容態もよくはならないと見ていると考えられますね。

 韓国経済はきっかけさえあればすぐにコケル。私などは6月になったら実行するだろうと見ていた三菱裁判の債務名義で差し押さえをした資産の現金化が、狼煙になると思っていた。


 金氏朝鮮の首魁もまた韓国経済を崖から突き落とす材料になっているのか・・。金日成や金正日の頃には考えられない変化がここにもあるようだ。しかし、仮に、コロナが原因ならシナ帝国の罪の大きさに改めて驚くことになるかもわかりませんね。

投稿: 旗 | 2020年4月21日 (火) 21時56分

提言を読みました。目標及び一部具体策書いてありました。
でも、具体的に何を実行できるかが大事です。
都府県も医師会も個人も政府のあまりにも遅い対応に痺れを切らせ、自ら動いてます。特に自民党は与党であるのに、具体的にどう動いているのか見えてこない。
医療現場での防護服、マスク等何故不足が続のか?検査体制は何故未だに一部だけに負担がかかり、検査を受けるべき人も受けられないのか?
路上や自宅で検査もされず死ぬ未来をこの日本で見るとは思わなかった。急激に悪化することもわかってきたので、倦怠感や発熱、呼吸苦等明らかな症状のある人には素早く検査をして、取り敢えず隔離しておいてもよいと思います。
隔離施設も今頃用意、2ヶ月以上他国より猶予があったのに何をやっていたのだと残念です。
検査を絞るのは、キャパ、技師不足、機械が古い、民間にやらせたくないのか?先ず調べてください。機械が古いならすぐ買ってください。そういうことにはお金を使うべきです。
防護服もマスクも孫さんが用意できるのに何故国が出来ないのか?やってるやってるでは駄目です。緊急性、有事なのだから結果が伴わないのは駄目だし、国がもたついてるなら、議員もやらなきゃ。方針だけたてるのは私達でも出来ますよ。そこから具体的に何をやれたかが、大事。
路上でコロナ感染で死ぬ、疑わしくても検査もされず自宅で死ぬ、病院にかかることも出来ないなんてことは絶対にあってはならない。先進国日本が、今や色々な面で世界の後進国のようですよ。
政治がどこを向いていてやっていたか、今もやっているかがハッキリとわかります。
安倍さんにはトップとしての決断が出来ないならやめてもらいたい。信用がないのです。数々の疑惑、国民の命への考え方、言葉で綺麗事を並べても、もう騙されません。今までは本当にあの言葉に騙された。

防護服マスク直ぐに確保。外国、国内の手をあげているところに作ってもらう。
検査は民間に委託。隔離施設の拡充、体育館でもよい。
最近思うのは隔離施設で隔離はホテル代、食事代等コストがかなりかかる。その負担の大きさのせいなのかと思う。だから、検査を絞るのかと。
でも、命を金で助けられるなら今はそれをするしかない。
大学生の子供たちが最近こう言います。
もう、ロックダウンして、早く終息させた方がいいと。初めは自粛に相当文句を言っていました。でも最近はダラダラいくなら、一気に仕事も止めれる限りとめて、医療崩壊がおきないように、そして早く終息、そうしてほしいと。
この対応は流石に国民は見てると思いますよ。自民が今までのように勝てるとは思いません。
安倍さん以外なら誰でもいいです。決断力のない総理は要りません。過激な発言ですが、それほど今回の対応には怒っています。
あとひとつ、黒川さんの件は、本当にこれをやるなら安倍政権は歴代最悪と後々語ることになると思います。阻止できるのは自民党議員ではないですか?反対をしないなら、石破さんも総理には、なれない、ならない方がいい。
期待してるだけに厳しい意見を書きました。期待してるからこそ行動してもらいたいのですよ。わかってください

投稿: さとう | 2020年4月22日 (水) 01時08分

石破先生お疲れ様です。

石破先生のブログに投稿に関して、流石の政治家だと改めて思いました。
私は経済のことなどは門外漢で全く分からないので➅と➆に関しては分からないのですが。
特に➃と➄は見事だと思います。有熱者に対してPCR検査をして陽性患者に関して保護と隔離を行うというだけでは、これだけ市中感染が蔓延してしまった日本の状況では遅きに失している、というのが感染症の専門家の統一見解ですが。発熱外来などを作り、保健所の判断を介さず、医師の判断にて民間企業などによってPCR検査を行うというのは、もしかするとオーバーシュートを防げる。もしくは、オーバーシュートしても数を減らせるかもしれません。そして、その発熱外来などを、開業医など医師会の力を使うなどすれば、急性期病院の負担を減らすこともできます。

前回、石破先生に、我々リハビリ医、一般内科医という後方支援部隊ですら、もう最前線で戦っている。最終防衛ラインが開業医という話をしましたが。戦力をこまめに出さず、一気に投入する、という意味で、ここで出すのも、うまくいけば、先手を打った形になるかもしれません。失敗すると、防衛ラインが完全に突破されて、悲惨な状況になるリスクもありますが。勝負事なので、うまくいく可能性もなくはないと思っています。感染症学会は「軽症患者にPCR検査はしない」という通達を出し、政府・自治体の対応が遅すぎた、緩すぎたので、もう日本、特に東京に勝ち目はないので。軽症感染患者の隔離・保護の段階は過ぎてしまったので、いかに中等症、重症患者の死亡者を減らすか、という敗戦処理に戦力を投下すべきだ。と言っており。新型コロナウィルスに早期から警鐘をならしていた感染症の専門家もそれに賛同しており。
感染症の専門家の予言は今までほとんど当たってきたので。それが正しいのかもしれませんが。
日本医師会、東京都医師会は、まだ諦めない。ここで戦力を投下すれば、オーバーシュートは防げるかも。もしくは、オーバーシュートしても患者数を減らせるかも。というところで、勝負に出ました。東京都医師会は「かかりつけ感冒症状患者を断らずPCRをする手順書」を医療機関に配布して、最終防衛ラインで食い止める、と檄を飛ばしています。私も、いつもは感染症学会や専門家の指示に従っておりましたが。今回は、はじめて、日本医師会、東京都医師会の博打にのりたいと思います。凄く甘い考えかもしれませんが。日本政府、自治体がここで本気を出して、医療従事者に十分な防護服などの医療物資を配布してくれて、強力に人々の行動制限をかければ、あるいは、ウィルスの爆発を止められるかもしれません。なので、発熱外来の当番が来たら、もちろん、引き受けるつもりでおります。

また、遺伝子の研究をしている友人たちからすれば、日本は大量のPCR検査をできるだけの余裕がかなりありそうです。
遺伝子の研究をしていた友人の医師の一人は「あくまでも試薬とか、道具を揃えてもらう前提だけど。俺が本気を出せば、1人で1日100件はPCRが出来る。実際、毎日やっていたし。PCR検査は手順さえ覚えれば難しくないんだよ。お前も、俺が教えれば、すぐに出来るようになるよ。研究所では、近所のおばちゃん達がアルバイトで大量のPCRをさばいていて、おばちゃん達の方が丁寧だから、PCRが俺よりうまかったもん。俺の方が手技は速いけどね」と言っていました。流石に、遺伝病のPCRをするのと違い、感染リスクのある検体を「研究所でアルバイトをしていた、PCRが得意なおばちゃん達」には頼めませんが。民間企業、遺伝子研究をやっている研究機関、大学などの研究室に、他の遺伝子研究を一時止めてもらって新型コロナウィルス対応にまわってもらえば、まだかなりPCR検査を増やせるかと思います。
ただ、これは、政府が民間企業に「補助金を出すからPCRをやってくれ」研究機関に「研究費を後で増やすし、補助金を出すから今の研究を1度止めて、PCR検査にまわってくれ」と号令を出せば、一気に動く可能性があるので。そこは、政治家の出番だと思います。

また「感染者と死亡者数が少ないから、日本は優れた国なのだ」という楽観論を唱える人がいますが、確かに、まだオーバーシュートはまだ起きていないので、人工呼吸器にはまだ余裕があるので死亡率が抑えられている面はありますが。検査数が圧倒的に少ないから感染者数も死亡者も診断が出来てないから少なく見えているだけ。という残念な事実も、ほとんどの常識的な人ならもう気付いていると思います。
なので、石破先生の言う通り、抗体検査とPCRを組み合わせた全国的な取り組みという公衆衛生学的な見地が絶対に必要かと思います。

石破先生のおっしゃる通り、日本版CDCもそうで。新型コロナウィルスのメディア報道をみても、メディアに出ている感染症の専門家の意見を聞いても、公衆衛生学という概念が抜けている。というのは、報道を見ていても凄く疑問に感じるところでした。
私も、大学院と研究室で公衆衛生をかじった程度の人間なので、たいした知識もないのですが。素人の私が見ても公衆衛生学的見地が足りない、と感じるくらいですから。事実、公衆衛生の先生と話す機会が最近たまたまあり。日本には公衆衛生の専門家がたくさんいるのに、新型コロナウィルスでは全く活用できておらず。アメリカから「日本では、何故に公衆衛生の専門家を使わないのか?統計処理をできる人が政策意思決定に入ってないのか?」と聞かれた。と嘆いておられました。

最近、医療従事者やその家族への非難や、差別などが起きており、非常に悲しく感じております。
院内感染も多発しておりますが。それは市中感染が蔓延したら防ぐのが難しいのと。感染防具の物資も足りていないという事情があるので、止むを得ないと思うのですが。院内感染が起きた病院に対して患者さんや家族だけではなく、近隣住民や、間違った正義感を振りかざす人たちが、院内感染をした病院を非難、差別、誹謗中傷する、という事件も多発しております。
院内感染が起きた病院は、感染したスタッフが抜けるだけではなく、濃厚接触者のスタッフが自宅待機になるなど、残された医療関係者が、過重な労働環境で、かつ、さらに自分も感染する可能性が高いという極めて高い緊張感と恐怖の中で、院内感染を終息させないといけない、という厳しい状況になるため。絶対的な応援が必要なはずなのですが。残念ながら、応援よりも、避難、誹謗中傷、謂れのない差別、デマの方が多い。と当事者の医療関係者が疲れた様子でいつも語っています。
医療関係者の中でとりわけショックをあたえたのは、癌研有明の院内感染です。
リハビリ病院で多発した院内感染も、より危機感を感じましたが。
癌研有明は、他の大学病院、総合病院が新型コロナウィルス対応でICUを空けるために。癌患者の予定手術をどんどん延期しているため。
癌研有明は、新型コロナウィルス疑いの患者は一切とらないかわりに、土日も返上して、他の病院でやってくれなかった癌患者の癌の手術をやりまくって癌患者を助ける。というスタンスで戦っていた病院ですが。
それが、院内感染の為に、手術が8割減。となると。他の病院は癌の予定手術をキャンセルした状態なので、癌患者の手術もいよいよ手遅れになっていく可能性が高くなってきました。
東京都で都会の真ん中なのに、救急搬送するのに東京都のかなりの郊外まで探すのに10時間かかるなど、医療崩壊は既に起きておりますが。新型コロナウィルスでの死者数だけではなく。他の病気が重症化する、もしくは、死につながる。ということを考えると。かなり追い込まれた状態になっています。

ホリエモンこと、堀江貴文氏の「医療崩壊は、ICUや医療関係者の数だけじゃなくって、新型コロナウィルスから逃げている医療関係者がたくさんいるからだと思う。そいつらを命令で働かせればすむだけだ。あと、病院は閑古鳥がないていて、赤字で困っているはず。大変なのは、ICUと救急だけさ」という趣旨の発言などを聞いて、やっぱり彼は犯罪者になるべくしてなった人で牢屋に入っても反省できなかったようです。
中には、医療関係者を応援するために、定時で拍手をする。という公的機関もあるようですが。M3ニュースとかで読む限り、大半の医師は、それはいらない。と回答しています。

私達は確かに自分の命をかけて国民を守っていますが。感染症だろうとなんだろうと病気と戦うのが自分たちの仕事なので、特に、応援や励まし感謝なども必要ありません。

でも、ホリエモンなどの発言を報じるメディアもそうですが。感謝も応援はしなくて良いですから。メディアも医療従事者への非難、差別、誹謗中傷のコメントをのせた報道はできるだけやめて頂きたいと思います。
あとは、なんちゃって元政治家の杉村たいぞうでしたっけ。あんなヤツのコメントとか。

疲れて帰ってきて、そういう悲しいネットニュースなどをみると、心が折れそうになる。と言っている同僚もいます。
私は心は折れませんが。こういうやつらを守る為に働いているのかと、疲れが倍増する感じがします。
石破先生にお願いすることではないのですが。メディア関係の方は、この戦争中だけは、医療関係者に配慮した報道をお願いしたいと思います。
なので、ホリエモンはコロナが落ち着くまで、もうメディアに出すな(本音)

すいません、石破先生の政策判断がほとんど正しいので、特に、追加で提案することもできず、ただの愚痴になってしまいました。

ただ、2点、訂正させていただきます。新型コロナウィルスはまだオーバーシュートはしていませんが、東京都は完全に医療崩壊しております。かなり悲惨な状況で、今、新型コロナウィルス以外の急病になっても、普通なら治る病気でも、東京都だと命に関わります。他の都道府県もかなり危ない状況です。
また、人々の行動制限は、ゴールデンウィークだけではないです。医療崩壊がおさまるまでは、人々の行動を止めないと、新型コロナウィルスでも、新型コロナウィルス以外での死者もたくさん出ると思われます。

いつか、また明るい話題で、投稿したいです。でも、明るい話題がなかなかないですね。それを考える余裕もないです。あ、明るい話題が一つありました。
私は医者なので、絶対に感染したらいけない職種のため、買い物とかにも出ないようにしているので。ネットで買い物をするんですが。アマゾンで買っているんです。
で、早く物が届くようにアマゾンプライム会員になっているんですが。
今日、アマゾンプライム会員になっていると、なんと、映画とか、ドラマとか、無料で見放題ということを知りました(今更なんですが)調べると見たいけど見れてなかった映画やドラマがやまほどあって。新型コロナウィルスがおさまったら、アマゾンプライムビデオで、無料で見たかったけど見られなかった映画やドラマをたくさん見るのと。読みたいけど読めてない医学書を読むのを楽しみにしたいと思っております。今、部屋には医学書が山積み状態のまま放置されています(本音を言えば、死ぬほど働いているので、コロナがおさまったら1か月くらい仕事しないで、ゆっくり映画鑑賞とか読書したいです)
石破先生も、新型コロナウィルスにかからないように絶対に気をつけて、手洗い、消毒などをきちんとされてください。今、日本に石破茂が必要だと思っています。
長文で失礼いたしました。

投稿: neurosurgeron | 2020年4月22日 (水) 02時39分

日本の今を考えると、これほど自給率が低いことに驚きです。貴殿は、この状況のサプライズチェーンの状況と日本の成熟社会環境を見直す叉人々の育成を可能な環境作りのプレゼンが即急に提言すべきではと思いますが!特に思うが大人に成りきれない人間が多すぎる、いわゆる忖度、紐付き、履歴を見て検証する事の重要性見失っているのが現状です。

投稿: 平成の黄門 | 2020年4月22日 (水) 09時30分

こんばんわ、石破さま。

日本国憲法第3章25条に定められている国民の権利は どうなっているのでしょうか…?
大蔵大臣さまの態度や発言など聞いているとムカついてきます。
自分たちが同じ立場になったら、今みたいな発言が出来るのでしょうか…??
今の国民が思っていること、困ったり苦しんでいること等分かっていないとしか思えません。
偉い大臣さまになると日本国憲法に定められている事は無視してもいいのですか?

投稿: タロジロ | 2020年4月22日 (水) 20時02分

昭和の時代のように、本当にリーダーシップが取れるような方が総理や大臣に必要だと思います。佐藤栄作さんや田中角栄さんのような方が議員さまにおられたら もっと行動が早かったかな…と思っています。
今の内閣はブレまくっていて何をどうしたいのかが伝わって来ないし分かりません。

私の亡き父が石破様の御父様の二郎氏の事を良い議員だったと、よく言っていました。石破さまも後世まで語り継がれるような良い代議士になって欲しいと思います。
同じ鳥取県県人として、かげながら応援しています。

投稿: タロジロ | 2020年4月22日 (水) 20時22分

石破さんこんばんは
海外では2度や3度現金給付をしているとテレビで言ってたりします。

石破さんしか今のトップの政権に言える人が居ないとおもうので日本は遅すぎると思います。一律現金給付ですがやはり早くして欲しいです。
10万だけは少しキツい人が沢山居ると思います。
なので一度だけではなく一律現金給付を第2段第3段はお願いします。

投稿: 慎太郎 | 2020年4月22日 (水) 20時28分

最も信頼できる人と思い投稿させていただきます。新型コロナの軽症者自宅待機中亡くなられたニュースを聞き意見させていただきます。
軽症者の自宅待機はもちろん賛成ですが、病院崩壊させない為の対策として自宅待機させる訳ですから、体調監視などは入院してる時と同様に必要だと思います。日に朝夕体調報告してもらって、報告ない人には直ぐに何らかの対応するとかの新しい体制作りが早急に必要と考えます。病院単位でそんなシステム作るのは無理だから、国、自治体で待機者向け体調監視センター立ち上げて、病院と連携させる。この緊急事態に今までと同じ事してたら乗り切れないし、それをやる為にはやはり国の助けが必要です。

投稿: 古川 | 2020年4月22日 (水) 22時24分

ついでの再投稿で申し訳ありません。

石破先生の「家に帰れない医療関係者の為に宿泊先を確保を検討すべき」というラジオの談話を今、確認しました。
自分が感染者になり、自分の家族にうつしてしまう家族内感染を恐れて別居している医療関係者がたくさんいるので、それは、本当に医療関係者にとってはありがたい話だと思います

でも、実は、私も3月はじめに妻に別居を申し出たんです。
私は発熱患者をたくさんみているし。肺炎患者もたくさんみているし。PCR検体も出しているし。いつ自分が新型コロナウィルスになるか分からない。症状が出てないだけで、感染していて、家の中にまき散らすかもしれない。
だから、家族内感染のリスクもあるので、新型コロナウィルスが終息するまでは、ビジネスホテルに泊まるとか。ウィークリーマンションを借りて家に帰らないつもりだ。という話を妻にしました。

すると、妻から「本当に医療状況が悪くなって、貴方が家に帰れなくなるような状況が来るかもしれないから、それは覚悟しているけど。
家族内感染の心配よりも、今は家に帰れるのだから。私はできるだけ貴方に家に帰ってきてほしい。家に帰ってこないと、顔が見れないと逆に心配になっていく。
私は持病はなく健康だし(私は呼吸器系の持病があります)、子供達も年齢的に重症化しにくいといわれているから、家族内感染は怖くない。だから、別居はしない」
と言われました。
それを盗み聞きしていた長女からも。パパには、家に帰ってきて欲しい。パパに会えなくなるのは嫌だ。と言われました。

妻も思うところがあるようで、今までは、私のいびきがひどいから一緒に寝たくない、というので、別室で寝ていましたが。今は、同じベッドで寝ないと妻が安心できないとのことで、当直で帰れない日以外は、今は、一緒のベッドで寝ています。

私も家族内感染のリスクを考えると我儘かもしれませんが。妻や子供達の顔をみると、疲れがかなり軽減するので、家で帰れるのがありがたいと思って、家に帰っています。

もし、今後、状況が悪くなって家に帰れないことがありえるかもしれませんが。少なくとも、家に帰れている今は、家族のある幸せを感じています。

でも、石破先生の、家に帰れない医療関係者の為の宿泊施設を対応しないといけない。という発言には、多くの医療関係者が安心したと思います。
濃厚接触スタッフに自宅待機指示を出していますが(自宅待機指示中のスタッフを有給扱いにするか、それとも、有給を使わせないで特別に保障をするかは検討中です)。自宅待機指示出されたスタッフは、家族がいる場合は、家族内感染を恐れて、家には帰ってないで、実は、ホテルなどを自腹でこっそり使っている。という話を、スタッフから聞きました。
なので、政府や自治体が家に帰れない医療関係者の宿泊先を用意してくださる。というのは、ありがたい話です。
正直、私は帰りたくても帰れない状況にはなりたくはないのですが。帰りたくても帰れないことがありえるので、それが保証されるというのは、やはり安心いたします。
こっそりホテルを使うのも、なんかホテルに迷惑をかけているようで、気がひけますしね。

あと、先の投稿で、癌研有明で院内感染が出たと間違って投稿いたしましたが、正しくは、市中感染した医療スタッフが出て濃厚接触者扱いのスタッフがたくさん自宅待機になった、の間違いでした。デマを作ってしまうような投稿をしてしまったことを、猛省しております。大変申し訳ありませんでした。

投稿: neurosurgeon | 2020年4月22日 (水) 23時33分

最も信頼できる政治家と思い投稿させていただきます

新型コロナの感染者数に関してですが、出回っている情報を基に勝手に推測してみました。
今まで自覚症状ある人で医師から検査要請しても保健所で断られるなどで、検査してもらえた人が検査要請全体の1割だったとして、無自覚の人が感染者の半数(病院にいかないから検査要請もしない人)、PCR検査の感度7割と仮定すると、累計感染者数は30万人前後とになります。この数字を基にすると致死率は0.07%でインフルエンザ以下になります。
非常に誤差を含んだ憶測とはいえ相当な数の感染者が既に治っている可能性がある。もしそうであるなら、致死率0.07%の病気に今の自粛はあまり意味がなく、必要なのは圧倒的に多いであろう軽症者の扱いを明確にする事。容体が急変する特徴があるので軽症者の経過監視のシステムをしっかり作り悪化を最小限にできれば今のパニック的な恐怖心も落ち着いてくると思いますし、感染者見つかるたびに消毒したり閉鎖したりする無駄な経済的損失を無くしていく事ができる。
この計算を正確なものにする為には国で抗体検査などで大々的な調査していただき、新型コロナの正確なリスクを見積もって欲しいです。新しい病気なのに正確な現状把握ができておらず、憶測と「怖いイメージ」ばかりが取り沙汰されている気がします。ご存じとは思いますが血漿療法、シクレソニドなど重症者にも既に効果が出ている治療法もどんどん報告されてます。重症者対策、軽症者の早期発見と監視体制など今までない仕組みを早急に作ってください。行動自粛8割達成できたところで時間延ばしでしかなく、このままでは経済的に死んでしまいます。半数の人が感染力持ったまま無症状なんてタチの悪いこのウィルス、台風のように過ぎ去るのを待つだけではダメな気がします。攻め込んで戦う体制を早急に作ってください。
今日石破様の出演されているラジオを聞きあらゆる事を検討されているのは本当に伝わってきましたが、政府政策からそれが感じられません。是非是非宜しくお願いいたします

投稿: 古川 | 2020年4月22日 (水) 23時47分

【金氏朝鮮の情報は難しい】


 先代の金正日が突然死亡した時の状況もそれが明らかになったとは言えない謎が今もある。

 どこで亡くなったのかと云う事も公表されるまでに時間がかかった。公表された内容を疑う人々が結構多かったので謎の扱いになっている。WIKIにあるのは『2011年12月17日8時30分、心筋梗塞のために死亡したとされる。享年70。2日後の12月19日正午、朝鮮中央テレビが特別放送を行い、死亡が発表された。朝鮮中央通信は金正日が「地方視察及び指導に向かう列車の中で12月17日午前8時半、過労により息を引き取った」と伝えた。』

 朝の8時半に行動するような習慣がない人であったと思われていたので怪しいわけだ。だから場所も疑われていた。宮殿内ではないのかという疑いだ。

WIKIにもそれが書いてある。
 『龍谷大学教授李相哲が、韓国に脱北した複数の元高官の証言や、金総書記の死亡に触れた中韓の政府文書を基に行った検証によると、実際は前日である12月16日の午後8時頃、訪れていた次女の金雪松宅の寝室で倒れ、搬送先の32号招待所内の医療施設で午後11時に死亡が確認されたという』

 意図的に事実と異なる内容をメデアを使って流すのは何かを隠すしていると思われている。それが何なのかが解るには、時間のかかる検証が必要だ。金正日だけでなくその先代の金日成もまた謎の死を遂げているようだ。これも詳細については、いろんな説があって何も確定していない。

 金正日の棺を担いだ高官は全員が早い段階で更迭され、或は、あの世に送られたことが解っているので金正日の死亡状況を知る人を遠ざける狙いがあったと思われているらしい。謎が多いので今回の手術後の容態悪化という話についても、確かめることも難しいだろう。だからと言って何の根拠も持たない韓国政府の高官が『彼は元気に地方視察をしている』という話も信頼することが出来ないわけだ。嘘しか言わない韓国人はこういう時に信頼がないのがよく解る。韓国政府の高官発言を肯定する様なメデアは世界に一つもない。

 通常であれば、こういう状況が起きれば、金氏朝鮮は仏蘭西の医師をかかりつけにしているので呼び寄せるはずである。しかし、フランスはコロナとの戦闘の真っ最中なので難しかったのかもわからないし、金氏朝鮮は公式的にコロナ感染者ゼロの国なのでフランス人を呼ぶことが出来ないこともあるだろう。持病の悪化となればそういう動きがあったと思われる。

 まあ、彼等に関心を持つ国は東アジアにある国と米国ぐらいだ。韓国は何も解らずに喚いている。喚いたことでウォン相場が危機に向かっている。金正恩が、仮に重体ではなく、既に死んでいたとなれば韓国は破綻に向かうだろう。金正日の死亡も朝鮮中央通信が公式に言うまでは病人扱いだった。つまり、まだ生きて居ると米国のメデアはそう報じていた。2日経ってから死亡の事実を発信したのである。だから、同じように扱うとなれば、今週の金曜日、若しくは、土曜日に明らかにされる可能性があるような気がする。

 ネットで検索しまくっていたのだが何も解らなかった。だから待つしかないだろう。

投稿: 旗 | 2020年4月23日 (木) 05時04分

  ≪愚猿には知る由もない≫
≫ IOC「安倍が来夏以降の延期には対応できないと明言した」
(但し、この一句は某国の要請でIOC公式サイトから削除された)
≫五輪追加費用負担は「安倍の1年以内ゴリ押し」した所為!
⇒報道の自由2020は順位が一つ上がって世界66位だから(♪ニッポン凄い!ニッポン!チャ!チャ!チャ!♪)、
悪魔に魂を売った似非ジャーナリストらが蔓延る極東島国の領内ならなんとか隠したり騙したりはできても、国境を超えて仕舞うと、“大海の鮫にも勝る逞しいジャーナリズム”など様々な理由がある結果、♪隠れた真実が だん~だん~ 明るみに出てくる~♪。
経営の要諦に謂う♪サンクコストは果断に躊躇なく処理するに限る。然もないと追い銭も喪う♪と。己の無知に無知で無学無恥な政治権力者である安倍愚猿ら一味には そんな上等な訓えには≪とんと 知る由もない≫。

投稿: 黒山椒 無躇 | 2020年4月23日 (木) 13時42分

石破先生
突然のコメント失礼いたします。
以前にも「コロナウイルス感染拡大時の自然災害対策」についてメールを送らせていただいたかと存じ、しつこいようですが、政府の積極的な動きが感じられず書き込ませていただきます。

昨年10月の大雨や台風で多くの犠牲者、負傷者、住宅浸水、住宅損壊等の被害が発生し、経済的な損失も多大な額に上ったのは記憶に新しいところでございます。

毎年のように全国のどこかで起こる自然災害。コロナウイルス感染が収束しない今年は、これまでのような対応ができない可能性が高く、速やかに政府が事前に対策を考え、それでなくても余裕が無い自治体や住民へ伝え、また施策を実行する必要があると考えております。

避難場所について、公共施設などへの一斉避難は、感染した方とそうでない方を一緒にしてしまうと容易にクラスター化する心配がございます。感染者と非感染者とを分けた避難場所の設置、避難方法を周知しなければならないと考えます。

また、救助活動も消防、警察、自衛隊の方々がコロナウイルス感染のリスクがある中、従前のような活動ができない可能性もございます。防護服やマスクなど感染防止に必要な装備を準備し、救助活動の指針をまとめなくてはならないのではないでしょうか。

すでに全国の医療機関で、コロナウイルス感染者の治療、あるいは院内感染のため救急外来を中止している医療機関が多数ございます。
災害で負傷した方の搬送や治療についても調整をしておかないと、助かる命も助からない事態を招きかねません。

経済活動の自粛で収入が減っている家庭や、収益が減っている企業が、自然災害でさらに経済的損失を被った場合の補償についても、コロナウイルス感染対策と合わせた措置が望まれます。

自然災害により、毎年のように大きな被害を受けているわが国が、コロナウイルス感染拡大が収まらない間に大きな自然災害に見舞われると、他国には例を見ない未曾有の大惨事を招くのではと案じております。

国民がコロナウイルス感染と自然災害被害の二重苦に苦しむことがないよう、先生のお力を発揮していただければ幸いに存じます。

投稿: 冨樫 直樹 | 2020年4月23日 (木) 17時54分

呼吸器を増産していると聞きましたが、例えばそれを扱う人間を全国で短期間で養成して増やすというのは現実的ではないでしょうか?

各国の医療崩壊を見ていると呼吸器の実働数が足りなくなるのが最悪の事態ということだと思うのですが、呼吸器はそれ単体で人を救ってくれるわけではないので、それを扱う人間を増やしてみてはいかがでしょうか。

医師とは別に、呼吸器の操作と呼吸器自体のメンテナンスを担える層を養成し、全国のホテル等に常に配備すると医療従事者の負担も減り、通常業務を圧迫することもないのではないでしょうか。

□処置時技術者の冤罪、犯罪を防ぐために呼吸器に撮影機能等を付ける等
□投薬などの指示は医師が遠隔で出す等
□個人的に、今のままでは医療従事者が総当たり戦になってしまうのでは、それが非常にまずいのでは、そしてならなくてもまずい事態なのでは(上級国民しか看られなくなるって状態ですよね)と危惧しています。医療従事者が一般市民を見捨てないでいいようにしてほしいです。
□消費税、無くなるといいですね。観光立国と一律消費税って相性悪いと思うんですよね。免税になるし。タイみたいに観光客からも消費の際税金を取って、一定料金消費すれば空港で帰る際に現金キャッシュバックしてくれる制度とか観光させる国としては賢いと思うんですよね。

投稿: n | 2020年4月24日 (金) 01時20分

【イランもまた、何を考えているのかよく解らない国である】

 先月、こんな記事があった。我が国のメデアが採り上げたのかどうかは不明だ。
『【3月25日 AFP】新型コロナウイルスの流行で2000人近くが死亡しているイランに緊急医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」が支援を申し出たが、イラン高官は24日、「外国勢力」の支援は不要として拒否した。

 イラン保健相の顧問を務めるアリレザ・バハブザデ(Alireza Vahabzadeh)氏は、「イランは国を挙げて新型ウイルス対策に取り組み、軍の医療部隊をフル活用している。差し当たり外国勢力が病床を設置する必要はないので、滞在は認められない」と述べた。

 MSFは22日、50床の病院を設置するための資材と、9人から成る医療チームを送る計画があると発表。これにイランの超保守派周辺が強く反発し、MSF職員は「スパイ」として活動するつもりだと非難した。

 MSFは、イラン当局から必要な許可は得ているとした上で、支援を拒否されていることについて「理解できない」と述べた。
・・・・・
 イランの新型ウイルスによる死者数は、イタリアと中国、スペインに続き世界で4番目に多い。それにもかかわらず、イランは国民に一切移動制限を課していない。

 それどころか、イランはペルシャ暦の年始休暇の真っただ中で、道路は親族を訪問する人々であふれている。当局は、自宅待機と商店やレジャー施設の休業を要請しているが、多くの人々は例年通り街に繰り出している。(c)AFP』

 そして
『【4月22日 AFP】(更新、写真追加)イラン革命防衛隊(IRGC)は22日、同国初の軍事衛星の打ち上げに成功したと発表した。同国と米国との緊張が新たに高まる中での発表となった。

 IRGCは、今回の打ち上げ成功について、同国史に残る出来事だと強調。IRGCの公式ウェブサイト「セパフニュース(Sepahnews)」によると、ペルシャ語で光を意味する「ヌール(Nour)」と名付けられたこの衛星は、イラン中部の広大な台地、マルカジ(Markazi)砂漠から打ち上げられたという。

 ただこの詳細について、第三者による確認は得られていない。

 これまでイランは、衛星の打ち上げに幾度となく挑戦しては失敗してきた。直近では2月9日に、ペルシャ語で「勝利」を意味する人工衛星「ザファル(Zafar)」を打ち上げたものの、軌道投入に至らなかったと明かしていた。

 米国はイランの軍事衛星開発について、ミサイル開発の隠れみのだと批判。これに対しイランは、自国の航空宇宙事業は平和的なもので、同国が国際社会に約束している義務に違反するものではないと主張している。

 先週には米国が、ペルシャ湾(Persian Gulf)を航行する米国の船舶に対しイランが嫌がらせをしたと非難したことから、緊張が高まった。両国はここ1年の間に、あわや全面対立という事態に2度陥っている。(c)AFP/Ahmad Parhizi』

 政府は平常通りの活動をやっているというようなポーズなのかもわからない。第三者の確認がないロケットの打ち上げである。評価の難しいトピックだ。

 約1か月経過して、累積数で84,000人の感染者と5480人の死者を出した。イランの感染状況はやや終息の方向に向いてきているのかもわからない。外部からの医師の手配は拒否の姿勢のままである。宗教施設の閉鎖なども全くないそうだ。先月は4位であったが今は8位である。トルコや英国他に追い抜かれたからだ。落ち着きを見せてきているのかもわからない。我が国他の地域が考えるような対策と呼べるものをやらずに、なすが儘の生活を維持しているらしい。まあ、これはこれで怖いのである。政権の閣僚も2人ほどお亡くなりになったと云う事だし、それで国民が大騒ぎにならないので不気味な印象を受けます。

 まあ、様々な考え方があるという例なのかもわかりません。公式的にコロナ感染者は一人もいないと言った金氏朝鮮もイランのような生き方に近い考えがあるように思いますね。

  国民は不幸なのだろうか?
解りませんね。独裁国家の恐ろしい処は情報がいきわたらない処にあります。そういう状態に置かれるので判断がつきませんね。客観的に見れば不幸な社会です。

投稿: 旗 | 2020年4月24日 (金) 03時20分

素人の勝手な意見です

1)PCR検査拡大について

巷ではPCR検査の拡大が言われていますが、それだけだと機能しないと思います。

・検査拡大
・重症者と軽症者のトリアージ
・軽症者の隔離施設の拡大
・隔離患者とその家族の生活保障

病院に軽症者が殺到する状況を防止し重症者に注力させ、軽症者を隔離に協力させるためにはこの4点がセットでないと機能しないと考えます。

2)経済対策について

10万円は世論を宥めるための対処療法であり、出口政策ではありません。

この状況から脱出するためには、「一般人が理解できる」なにがしかの科学的・客観的な根拠を示す必要があると思います。考えらえるのは

・何らかの対抗薬が開発されること
・巷間の抗体保持者がxx%(一説では6割と言われていますが・・・)を超えること

対抗薬開発は運否天賦でもあり、時間がかかるものと思います。で、あれば現実解は巷の抗体保持率ではないかと。

海外では抗体保持者の検査が始まったとありますが、同様の対応は日本でも始めるべきと考えます。

3)特措法について

「新型インフルエンザ等対策特別措置法」

コレ、全く機能していないように思います。

今回の件はグローバル化の進展により、これまで一つの国や地域内で留まっていた問題が一気に全世界化するというこれまで言われてきたリスクが顕在化したものと考えます。

今回の事態を受けて、きちんと機能する法律に見直して頂きたいと切に願います。

4)コントロールについて

法律や国と地方の関係は浅学で制約が分かっていませんが、保健所や都・市町村が連携少なく自分たちの視野の範囲で対応を行っているため、個別最適に陥り、一歩引いた目線で全体最適を考えられていないように映ります。

従って、対応が場当たり的、バラバラでコントロールされておらず、小出しの対策で後手後手になっているように見えます。

現場の各ご担当者が努力されているのはおそらくそうなのでしょうが、岡目八目的に全体として機能していないように見えるということです。

日本の国の在り方として政府に強い権限を持たせたり、強いリーダーの存在を認めない仕組みになっているため、やむを得ない部分はあると思います。

危機発生時、状況が数日・数時間で変わっていく状況において、国と地方、行政と議会のあり方、情報収集機能、国民とのコミュニケーションをどのように機能させるか。

恐らく、国民の私権や憲法との兼ね合いなど難しい問題は多々あると思いますが、このような点について、国会議員の方々には是非議論をリード頂き、今後も発生が見込まれるグローバル危機発生時の対処策を練って頂きたいと思います。

以上、勝手を申し上げましたが、今回の一件で強く感じた次第です。


投稿: mt3edc4rfv | 2020年4月24日 (金) 11時50分

石破先生お疲れ様です。

しつこい投稿で申し訳ありません。有志の会が「ウィルスとの戦争という表現はやめて欲しい」という声明を出しました。有志の会の懸念は非常にわかります。痛いほど分かります。

でも、いつもは「私はやりたいことはやり終わったから。いつお迎えが来ても後悔はない」と言っていた超元気な超高齢者の患者さんが「先生、私、新型コロナでは死にたくないの」と言ったんです。理由を聞いたら。
「いや、死ぬのは怖くないのよ。先生、私は戦争経験者だからわかるんだけど。これは、第三次世界大戦なのよ。人類とウィルスの戦争ね。私は第二次世界大戦の戦後は見たんだけど。第三次世界大戦の戦後がどうなるかは凄く興味があるのよ。冥途の土産に、感染終息後の日本がどう変わったのを見てから死にたいわ。だから、コロナでは死にたくないのよ。年寄の興味本位で悪趣味だけど、ここまで生きたならせっかくなら、人生のおまけで見てみたいわ。オリンピックには興味はないけどね」とにやりと笑って言われたので。流石、戦争経験者の危機管理能力というか経験値は凄い、この危機的状況を医療関係者でもないし、行政関係者でもないのに、そこまで読み取って、さらに、感染終息後まで見据えているのか、と舌を巻いたのと。
超高齢の患者さんの言う通り、第三次世界大戦だと思うので。日本は第二次世界大戦のような間違った戦い方をしてはいけないと思うのと。でも、ナチスドイツを生むような戦争の終わり方をしたり、感染終息後の日本をそういう方向にしてはダメだ。とも思いました。
なので、有志の会がやめて欲しいといった「ウィルスとの戦争」という表現を今後も控えるつもりはないのと同時に、有志の会の懸念も忘れてはいけない。超高齢者が興味本位でみたいといった感染終息後の日本を、独裁国家や、社会的弱者に厳しい世界にしてはダメだ。とも思っています。

石破先生のおっしゃる通り、我々は歴史の転換点に立たされている。というのを意識したうえで。
それでも、戦争という表現を使って、戦いたいと思います。

投稿: neurosurgeon | 2020年4月24日 (金) 12時09分

石破先生初めてコメントさせていただきます
ゴールデンウィークに帰省して田植えの手伝いをする方も多いと思います SNSで見かけたのですが「田植えだから仕方がない」「不要不急ではない」って方も多かったです
地方はまだ感染元が判ってる事例の県が大半でそのほとんどが首都圏等からの移動者と接触です
自分は三重県なのですが、地域の狭いコミュニティの中で感染元の家に投石落書き等々のいやがらせがありました。親の農作業を助けたい善意で帰省して村八分状態になるのは辛すぎます

今は農作業の委託する法人、農協等々もあります息子娘が帰って手伝わなくても大丈夫な農家も多いはずです。先生の方が地元鳥取でよくご存じかもしれません

こちらの地元は三矢先生なのですが人となりもよくわかりませんし、与党で一番信頼出来て地方の実情もよくわかっておられる先生にコメントさせてもらいました
どうにかゴールデンウィーク帰省しての田植え対策お願いします。

最後に憲法改正に対する考え方は正直先生とは違いますが石破先生が総理になり憲法改正してくれたら、「自分達が選択した自分達の憲法だ!」と受け入れられます 頑張って下さい!

投稿: 兼業農家 | 2020年4月24日 (金) 13時18分

PCR検査の数も感染者を隔離収容して治療を受けさせる施設も少しも進みません。テレビに出演する政府の専門者会議メンバーは殆ど医事の官僚であって、実際の医師や先端研究者は不在です。従ってコメントはああ云えばこう云おうばかりに終始しています。言い逃れに長けた人がトップに立つのが、官僚の常なのでしょう。だから、ここからが本論なのですが、官僚を糺す、叱ることが政治家には大切な要件だと思います。今の方は出来そうにありません。例えば専門者会議の組織を民間にも作って政権のトップが取捨選択することがあれば良いと思うのですが、この組織がただの任意組織では国の行為に結びつかず駄目で、国の行為として断を下さなければ力を持ちません。考えてください。

投稿: 藤井春樹 | 2020年4月25日 (土) 12時18分

今が重要です。しかし、政治家の先生はその先も、今回日本の問題点がハッキリしました。政治の私物化による信頼の失墜。桜、もりかけ、マスクの発注先、スピード、失言等。個人情報と命の天秤の結論を出して早く法整備して下さい。平和ぼけで感染症対策で韓国に大きく遅れていますので、早急に整備を。ドイツも凄いですよねn。とにかく、社会が大きく変わるはずです。リーダーシップを発揮して覚悟を持って日本の為に。吉村知事の覚悟は伝わります。唯一、3月の3連休にそんなわけ無いだろと思いましたが、警鐘を力説していたのを覚えています。本当に期待していますので頼みます。

投稿: 三平 | 2020年4月25日 (土) 22時53分

石破 様
コロナ対策について。疾病対策の基本は、早期発見、早期隔離、早期治療が基本だと思います。しかし、今回の新型コロナでは、国は医療崩壊を防ぐため、PCR検査の制限、軽症感染者の自宅待機をもとめるなど、感染拡大の防止という観点から、誤った施策を継続していると思えてなりません。私は、まず、
●PCR検査実施体制の拡充(ドライブスルー方式、プレハブなど簡易な施設による検査体制拡充・コンビニ検査
※コンビニ店で検査という意味ではなく、手軽に検査という意味)、
●これによって無発症者を含む感染者を早期に隔離し、東京であればオリンピック選手村、スポーツセンター、ホテルなどに収容
●軽症者にアビガンの大規模治験の実施
※石破さんなら、威力偵察ということはもちろんご存じでしょう。今は非常時です。全国的大規模な治験と投薬によって、薬害を防ぎながら治療を行うことは可能だと思います。
●それでも症状が悪化した場合に病院に収容
●医療従事者に対する特別手当の支給による医療従事者の確保(日当10万円以上、美容整形など、不急の医療従事者はいると思います。)
●国費による、アビガン製造施設整備に対する補助(補助金、社債引き受けなど)。今、アビガン薬原体は中国・インドでの製造が多く、全く不足しているようです。
●アビガンのほか、重症者に対するレムデシビルなど可能性のあるといわれる薬の大規模治験
●科研製薬など、ワクチンメーカーに対する支援(補助金・社債補器受けなど)
※新型コロナウイルスが終息してしまうと、製薬メーカーは開発に対する元がとれない問題を解消
以上のことを国の施策としてしっかり進めれば、新型コロナは韓国や中国、シンガポールのように激減するはずです。
そのほか、抗体検査、抗原検査の徹底により、国民の感染実態の把握も戦略的対応を進めるうえで重要だと思います。
●経済・生活対策として、失業給付期間の延長及び支給額の上乗せ
●緊急生活保護制度の整備(生活困窮者に緊急的に支援)、
●大学生に対する給付型奨学金の創設・拡充
など。
今回、安倍首相のコロナ対策を聞いていると、コロナが終息した場合の経済対策を並べ立て、肝心のコロナを終息するための施策が見えず、がっかりし、呆れ果て、ポピュリズムの欠陥を心底思い知らされました。
●国民一人10万円支給は大反対です。国の役目は、お金を配ることではなく、国民からお金を集め、国民一人一人ではできないことを国が実行することだと思います。国が国民にお金を配るなdということは、国家の役割、責任放棄だと思います。
石破さんはどうお考えですか?もし、石破さんが10万円を国民にバラまくような政治家であったなら、この国を諦めます・

投稿: 山井雅之 | 2020年4月26日 (日) 22時24分

石破先生
 初めて投稿致します、失礼がございましたら申し訳ありません。
 私は鳥取市出身、現在都内で医師をしており父も地元で医師をしております。先生のことは母よりよくお話を伺い、以前より僭越ながら応援させて頂いております。中学の時、修学旅行で東京に来た際には、先生がわざわざ赴いてくださり、私達に激励のお話してくださったのを20年以上経った今でもよく覚えております。先生のお話は、いつも細かく具体的で非常に分かりやすく、ブログもよく拝見させて頂いております。
 色々、思うことはあります。マスメディアを始めSNSなど世間で話されていること・医療現場に期待されることと、現場のキャパシティ・現況とは大きなズレがあると感じますが、現場は現場で何とかやっております。
 とにかく、応援しております。地元をいつも気にかけてくださり、ありがとうございます。それだけ、申し上げたくて投稿致しました。稚拙な文章で申し訳ありません。
 御多忙と存じますが、どうか、先生もお身体ご自愛ください。

投稿: M | 2020年4月30日 (木) 03時00分

石破先生

今晩は!!。
令和2年度の補正予算が昨日衆議院を通過し、今日の参議院予算員会でも与野党賛成により成立致しました。
昨日の衆議院予算委員会でも、石破先生のお姿をテレビにて拝見いたして居りましたが、如何感じられたのでしょうか?

さて、25兆9千億強の補正予算案は政府案通り成立しましたが、昨日の衆議院・本日の参議院でも中身について与野党の考えの隔たりが大きい事が明らかになりました。
野党からの質問の内容や提案は、ひとえに国民からの疑問や提案であるとの認識が、この現政権では相変わらず少しも感じられません。

折しも5月7日迄の外出自粛要請も、「あと1ケ月は延長になりそうである」と安倍総理も認めながら、補正予算審議の内容に於いては与野党間に於いて、大きな考えの隔たりがあるままの成立である事が問題なのです。
今回の補正予算審議の主目的はコロナ禍の終息に向けての質疑応答であるべきところ、安倍総理を初め、加藤厚労大臣、西村経済再生大臣ほか、各閣僚の答弁は全く国民視点の要望に応えているとは思えません。
その内容の疑問点
1、2月よりあれ程とに角PCR検査の実施と、感染者の収容先の確保と云われていながら、総理はPCR検査のキャパシティーは1日2万件あると言っていても、現実は半分も満たない一日8千件の実施のみであると言います。この疑問点を与野党議員誰もが質問しても、安倍総理からも加藤厚労大臣からも明快な説明もないままに2か月も過ぎています。不足しているマスク他、医療物資・器具・備品についても同様であります。2万件のキャパシティーとは人員、感染者の収容施設も含めた検査体制が出来ていると云う事ではないのでしょうか?そうでなければ、総理の口から出まかせの答弁と云うことになります。又、更にPCR検査の民間委託への少ない事への疑問にも明快な答弁はありません。

2、今回の補正予算の内容には不要不急と想えるものも多く①年金改正法案へ向けて②公的病院の統廃合へ向けて③コロナ禍終息後の経済対策の「GoToキャンペーン」などが多くあり、その事への野党からの質問にも明確な答弁はありませんでした。
特に国民民主の前原議員からの、総理自身も「このコロナ禍は第三次大戦にも匹敵する非常時であると言いながら、中身は平常時のままの補正予算である」との厳しい指摘もありました。
①の年金改革案
②の公的病院の統廃合
③のコロナ禍終息後の「Gotoキャンペーン」などは『不要ではなくても不急そのもの』そではありませんか?その費用を目の前のコロナ対策へ回すべきとの野党の主張は至極もっともな事であります。
1年先のコロナ禍の終息後の計画より、明日、病気にかからずどう生きて行くか?との国民の切実な疑問、不安に政府が応えることが政治の役割と云うものであります。
現安倍政権は国民に対してあまりにも不誠実であり、怠慢と不作為の連続であるというものです。

投稿: 桑本栄太郎 | 2020年4月30日 (木) 23時34分

虚偽DVや連れ去りにより子供と会えなくさせられている別居親が多数います。EUからも猛烈に批判されておりそれをごまかし続けている自民党や森まさこ法務大臣。さらにコロナで面会交流すらままならない事態も続いてます。共同親権が世界標準であるにも関わらず、ようやく最近になって「共同親権を導入してる国が多数ある」しか言わない。子供を守るつもりがあるなら共同親権を。

投稿: 山下和樹 | 2020年5月 3日 (日) 08時21分

石破先生、日々お疲れの所、ご苦労様です。私は、今回、始めて連絡をさせて頂く者ですが、このコロナ、某研究所から、意図的に流出した物ではないかと想定出来るのですが、どうでしょうか?何故ならば、中国は名指しされてますが、細菌研究所、これは、どの国にもあると思いますが、細菌研究はいいが、戦争に使われる新型の細菌製造は作るなと言いたいですね。石破先生は、防衛省におられたわけですから、その件については、かなり周知しておられるものと思います。防衛省も、公開出来ない、多種多様の、他国の軍事機密も熟知している筈です。中でも、一番恐ろしいのは、細菌を使った無差別殺人テロです。何時、何処で、誰が撒き散らすか?誰も知るよちがない、一番怖い事です。その裏には、途轍もない、スパイ(情報機関)が、関与している事は否定出来ないと言う事ですが、ある国では、スパイ(情報機関)から、例え、日本国内に滞在している、その国の人は、スパイ(情報機関)から、情報を探れと言われ、指示を無視、又は、それらの行為を無視したならば、帰国後、その国の法律に基づき、拘束(逮捕)され、裁判となり、かなりの重罪に処せられるようですが、その国の人達が、スパイ(情報機関)から、細菌をばらまけと指示を受けてやった場合、日本国内の法律は?(傷害罪、若しくは、殺人未遂、殺人罪で、その人だけは裁けますが)また、それらを、公安当局は、プロなんだから、見抜いていると思いますが、まさか、見抜けていないという事はないですよね?今回、余りにも、コロナウイルスが、あっという間に拡大した、何か?裏がありそうな気がしてならないのですが、私の気のせいでしょうか?その国は、被害を最小限に抑えるために、マスク、防護服をかなり輸入しており、そして、備蓄していたわけだから、疑惑を持たれても、いたしかたがないと、また、不思議ではないと思われます。その国は、あたかも、ある特定な国を狙っていたかのようにも見えます。何故ならば、大国でありながら、警戒心がなく、 国民性から、一番ターゲットになりやすいという事です。昔を、考えれば、その大国は、日本軍が、真珠湾攻撃の際、日本軍の、通信を傍受して、攻撃を受ける事を、知っていたたわけだから、その対応はとっており、最小限の犠牲はやむ無し、それにより、日本国を叩き潰すと言う事を考査しながらの対応、対策、作戦だった筈です。その時、真珠湾(ハワイ)攻撃が、まさかの、攻撃になったから、あわてふためいたその大国は、甘く見た日本車といった形になってしまった。その甘さがある大国が、この結果になってしまったような気がしてならない。いわば、甘く見ていると、とんでもない事になると言う証ではないでしょうか?石破先生、防衛省におられたのですから、今後とも、大変でしょうが、気を抜かず頑張って下さい。気を抜くと、必ず失敗しますからね(政治にしても、外交政策にしても、また、部下にしても、本当に要注意ですね。足元すくわれる結末)、ですから、この事を考え、石破先生には、優秀な元裁判官、元検察官、そして、優秀な、元、(現在)の知識人を側近に据え、石破先生(城)を構築して、より良い、日本国を作って頂きたいと思っている、自民党員です。これからの先生の活躍を期待しております。

投稿: 中上吉文 | 2020年5月 6日 (水) 13時10分

鳥取県出身者で講演会などにも参加した事もあり興味を持って見させていただいております。ただ経済について賛同出来なく残念に思っております。政治的な意図もなく、ただ貨幣について解説されているMMT近代貨幣理論を勉強されたら日本の経済について、主流派経済学のやっている経済がおかしい事が分かって来ると思います。騙されたと思って一度興味を持って頂けたらと思います。

投稿: 金田順三 | 2020年5月 8日 (金) 11時35分

石破先生、はじめて投稿させていただきます。
政府内で来年度9月入学論が本格化しているようですが、これは短期間で簡単に政治判断できるような内容なのでしょうか?しかもこの時期に。自民党からは慎重な意見もあり政府に釘を差すというニュースも散見しましたが、政府はその気のようで心配です。これは学校だけでなく社会構造一変する大事です。しっかり時間をかけて議論すべき事項ですし、移行期間をもうけてほしいです。この混乱に乗じて政府が国民の意見に耳を傾けず、政治判断のみで移行するのは大変危険です。与党内から阻止を呼びかけていただきたいです。
まずは今学校に行けない子供たちや入試を控えている子供たち並びにその保護者、教育現場が安心できるような政策を出してほしいものです。他にできることはあるはずです。子供たちを不安にさせないでほしいです。
どうか先生のお力でよろしくお願いいたします。

投稿: ふみ | 2020年5月 9日 (土) 23時14分

コロナ危機における経済への影響は史上最悪のものとなるのは確実と思われますが、私が最も危惧しているのは、その後の中国をめぐる世界の動向そのものです。
今回の恐らく武漢からと思われるウイルス漏洩が意図的であろうが過失であろうが、こうなった限り、もはや独裁国家中国が人類に対してしかけた「ウイルス戦争」と想定しても良いと考えます。なぜなら、このままでは結果的に、コロナ後、我が国も欧米も、一足先に危機を脱するであろう中国に経済活動再始動の場を求めてしまう危険性が非常に強く、中国への依存性が高まり、事実上中国が世界を支配する構造になってしまうからです。ましてやファーウェイが5Gの主導権を握ることになればなおさらです。これは非常に危険なことです。自由主義を国是とする諸国はそれを甘んじて受けるつもりなのでしょうか? ここは、西側先進諸国は覚悟を決めて結束して中国と対峙すべきではないのでしょうか?
そのためには、まず中国から撤退すべきです。サプライチェーンもG7やTPP諸国を中心に再構築すべきです。中国を孤立させるべきだと思います。これは、経済だけの問題ではありません。自由主義思想の価値観の問題です。世界の安全保障にかかわる問題です。我が国は今こそ、全国民、全企業に、そして国民の自由意志を尊重する全民主主義国家に呼びかけなければなりません。決して中国に屈してはならないと! 決して中国が好き勝手に支配できる世界にしてはならないと! 決して安易に中国に依存した形で経済活動を再開してはならないと! いかに困難であろうとも、経済の再構築は、あくまで理性に基づいたG7諸国やTPP諸国で結束して構築していくべきだと思います。断じて、「一帯一路」やRCEPであってはなりません!! そのためにも、習金平を訪日させるなどという計画は、今すぐ捨て去るべきであると考えます。
そうは、思われませんか?

投稿: 竹中英司 | 2020年5月16日 (土) 16時02分

石破さま

拝啓
いつもブログを拝見させていただいております。
いろいろと勉強になり、ありがとうございます。
さて、
新型コロナウイルス感染で自粛中の最中で、政府が「9月入学」について検討し、文部科学省が、最近2案について課題の検討を始めたとのニュースを聞いております。
この件につきまして、一国民としての意見を述べさせていただきますのでご一読いただければ幸せです。
就学時期遅延による家庭での追加負担や就職時期遅延への補償、法令改正に伴う事務作業など、10兆円レベルの高額な費用、グローバルスタンダードから1年遅れ、義務教育開始年齢の5か月遅れ、移行期の学年編成変更による同級生分断・1学年人数及び教員、設備の増加・保育所待機人数増加、年度の区切り不一致など、数多くの課題が明らかとなりました。
また、4月からの就職や進学を希望している高校3年生、コロナの影響で不安の中、勉強を続けている受験生や浪人生、我が国の将来を担う子供の学習環境を守りたい保護者、そして、学年の分断に巻き込まれるかもしれない未就学児たち当事者を蔑ろにする9月入学への移行を強引に進めることにこの状況下では無理があると思います。
よって、今回はカリキュラムの変更など柔軟に対応して年度内に終えるようにした方が良いと考えます。
また、以上とは別に受験生の対応も考えるべきです。
きちんと冬に受験が出来るか不安な学生も多いでしょう。
9月入学が解決策ではないと思います。
全員が半年留年するような議論をしている時間があるならば、受験をどの範囲までとするのか、どのように行うのかを考えた方が良いのではないでしょうか。
過去の記述式問題導入のつてを踏まないためにも、一刻も早く、学習指導要領変更(翌年度以降への先送り)・入学試験範囲縮小・卒業延期希望者への授業料免除(大学秋入試枠拡大)、オンライン授業の早期展開等、現実的な解決策の検討に切替える必要があると考えます。
今年度の補正予算等歳出や来年のオリンピック開催等も考えれば、中期的なロードマップを作られてはと思うのですが、いかがでしょうか。

以上、長々とまとまりのない意見で申し訳ございません。
お忙しいところお読みいただきありがとうございました。
また、
新型コロナウイルス感染で自粛のなか、お体にはくれぐれもお気をつけくださいませ。
敬具

投稿: 佐野孝 | 2020年5月20日 (水) 20時01分

石破さんが総理大臣になられたら、官僚の用意した原稿を、ただ読むだけの答弁はしないでいただきたいです。あくまで自分の言葉で、できれば草稿も自分で練って、国民に伝えていただきたい。そうしなければいつまで経っても官僚主体の政治体制は変わらないと思いますし、今回の給付金の件のように、いつまで待っても届かないという事態も終わらないと考えます。まず閣僚自らが、己の言葉で考え行政を執り行うこと、それが官僚政治からの脱却の第一歩だと信じます。

投稿: 三原一行 | 2020年5月31日 (日) 16時09分

新型コロナはまだ治まっていないが、何故か感染の拡大は防げているように見えます。
日本人の特異点がラッキィーに働いたのでしょう。
でも、今回ほど日本の問題点が見えたことも少ない気がします。。
「一体PCR検査数は何故こんなに少ないのか?」
「少なくて大丈夫なのか?」
専門家会議の座長というのが出て来てフニャフニャ云っている。
曰く、
「感染者が分かると差別に繋がる。」
「感染者が判明すると病院が混んで医療崩壊しかねない。」
「PCR検査結果が100%信用できない。」
そんなことは分かっている!と多くの人が思ったはず。
何か変だ。
考えてみれば無理もない。
あなたは政策決定者じゃない。
本当に決めなきゃいけない人は、専門者会議という権威を利用して責任を逃れることにしている。
専門者会議こそいい面の皮だ。
私は自民党側なので、どちらかといえば安倍債権の支持者だったのですが、ただの坊やか張子の虎に見えてきました。結局、党利党略が大部分の人なのでしょう。
一方、直接選挙で選ばれている地方自治体の首長の中には我がこととして対応した人も居ました。
これを思うと、日本も大統領制だったらどんなに良かったかと思います。
きっと国民はこの不安やモヤモヤをやがて忘れてしまうでしょう。
しかし今怒っていることこそ本当のことだから、権限の多くを地方自治体に移管し、行動が取れるような体制にするのがベストだろうと思います。

投稿: 藤井春樹 | 2020年6月 1日 (月) 12時30分

正直、安倍首相も現在、自分の言葉で答弁しているのか官僚の原稿を棒読みしているだけだけなのかは聞いている人間には分かりません。そこで、石破さんには(本当は立候補する方全員に)「自分で考えます。自分で書きます。自分で答えます。」を公約にしていただきたいと思います。そうすれば、いくらテレビの報道で印象操作されても、国民には政治家のメッセージがある程度までは伝わると考えるからです。
以上、連投失礼しました。

投稿: 三原一行 | 2020年6月 2日 (火) 02時22分

大変ご無沙汰しております。

自民支持の私ですが、コロナ感染拡大が止まらぬままのGO TO キャンペーン強行、如何なものかと憤りを感じます。
それとともに、責任の所在を曖昧にしたままの政府対応を疑問に思います。

先日、我が鳥取県西部に陽性者が出ました。
ご承知の通り、この方は中小企業庁の業務で東京から来県し大山町商工会に数日通われ感染発覚しました。
全国あちこちから、東京から来るな という声があがっています。

石破さんが閣内にいらっしゃらないのが残念でなりません。

森友、財務省職員自殺、イージス・アショア、マスク、そして今回のGO TO

石破さん、立ち上がって下さい。
石破さん、総理総裁になって下さい。
石破さん、日本国民を救って下さい。

長文失礼しました。

投稿: 旧名:心神搭載しなの | 2020年7月15日 (水) 18時22分

最も信頼できる政治家と思い投稿させていただきました、新型コロナに関してです。

新型コロナは暖かくなれば収まるといった予想がありましたが、今感染者数は増えていますが重症率は下がりました。この状況は2通りの考え方ができると思います

(A)季節の影響は受けなかったが変異して弱毒化した
(B)予想通りオフシーズンとなり弱毒化したが感染力は落ちなかった

もし(B)だった場合、夏に感染拡大し日本中に蔓延して秋から毒性を取り戻してくる

そうなってしまったら大惨事の可能性があるのではないでしょうか?

1月武漢の映像を見て震え上がりましたが、今はアジア人は大丈夫、変異して弱毒性になった、ただの風邪と変わらないといった楽観論を散見します。未知のウィルスでまだフルシーズンの動きが予測できない中で今年のワクチンは間に合わないとなると、検査拡充して秋には可能な限り感染者を減らしておく事が必要だと思います

経済とのバランスは大変難しく私などには解決策はわかりませんが、今年の冬まではコストがかかっても十分対策しておく必要があるのではないでしょうか。日本中が1月の武漢のようになる事など想像したくありません

今の政府は(A)を前提とした政策一辺倒に見え心配しております。国家に私たちは命を預けております、石破先生には私たちの健康を守っていただけるよう、何卒宜しくお願い致します

勿論楽観論が正しかった、となる事が一番良いですが

投稿: 古川 | 2020年8月 4日 (火) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急事態宣言など | トップページ | CDCと防災省(仮称)など »